民数記25
    脚注
    Theme

    第25章

    1 イスラエルはシッテムにとどまっていたが、たみはモアブのむすめたちと、みだらなことをしはじめた。

    2 そのむすめたちが神々かみがみ犠牲ぎせいをささげるときたみまねくと、たみ一緒いっしょにそれをべ、むすめたちの神々かみがみおがんだ。

    3 イスラエルはこうしてペオルのバアルにつきしたがったので、しゅはイスラエルにむかっていかりをはっせられた。

    4 そしてしゅはモーセにわれた、「たみ首領しゅりょうをことごとくとらえ、のあるうちにその人々ひとびとしゅまえ処刑しょけいしなさい。そうすればしゅいかりはイスラエルをはなれるであろう」。

    5 モーセはイスラエルのさばきびとたちにむかってった、「あなたがたはおのおの、配下はいかものどもでペオルのバアルにつきしたがったものをころしなさい」。

    6 モーセとイスラエルの人々ひとびとぜん会衆かいしゅうとが会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちいていたときかれらのまえで、ひとりのイスラエルびとが、その兄弟きょうだいたちのなかに、ひとりのミデアンのおんなれてきた。

    7 祭司さいしアロンのなるエレアザルのピネハスはこれをて、会衆かいしゅうのうちからがり、やりをり、

    8 そのイスラエルのひとあとって、おくり、そのイスラエルのひとき、またそのおんなはらとおして、ふたりをころした。こうして疫病えきびょうがイスラエルの人々ひとびとおよぶのがやんだ。

    9 しかし、その疫病えきびょうんだものは二万四千にんであった。

    10 しゅはモーセにわれた、

    11 祭司さいしアロンのなるエレアザルのピネハスは自分じぶんのことのように、わたしの憤激ふんげきをイスラエルの人々ひとびとのうちにあらわし、わたしのいかりをそのうちからったので、わたしは憤激ふんげきして、イスラエルの人々ひとびとほろぼすことをしなかった。

    12 このゆえにあなたはいなさい、『わたしは平和へいわ契約けいやくかれさづける。

    13 これはかれとそののち子孫しそん永遠えいえん祭司さいししょく契約けいやくとなるであろう。かれはそのかみのために熱心ねっしんであって、イスラエルの人々ひとびとのためにつみのあがないをしたからである』と」。

    14 ミデアンのおんなともころされたイスラエルのひとはジムリといい、サルので、シメオンびとのうちの一族いちぞくのつかさであった。

    15 またそのころされたミデアンのおんなはコズビといい、ツルのむすめであった。ツルはミデアンのたみ一族いちぞくのかしらであった。

    16 しゅはまたモーセにわれた、

    17 「ミデアンびとをなやましなさい。

    18 かれらはたくらみをもって、あなたがたをなやまし、ペオルのことと、かれらの姉妹しまい、ミデアンのつかさのむすめコズビ、すなわちペオルのことにより、疫病えきびょうおこったころされたおんなこととによって、あなたがたをまどわしたからである」。