エテル書3
戻る 次へ

第3章

ヤレドのきょうだいしゅが十六いしれられたときにしゅゆびる。キリスト,ヤレドのきょうだいぶんれいたいをおせになる。かんぜんしきものは,まくうちがわることをきんじられない。ヤレドじんろくあかるみにすためにかいやくじゅんされる。

1 さて(このときにじゅんされたふねかずは八せきであった),ヤレドのきょうだいは,じょうたかいためにかれらがシーレムさんけたやまき,一つのいわから十六ちいさないしかしした。そのいししろく,とおっており,とうめいなガラスのようであった。そして,かれはそれらのいしりょうってやまちょうじょうのぼり,ふたたしゅいのってった。

2 「おお,しゅよ,あなたは,わたしたちがかならみずふかみにかこまれるとわれました。まことに,おお,しゅよ,あなたのしもべがあなたのまえにあってよわいからということで,あなたのしもべをおいかりにならないでください。わたしたちはあなたがせいなるかたであり,てんんでおられること,そしてわたしたちがあなたのまえるにりないものであることをぞんじています。らくのために,わたしたちのせいしつえずわるくなっています。にもかかわらず,おお,しゅよ,あなたはわたしたちにいましめをあたえられ,わたしたちののぞみにおうじてあなたからられるようにあなたにねがわなければならないとわれました。

3 まことに,おお,しゅよ,あなたはわたしたちのざいあくのためにわたしたちをち,わたしたちをされました。そして,わたしたちはこれまでなんねんかんらしてきました。それでも,あなたはわたしたちにあわれみをかけられました。おお,しゅよ,わたしたちをあわれとおもい,あなたのこのたみからあなたのいかりをとおざけ,このたみくらやみなかでこのくるふかみをえてくことのないようにしてください。わたしがいわからかししたこれらのものをらんください。

4 おお,しゅよ,わたしはあなたがいっさいけんをおちであり,あなたがひとのためにのぞまれることはなんでもおできになることをぞんじています。ですから,おお,しゅよ,これらのいしにあなたのゆびれて,これらのいしくらやみなかひかりはなつものとなるようにしてください。そうすれば,これらのいしはわたしたちがじゅんしたふねなかでわたしたちのためにひかりはなち,わたしたちはうみわたあいだひかりることができるでしょう。

5 まことに,おお,しゅよ,あなたにはこれがおできになります。わたしたちはあなたがおおいなるちからしめされることをぞんじています。そのちからひとびとかいではちいさくえますが,じつおおいなるものです。」

6 そして,ヤレドのきょうだいがこれらのことえると,よ,しゅべて,ゆびひとひといしれられた。すると,ヤレドのきょうだいからまくのぞかれ,かれしゅゆびた。それはひとゆびのようで,けつにくゆびていた。ところが,ヤレドのきょうだいきょうたれしゅまえたおれた。

7 しゅはヤレドのきょうだいたおれたのをて,かれわれた。「がりなさい。なぜあなたはたおれたのか。」

8 そこでかれしゅこたえた。「わたしはしゅゆびて,しゅたれるのではないかとおそれました。しゅけつにくをおちであることをらなかったからです。」

9 するとしゅかれわれた。「あなたはしんこうがあるので,わたしがしょうらいけつにくけるのをたのである。これまでにあなたのようなふかしんこうをもって,わたしのまえもの一人ひとりもいない。もしそうでなければ,あなたはわたしのゆびることができなかったであろう。あなたはこれがいなにかをたか。」

10 そこでかれこたえた。「いいえ。しゅよ,わたしにしんあらわしてください。」

11 するとしゅかれわれた。「あなたはわたしがげることしんじるか。」

12 そこで,かれこたえた。「はい。しゅよ,わたしはあなたがしんじつげられることをぞんじています。あなたはしんかみであり,いつわわれることはありません。」

13 かれがこれらのことえると,よ,しゅかれしんあらわしてわれた。「あなたはこれらのことをっているので,らくからあがなわれ,わたしのまえもどされている。そこで,わたしはあなたにわたししんあらわ

14 よ,わたしは,ぶんたみあがなためにはじめからそなえられたものである。よ,わたしはイエス・キリストである。わたしはちちであり,である。わたしによってぜんじんるいいのちる。すなわち,わたしのしんじるものえいえんいのちる。そして,これらのものはわたしのむすとなり,むすめとなる。

15 わたしは,これまでわたしのつくったものいちもわたししんあらわしたことはない。あなたほどふかくわたしをしんじたものがいなかったからである。あなたは,あなたがたがわたししんかたちつくられていることがかったか。まことに,すべてのひとはじめにわたししんかたちつくられたのである。

16 よ,あなたがいまているこのからだは,わたしのれいからだである。わたしはぶんれいからだならってひとつくった。わたしはいまれいじょうたいであなたにあらわれているように,しょうらいにくにあってわたしのたみあらわれる。」

17 さて,わたしモロナイは,しるされているこれらのことについて,すべてをしるすことはできないとまえべたので,つぎのことをえばわたしにとってじゅうぶんである。すなわちイエスは,ニーファイじんしんあらわされたときとおなじように,おなからだかたちで,れいじょうたいでこのひとしんあらわされた。

18 またイエスは,ニーファイじんおしみちびかれたように,かれをもおしみちびかれた。これはすべて,しゅがこれまでこのひとしめされたおおくのおおいなるわざによって,ぶんかみであられることをかれらせるためであった。

19 このひとしきがあったので,まくうちがわるのをきんじられなかった。そしてかれは,イエスのゆびて,たときにおそれてたおれてしまった。それがしゅゆびであることをったからである。かれているものは,もはやしんこうではなかった。なぜなら,かれなんうたがいもなくったからである。

20 したがって,かれかみについてのこのかんぜんしきたので,まくうちがわるのをきんじられなかった。それゆえ,かれはイエスにまみえた。そして,イエスはかれおしみちびかれたのであった。

21 さて,しゅはヤレドのきょうだいわれた。「よ,わたしがにくにあってわたしのえいこうけるときるまで,あなたはきしたこれらのことを,ひとびとおおやけにしてはならない。あなたはきしたことをこころめておき,だれにもそれをらせてはならない。

22 よ,あなたはわたしのもとにるとき,これらのことをしるし,それをふうじて,だれもこれらのことをかいしゃくできないようにしなさい。あなたはひとびとめないげんでこれらのことをしるすので,だれもむことができない。

23 よ,これらの二ついしをあなたにあたえよう。あなたはしるすこととともに,これらのいしふうじなさい。

24 よ,あなたがしるげんはわたしがすでにみだしたので,わたしはぶんがふさわしいとおもうときに,あなたがしるすこれらのことを,これらのいしによってひとびとあきらかにさせよう。」

25 しゅはこれらのことかたると,かつてこのにいたすべてのたみと,これからこのるすべてのたみをヤレドのきょうだいにおせになった。またしゅかれらを,てにいたるまでかれせずにはおかれなかった。

26 しゅぜんなんか,もしぶんしんじるならばあらゆるものせることができる,かならせると,かれっておられた。そこでしゅは,かれなにごとせずにはおかれなかった。かれは,しゅがあらゆるものをぶんせることがおできになることを,っていたからである。

27 しゅかれわれた。「これらのことをしるしてふうなさい。わたしはぶんがふさわしいとおもうときに,これらのことをひとらにらせよう。」

28 そしてしゅかれに,かれった二つのいしふうじて,しゅがこれらのことをひとらにしめされるときまで,これをしめしてはならないとめいじられた。