エテル書11
戻る 次へ

第11章

せんそうあくがヤレドじんせいかつはいする。げんしゃたち,あらためなければヤレドじんかんぜんほろびることをげんする。たみげんしゃたちのことこばむ。

1 コムのだいにまたおおくのげんしゃて,このおおいなるたみは,あらためてしゅかえり,さつじんあくてなければほろびるとげんした。

2 さて,げんしゃたちはたみこばまれ,たみころされそうになったため,もとめてコムのもとにげた。

3 そしてかれらはコムにおおくのことをげんし,コムはのこりのぜんしょうがいにわたってしゅくふくけた。

4 そしてかれこうれいになるまでながらえ,シブロムをもうけた。そして,シブロムがかれわってとうした。ところが,シブロムのきょうだいかれそむき,ぜんじょうおおきなせんそうはじまった。

5 そして,シブロムのきょうだいたみめつぼうげんしたすべてのげんしゃころさせた。

6 すると,ぜんにひどいわざわいがしょうじた。かつてげんしゃたちが,もしもたみあくあらためなければ,ひどいのろいがたみくだり,おもてにかつてなかったほどのひどいめつぼうかれらのなかにあり,かれらのほねつちやまのようにおもてげられるとあかししていた。

7 ところがたみじゃあくけっしゃがあったために,しゅこえしたがわなかった。そのために,ぜんせんそうあらそいがはじまり,またおおくのきんえきびょうこって,おもてにこれまでまったくられていなかったほどのひどいめつぼうしょうじた。これはすべて,シブロムのだいこったことである。

8 するとたみぶんたちのざいあくあらたはじめた。そして,かれらがあらためたので,しゅかれらにあわれみをかけられた。

9 さて,シブロムはころされ,セツはとらわれのおちいって,しょうがいとらわれのじょうたいごした。

10 そして,かれむすエーハはおうて,しょうがいたみおさめた。しかしかれしょうがいあらゆるざいあくおこない,おおくのながしたので,かれいっしょうみじかかった。

11 また,イーサムはエーハのそんであり,おうたが,かれもまたしょうがいじゃあくなことをおこなった。

12 そして,イーサムのだいおおくのげんしゃて,たみふたたげんをした。げんしゃたちは,たみあらためなければ,しゅおもてからたみをことごとくほろぼしてしまわれるとげんした。

13 さて,たみこころをかたくなにして,げんしゃたちのことしたがおうとしなかった。そこでげんしゃたちは,かなしみながらたみなかからってった。

14 さて,イーサムはしょうがいあくをもってさばきをおこなった。そしてかれはモロンをもうけた。そののち,モロンがかれわってとうし,しゅまえじゃあくなことをおこなった。

15 さて,たみなかほんこった。それはけんりょくえきるためにきずかれたあのみつけっしゃのためにしょうじたものである。またたみなかに,ざいあくいきおいのある一人ひとりおとこあらわれ,モロンとたたかって,そのたたかいでおうこくはんぶんやぶった。そして,かれながねんあいだそのおうこくはんぶんおさめた。

16 さて,モロンはこのおとこたおして,ふたたおうもどした。

17 そして,またべついきおいのあるおとこあらわれた。かれはヤレドのきょうだいそんであった。

18 そして,かれはモロンをやぶって,おうた。そのために,モロンはとらわれのせいおくり,コリアントルをもうけた。

19 そして,コリアントルもとらわれのしょうがいおくった。

20 また,コリアントルのだいおおくのげんしゃて,おおいなるおどろくべきことをげんし,たみあらためをさけんで,もしもあらためなければ,しゅなるかみかれらにたいしてさばおこなって,かれらをかんぜんほろぼされるとげた。

21 またしゅなるかみが,かつてこのたみせんみちびいたようにぶんちからによってべつたみおくり,いや,べつたみみちびいてこのしょゆうさせられると,げんしゃたちはげた。

22 しかし,たみかれらのみつけっしゃじゃあくまわしいおこないのために,げんしゃたちのことをことごとくこばんだ。

23 さて,コリアントルはエテルをもうけ,とらわれのしょうがいごしてんだ。