聖典
民数記30
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第30章

1 モーセはイスラエルの人々ひとびと部族ぶぞくのかしらたちにった、「これはしゅめいじられたことである。

2 もしひとしゅ誓願せいがんをかけ、またはそのものちをしようとちかいをするならば、その言葉ことばやぶってはならない。くちったとおりにすべておこなわなければならない。

3 またもしおんながまだわかく、ちちいえにいて、しゅ誓願せいがんをかけ、またはそのものちをしようとするとき

4 ちち彼女かのじょ誓願せいがん、または彼女かのじょったものちのことをいて、彼女かのじょなにわないならば、彼女かのじょはすべて誓願せいがんおこない、またそのったものちをすべてまもらなければならない。

5 しかし、彼女かのじょちちがそれをいたに、それを承認しょうにんしないときは、彼女かのじょはその誓願せいがん、またはそのったものちをすべてやめることができる。ちち承認しょうにんしないのであるから、しゅ彼女かのじょをゆるされるであろう。

6 またもしおっとのあるで、みずから誓願せいがんをかけ、またはそのものちをしようと、軽々かるがるしくくちった場合ばあい

7 おっとがそれをき、それをいた彼女かのじょなにわないならば、彼女かのじょはその誓願せいがんおこない、そのったものちをまもらなければならない。

8 しかし、もしおっとがそれをいたに、それを承認しょうにんしないならば、おっとはそのおんながかけた誓願せいがん、またはそのものちをしようと、軽々かるがるしくくちったことをやめさせることができる。しゅはそのおんなをゆるされるであろう。

9 しかし、寡婦かふあるいは離縁りえんされたおんな誓願せいがん、すべてそのったものちは、それをまもらなければならない。

10 もしおんなおっといえ誓願せいがんをかけ、またはそのものちをしようとちかったとき

11 おっとがそれをいて、彼女かのじょなにわず、またそれに反対はんたいしないならば、その誓願せいがんはすべておこなわなければならない。またそのったものちはすべてまもらなければならない。

12 しかし、もしおっとがそれをいたにそれをみとめないならば、彼女かのじょ誓願せいがん、またはものちについて、彼女かのじょくちったことは、すべてやめることができる。おっとがそれをみとめなかったのだから、しゅはそのおんなをゆるされるであろう。

13 すべての誓願せいがんおよびすべてそのなやますものちの誓約せいやくは、おっとがそれをまもらせることができ、またはおっとがそれをやめさせることができる。

14 もしおっと彼女かのじょなにわずにおくるならば、かれつまがした誓願せいがん、またはものちをすべてみとめたのである。かれはそれをいたつまなにわなかったのだから、それをみとめたのである。

15 しかし、もしおっとがそれをき、あとになって、それをみとめないならば、かれつまつみわなければならない」。

16 これらはしゅがモーセにめいじられたさだめであって、おっとつまとのあいだ、およびちちとまだわかくてちちいえにいるむすめとのあいだかんするものである。