聖典
民数記23
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第23章

1 バラムはバラクにった、「わたしのために、ここに七つの祭壇さいだんきずき、七とう雄牛おうしと七とう雄羊おひつじとをととのえなさい」。

2 バラクはバラムのったとおりにした。そしてバラクとバラムとは、その祭壇さいだんごとに雄牛おうしとう雄羊おひつじとうとをささげた。

3 バラムはバラクにった、「あなたは燔祭はんさいのかたわらにっていてください。そのあいだにわたしはってきます。しゅはたぶんわたしにってくださるでしょう。そして、しゅがわたしにしめされることはなんでもあなたにげましょう」。こうしてかれは一つのはげやまのぼった。

4 かみがバラムにわれたので、バラムはかみった、「わたしは七つの祭壇さいだんもうけ、祭壇さいだんごとに雄牛おうしとう雄羊おひつじとうとをささげました」。

5 しゅはバラムのくち言葉ことばさづけてわれた、「バラクのもとにかえってこういなさい」。

6 かれがバラクのもとにかえってみると、バラクはモアブのすべてのつかさたちととも燔祭はんさいのかたわらにっていた。

7 バラムはこの託宣たくせんべた。「バラクはわたしをアラムからまねせ、モアブのおうはわたしをひがしやまからまねせてう、『きてわたしのためにヤコブをのろえ、きてイスラエルをのろえ』と。

8 かみののろわないものを、わたしがどうしてのろえよう。しゅののろわないものを、わたしがどうしてのろえよう。

9 いわいただきからながめ、おかうえからたが、これはひとりはなれてたみ、もろもろの国民こくみんのうちにならぶものはない。

10 だれがヤコブの群衆ぐんしゅうかぞえ、イスラエルの無数むすうたみかぞよう。わたしは義人ぎじんのようにに、わたしのおわりはかれらのおわりのようでありたい」。

11 そこでバラクはバラムにった、「あなたはわたしになにをするのですか。わたしはてきをのろうために、あなたをまねいたのに、あなたはかえっててき祝福しゅくふくするばかりです」。

12 バラムはこたえた、「わたしは、しゅがわたしのくちさづけられることだけをかたるように注意ちゅういすべきではないでしょうか」。

13 バラクはかれった、「わたしと一緒いっしょにほかのところへって、そこからかれらをごらんください。あなたはただかれらの一端いったんるだけで、全体ぜんたいることはできないでしょうが、そこからわたしのためにかれらをのろってください」。

14 そしてかれはバラムをれてゾピムのき、ピスガのいただきのぼって、そこに七つの祭壇さいだんきずき、祭壇さいだんごとに雄牛おうしとう雄羊おひつじとうとをささげた。

15 ときにはバラムはバラクにった、「あなたはここで、燔祭はんさいのかたわらにっていてください。わたしはこうへって、しゅうかがいますから」。

16 しゅはバラムにのぞみ、言葉ことばくちさづけてわれた、「バラクのもとにかえってこういなさい」。

17 かれがバラクのところへってると、バラクは燔祭はんさいのかたわらにち、モアブのつかさたちもともにいた。バラクはバラムにった、「しゅはなんとわれましたか」。

18 そこでバラムはまたこの託宣たくせんべた。「バラクよ、ってけ、チッポルのよ、わたしにみみかたむけよ。

19 かみひとのようにいつわることはなく、またひとのようにいることもない。ったことで、おこなわないことがあろうか、かたったことで、しとげないことがあろうか。

20 祝福しゅくふくせよとのめいをわたしはうけた、すでにかみ祝福しゅくふくされたものを、わたしはえることができない。

21 だれもヤコブのうちにわざわいのあるのをない、またイスラエルのうちになやみのあるのをない。かれらのかみしゅともにいまし、おうをたたえるこえがそのなかきこえる。

22 かみかれらをエジプトからみちびされた、かれらは野牛やぎゅうつののようだ。

23 ヤコブには魔術まじゅつがなく、イスラエルにはうらないがない。かみがそのなすところをときおうじてヤコブにげ、イスラエルにしめされるからだ。

24 よ、このたみじしのようにがり、じしのようにおこす。これはその獲物えものらい、そのころしたものむまではよこたえない」。

25 バラクはバラムにった、「あなたはかれらをのろうことも祝福しゅくふくすることも、やめてください」。

26 バラムはこたえてバラクにった、「しゅわれることは、なんでもしなければならないと、わたしはあなたにげませんでしたか」。

27 バラクはバラムにった、「どうぞ、おいでください。わたしはあなたをほかのところへおれしましょう。かみはあなたがそこからわたしのためにかれらをのろうことをゆるされるかもしれません」。

28 そしてバラクはバラムをれて、荒野あらのおろすペオルのいただきった。

29 バラムはバラクにった、「わたしのためにここに七つの祭壇さいだんきずき、雄牛おうしとうと、雄羊おひつじとうとをととのえなさい」。

30 バラクはバラムのったとおりにし、その祭壇さいだんごとに雄牛おうしとう雄羊おひつじとうとをささげた。