聖典
民数記26
戻る 次へ

第26章

1 疫病えきびょうのちしゅはモーセと祭司さいしアロンのエレアザルとにわれた、

2 「イスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅう総数そうすうをその父祖ふそいえにしたがって調しらべ、イスラエルにおいて、すべて戦争せんそうることのできる二十さい以上いじょうものかぞえなさい」。

3 そこでモーセと祭司さいしエレアザルとは、エリコにちかいヨルダンのほとりにあるモアブの平野へいやかれらにった、

4 しゅがモーセにめいじられたように、あなたがたのうちの二十さい以上いじょうものかぞえなさい」。エジプトのからてきたイスラエルの人々ひとびとつぎのとおりである。

5 ルベンはイスラエルの長子ちょうしである。ルベンの子孫しそんは、ヘノクからヘノクびとの氏族しぞく、パルからパルびとの氏族しぞく

6 ヘヅロンからヘヅロンびとの氏族しぞく、カルミからカルミびとの氏族しぞくた。

7 これらはルベンびとの氏族しぞくであって、かぞえられたものは四万三千七百三十にんであった。

8 またパルのはエリアブ。

9 エリアブのはネムエル、ダタン、アビラムである。このダタンとアビラムとは会衆かいしゅうのうちからえらされたもので、コラのともがらとともにモーセとアロンとにさからってしゅあらそったとき

10 くちひらいてかれらとコラとをのみ、その仲間なかまんだ。そのとき二百五十にんほろぼされて、いましめのかがみとなった。

11 ただし、コラのたちはななかった。

12 シメオンの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、ネムエルからネムエルびとの氏族しぞく、ヤミンからヤミンびとの氏族しぞく、ヤキンからヤキンびとの氏族しぞく

13 ゼラからゼラびとの氏族しぞく、シャウルからシャウルびとの氏族しぞくた。

14 これらはシメオンびとの氏族しぞくであって、かぞえられたものは二万二千二百にんであった。

15 ガドの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、ゼポンからゼポンびとの氏族しぞく、ハギからハギびとの氏族しぞく、シュニからシュニびとの氏族しぞく

16 オズニからオズニびとの氏族しぞく、エリからエリびとの氏族しぞく

17 アロドからアロドびとの氏族しぞく、アレリからアレリびとの氏族しぞくた。

18 これらはガドの子孫しそん氏族しぞくであって、かぞえられたものは四万五百にんであった。

19 ユダのらはエルとオナンとであって、エルとオナンとはカナンのんだ。

20 ユダの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、シラからシラびとの氏族しぞく、ペレヅからペレヅびとの氏族しぞく、ゼラからゼラびとの氏族しぞくた。

21 ペレヅの子孫しそんは、ヘヅロンからヘヅロンびとの氏族しぞく、ハムルからハムルびとの氏族しぞくた。

22 これらはユダの氏族しぞくであって、かぞえられたものは七万六千五百にんであった。

23 イッサカルの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、トラからトラびとの氏族しぞく、プワからプワびとの氏族しぞく

24 ヤシュブからヤシュブびとの氏族しぞく、シムロンからシムロンびとの氏族しぞくた。

25 これらはイッサカルの氏族しぞくであって、かぞえられたものは六万四千三百にんであった。

26 ゼブルンの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、セレデからセレデびとの氏族しぞく、エロンからエロンびとの氏族しぞく、ヤリエルからヤリエルびとの氏族しぞくた。

27 これらはゼブルンびとの氏族しぞくであって、かぞえられたものは六万五百にんであった。

28 ヨセフのらは、その氏族しぞくによれば、マナセとエフライムとであって、

29 マナセの子孫しそんは、マキルからマキルびとの氏族しぞくた。マキルからギレアデがうまれ、ギレアデからギレアデびとの氏族しぞくた。

30 ギレアデの子孫しそんつぎのとおりである。イエゼルからイエゼルびとの氏族しぞく、ヘレクからヘレクびとの氏族しぞく

31 アスリエルからアスリエルびとの氏族しぞく、シケムからシケムびとの氏族しぞく

32 セミダからセミダびとの氏族しぞく、ヘペルからヘペルびとの氏族しぞくた。

33 ヘペルのゼロペハデにはおとこがなく、ただおんなのみで、ゼロペハデのおんなはマアラ、ノア、ホグラ、ミルカ、テルザといった。

34 これらはマナセの氏族しぞくであって、かぞえられたものは五万二千七百にんであった。

35 エフライムの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、つぎのとおりである。シュテラからはシュテラびとの氏族しぞく、ベケルからベケルびとの氏族しぞく、タハンからタハンびとの氏族しぞくた。

36 またシュテラの子孫しそんつぎのとおりである。すなわちエランからエランびとの氏族しぞくた。

37 これらはエフライムの子孫しそん氏族しぞくであって、かぞえられたものは三万二千五百にんであった。以上いじょうはヨセフの子孫しそんで、その氏族しぞくによるものである。

38 ベニヤミンの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、ベラからベラびとの氏族しぞく、アシベルからアシベルびとの氏族しぞく、アヒラムからアヒラムびとの氏族しぞく

39 シュパムからシュパムびとの氏族しぞく、ホパムからホパムびとの氏族しぞくた。

40 ベラのはアルデとナアマンとであって、アルデからアルデびとの氏族しぞく、ナアマンからナアマンびとの氏族しぞくた。

41 これらはベニヤミンの子孫しそんであって、その氏族しぞくによればかぞえられたものは四万五千六百にんであった。

42 ダンの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、つぎのとおりである。シュハムからシュハムびとの氏族しぞくた。これらはダンの氏族しぞくであって、その氏族しぞくによるものである。

43 シュハムびとのすべての氏族しぞくのうち、かぞえられたものは六万四千四百にんであった。

44 アセルの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、エムナからエムナびとの氏族しぞく、エスイからエスイびとの氏族しぞく、ベリアからベリアびとの氏族しぞくた。

45 ベリアの子孫しそんのうちヘベルからヘベルびとの氏族しぞく、マルキエルからマルキエルびとの氏族しぞくた。

46 アセルのむすめはサラといった。

47 これらはアセルの子孫しそん氏族しぞくであって、かぞえられたものは五万三千四百にんであった。

48 ナフタリの子孫しそんは、その氏族しぞくによれば、ヤジエルからヤジエルびとの氏族しぞく、グニからグニびとの氏族しぞく

49 エゼルからエゼルびとの氏族しぞく、シレムからシレムびとの氏族しぞくた。

50 これらはナフタリの氏族しぞくであって、その氏族しぞくにより、かぞえられたものは四万五千四百にんであった。

51 これらはイスラエルの子孫しそんかぞえられたものであって、六十万一千百三十にんであった。

52 しゅはモーセにわれた、

53 「これらの人々ひとびとに、そのかずにしたがってあたえ、ぎょうとさせなさい。

54 おおきい部族ぶぞくにはおおくのぎょうあたえ、ちいさい部族ぶぞくにはすこしのぎょうあたえなさい。すなわちかぞえられたかずにしたがって、おのおのの部族ぶぞくにそのぎょうあたえなければならない。

55 ただしは、くじをもってけ、その父祖ふそ部族ぶぞくにしたがって、それをがなければならない。

56 すなわち、くじをもってそのぎょうおおきいものと、ちいさいものとにけなければならない」。

57 レビびとのその氏族しぞくにしたがってかぞえられたものつぎのとおりである。ゲルションからゲルションびとの氏族しぞく、コハテからコハテびとの氏族しぞく、メラリからメラリびとの氏族しぞくた。

58 レビの氏族しぞくつぎのとおりである。すなわちリブニびとの氏族しぞく、ヘブロンびとの氏族しぞく、マヘリびとの氏族しぞく、ムシびとの氏族しぞく、コラびとの氏族しぞくであって、コハテからアムラムがうまれた。

59 アムラムのつまはヨケベデといって、レビのむすめである。彼女かのじょはエジプトでレビにうまれたものであるが、アムラムにとついで、アロンとモーセおよびその姉妹しまいミリアムをんだ。

60 アロンにはナダブ、アビウ、エレアザルおよびイタマルがうまれた。

61 ナダブとアビウは異火ことびしゅまえにささげたときんだ。

62 そのかぞえられた一かげつ以上いじょうのすべての男子だんしは二万三千にんであった。かれらはイスラエルの人々ひとびとのうちにぎょうあたえられなかったため、イスラエルの人々ひとびとのうちにかぞえられなかったものである。

63 これらはモーセと祭司さいしエレアザルが、エリコにちかいヨルダンのほとりにあるモアブの平野へいやかぞえたイスラエルの人々ひとびとかずである。

64 ただしそのうちには、モーセと祭司さいしアロンがシナイの荒野あらのでイスラエルの人々ひとびとかぞえたときかぞえられたものはひとりもなかった。

65 それはしゅがかつてかれらについて「かれらはかなら荒野あらのぬであろう」とわれたからである。それでかれらのうちエフンネのカレブとヌンのヨシュアのほか、ひとりものこったものはなかった。