ヒラマン書 12
    脚注

    第​12​章

    ひと​は​安定あんてい​で、おろか​で、あく​を​おこなう​の​が​はやい。しゅ​は​ぶん​の​たみ​を​らしめられる。ひと​の​りょくさ​と​たい​される​かみ​の​ちからさばき​の​​に、ひと​は​永遠えいえん​の​いのち​か​永遠えいえん​の​ばつ​の​さだめ​か​の​どちら​か​を​ける。げんぜんやく​六​ねん

    1 ​この​こと​から​わたしたち​は、ひと​の​ら​の​こころ​が​どれ​ほど​誠実せいじつ​で​安定あんてい​で​ある​か​を​る​こと​が​できる。まことに、しゅ​を​しんらい​する​もの​たち​を、しゅ​が​おおいなる​かぎりない​いつくしみ​を​もって​しゅくふく​し、さかえ​させられる​と​いう​こと​も、わたしたち​は​る​こと​が​できる。

    2 ​また、しゅ​が​ぶん​の​たみ​を​さかえ​させられる​まさに​その​とき、まことに、たみ​の​はたけ​と​ちく​の​れ​を​し、きんぎん​と、あらゆる​ぜん​の​ちょう​な​品々しなじな​と​人工じんこう​の​ちょう​な​品々しなじな​を​あたえ、たみ​の​いのち​を​たすけ、てき​の​​から​たみ​を​すくい​し、また​宣戦せんせん​する​こと​の​ない​よう​に​てき​の​こころ​を​やわらげ、ようするに​ぶん​の​たみ​の​繁栄はんえい​と​さいわい​の​ため​に​あらゆる​こと​を​おこなわれる​その​とき​に、かれら​は​こころ​を​​かたくな​に​し、しゅ​なる​かみ​を​わすれ、せいじゃ​を​あし​の​した​に​みつける​と​いう​こと​が、わたしたち​に​かる​の​で​ある。これ​は、かれら​が​安楽あんらく​で、じょう​に​ゆたか​に​繁栄はんえい​した​ため​で​ある。

    3 ​また​この​こと​から、しゅ​が​おおく​の​なん​を​もって​ぶん​の​たみ​を​らしめられ​なければ、まことに、​と​きょう​と​きん​と​あらゆる​えきびょう​を​くだされ​なければ、かれら​は​しゅ​を​おもこそう​と​しない​こと​が​かる。

    4 ​おお、ひと​の​ら​は​なんと​おろか​で、きょえいしん​が​強く、じゃあく​で​あく​に​したがい、なんと​ざいあく​を​おこなう​の​が​はやく、ぜん​を​おこなう​の​が​おそい​こと​か。なんと​しき​もの​の​こと​を​く​の​が​はやく、ぞく​の​むなしい​もの​に​執着しゅうちゃく​する​の​が​はやい​こと​か。

    5 ​まことに、なんと​こうまん​に​なる​の​が​はやい​こと​か。なんと​ほこる​の​が​はやく、あらゆる​ざいあく​を​おこなう​の​が​はやい​こと​か。ひと​の​ら​は​なんと​しゅ​なる​かみ​を​おもこす​の​が​おそく、しゅ​の​かんこく​に​みみ​を​かたむける​の​が​おそい​こと​か。なんと​​の​みち​を​あゆむ​の​が​おそい​こと​か。

    6 よ、ひと​の​ら​は、ぶん​たち​を​つくって​くださった​しゅ​なる​かみ​に​おさめられ、とう​される​の​を​のぞまない。しゅ​が​ふかい​いつくしみ​と​あわれみ​を​かけて​くださって​いる​の​に、ひと​の​ら​は​しゅ​の​かんこく​を​かろんじ、しゅ​が​ぶん​たち​の​みちびき​​に​なって​くださる​の​を​のぞまない。

    7 ​おお、ひと​の​ら​は​なんと​りょく​な​こと​か。まことに、​の​ちり​より​も​おとって​いる。

    8 よ、​の​ちり​は、わたしたち​の​おおいなる​永遠えいえん​の​かみ​の​命令めいれい​に​おうじて​あちら​こちら​に​うごいて​かれる。

    9 ​まことに​よ、かみ​の​こえ​に​よって​おか​と​やま​は​れ​うごき、ふるえる。

    10 かみ​の​こえ​の​ちから​に​よって​それら​は​くずれて​たいら​に​なり、まことに​たに​の​よう​に​さえ​なる。

    11 ​まことに、かみ​の​こえ​の​ちから​に​よって​ぜん​が​れ​うごく。

    12 ​まことに、かみ​の​こえ​の​ちから​に​よって​​の​もとい​が​その​ちゅうしん​まで​も​振動しんどう​する。

    13 ​そして、もし​かみ​が​だい​に​かって、「うごけ」と​われれば、だい​は​うごく。

    14 ​まことに、もし​かみ​が​だい​に​かって、「ぎゃく​に​すすんで、ひる​を​なんかん​も​ながく​せよ」と​われれば、その​とおり​に​なる。

    15 ​この​よう​に、かみ​の​こと​の​とおり​に​だい​は​ぎゃく​に​すすむ​ので、ひと​に​は​太陽たいよう​が​せい​して​いる​よう​に​える。よ、これ​は​じつ​で​ある。たしか​に​うごいて​いる​の​は​だい​で​あり、太陽たいよう​で​は​ない​から​で​ある。

    16 ​また​よ、もし​かみ​が​おおいなる​ふかみ​の​みず​に​かって、「がれ」と​われれば、その​とおり​に​なる。

    17 よ、もし​かみ​が​この​やま​に​かって、「がって、って​あの​まち​の​うえ​に​ち、まち​を​めよ」と​われれば、よ、その​とおり​に​なる。

    18 よ、もし​ある​ひと​が​ちゅう​に​たから​を​かくし、しゅ​が、「それ​を​かくした​もの​の​ざいあく​の​ため​に、それ​は​​のろわれよ」と​われれば、よ、それ​は​のろわれる。

    19 ​もし​しゅ​が、「いま​から​のち​とこしえ​に​だれ​に​も​つからない​よう​に、おまえ​は​のろわれよ」と​われれば、よ、これから​さき​とこしえ​に、だれ​も​それ​を​られない。

    20 よ、もし​しゅ​が​ある​ひと​に​かって、「あなた​は​ぶん​の​ざいあく​の​ため​に​とこしえ​に​のろわれる」と​われれば、その​とおり​に​なる​で​あろう。

    21 ​もし​しゅ​が、「あなた​は​ぶん​の​ざいあく​の​ため​に​わたし​の​まえ​から​たれる」と​われれば、しゅ​は​その​よう​に​なさる​で​あろう。

    22 しゅ​から​この​よう​に​われる​もの​は​わざわい​で​ある。ざいあく​を​おこなう​もの​は​その​とおり​に​なり、その​もの​は​すくわれない​から​で​ある。この​ため、人々ひとびと​が​すくわれる​よう​に、あらため​が​げ​らされて​きた​の​で​ある。

    23 ​したがって、あらためて、しゅ​なる​かみ​の​こえ​に​き​したがおう​と​する​もの​は​さいわい​で​ある。すくわれる​の​は​これら​の​もの​だから​で​ある。

    24 かみ​が​ぶん​の​おおいなる​完全かんぜんさ​に​らして、人々ひとびと​を​あらため​と​善行ぜんこう​に​みちびき、それぞれ​の​おこない​に​おうじた​めぐみ​に​回復かいふく​して​くださる​よう​に。

    25 ​わたし​は​すべて​の​ひと​が​すくわれる​こと​を​ねがって​いる。しかし、わたしたち​の​んだ​ところ​に​よれ​ば、おおいなる​わり​の​​に​は、てられる​もの​たち、まことに、しゅ​の​まえ​から​される​もの​たち、

    26 ​まことに、きゅう​の​みじめ​な​じょうたい​に​かれる​もの​たち​が​いる​と​の​こと​で​ある。そして、「ぜん​を​おこなった​もの​は​永遠えいえん​の​いのち​を​け、あく​を​おこなった​もの​は​永遠えいえん​の​ばつ​の​さだめ​を​ける」と​いう​こと​が​じょうじゅ​する​の​で​ある。まことに​その​とおり​で​ある。アーメン。