聖典
エテル書 14
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第​14​章

たみ​の​ざいあく​が​​に​のろい​を​まねく。コリアンタマー、ギレアデ​と​たたかい、いで​リブ​と​たたかい、シズ​と​たたかう。りゅうけつ​と​虐殺ぎゃくさつ​が​​を​おおう。

1 ​さて、たみ​の​ざいあく​の​ため​に、ぜん​に​ひどい​​のろい​が​くだり​はじめた。ひと​が​ぶん​の​どう​や​つるぎ​を​たな​の​うえ​か、それ​を​かん​して​おく​しょ​に​いて​おく​と、よ、よくじつ​に​は​それ​を​つける​こと​が​できなかった​ほど、​に​くだった​のろい​は​ひどかった。

2 ​そこで、ひと​は​みなぶん​の​もの​を​しっかり​と​​に​にぎめ、りよう​と​も​そう​と​も​しなかった。そして​おとこ​は​みなぶん​の​ざいさん​と​いのち​と​さい​を​まもる​ため​に、いつも​みぎ​に​つるぎ​の​つか​を​にぎって​いた。

3 ​さて、シェレド​が​んだ​のち​二​ねん​たって、よ、こん​は​シェレド​の​きょうだい​が​ち、コリアンタマー​を​めた。しかし、コリアンタマー​は​かれ​を​ち​かし、エーキシ​の​​まで​かれ​を​追撃ついげき​した。

4 ​そこで​シェレド​の​きょうだい​は、エーキシ​の​​で​かれ​に​め​かかって​た。そして、たたかい​は​じょう​に​はげしく​なり、なんぜんにん​も​つるぎ​で​たおれた。

5 ​そこで​コリアンタマー​は​​を​ほう​した。しかし、シェレド​の​きょうだい​は​よる​に​まぎれて​​から​て​て、コリアンタマー​の​ぐんたい​の​いち​が​さけ​に​って​いた​ので、かれら​を​ころした。

6 ​そして​かれ​は​モロン​の​​へ​すすんで​って、コリアンタマー​の​おう​に​のぼった。

7 ​そこで、コリアンタマー​は​二​年間ねんかんぐんたい​と​ともに​​の​なか​で​らし、おおきな​兵力へいりょく​を​くわえた。

8 ​シェレド​の​きょうだい​は​その​​を​ギレアデ​と​いい、みつけっしゃ​の​おかげ​で​かれ​も​また​ぐんたい​に​おおきな​兵力へいりょく​を​くわえた。

9 ​さて、かれ​が​おう​に​いて​いた​とき​に、かれ​の​だいさい​が​かれ​を​ころして​しまった。

10 ​そして、みつけっしゃ​に​ぞくする​もの​の​ひと​が、間道かんどう​で​その​だいさい​を​ころし、おう​を​うばった。この​おとこ​の​​は​リブ​と​いった。リブ​は​じょう​に​たけ​の​たかい​おとこ​で、たみ​の​なか​の​だれ​より​も​たかかった。

11 ​さて、リブ​の​せいだい一​ねん​に、コリアンタマー​は​モロン​の​​へ​のぼって​き、リブ​を​めた。

12 ​そして、かれ​は​リブ​と​たたかった​が、リブ​に​うで​を​たれて​しょう​した。しかし、コリアンタマー​の​ぐんたい​が​リブ​に​め​かかった​ので、リブ​は​海岸かいがん​の​さかい​の​​へ​げて​った。

13 ​そこで​コリアンタマー​は​かれ​を​追撃ついげき​した。すると​リブ​は、海岸かいがん​で​かれ​に​め​かかって​た。

14 ​そして、コリアンタマー​の​ぐんたい​は​リブ​に​たれ、またもや​エーキシ​の​​に​げた。

15 ​そして、リブ​は​コリアンタマー​を​エーゴシ​の​平原へいげん​に​く​まで​追撃ついげき​した。しかし、コリアンタマー​は​リブ​に​われて​げ​ながら、ぶん​の​げた​ほう​の​たみ​を​ことごとく​れて​った。

16 ​そして​かれ​は​エーゴシ​の​平原へいげん​に​く​と、リブ​に​め​かかり、かれ​を​って、とうとう​ころして​しまった。ところが、こん​は​リブ​の​きょうだい​が​リブ​に​わって​コリアンタマー​を​め、たたかい​は​じょう​に​はげしく​なった。そして、コリアンタマー​は​またもや​リブ​の​きょうだい​の​ぐんたい​の​まえ​から​げた。

17 ​リブ​の​きょうだい​の​​は​シズ​と​ばれた。シズ​は​コリアンタマー​の​あと​を​い、おおく​の​まち​を​ほろぼし、おんな​も​ども​も​ころし、いくつ​も​の​まち​を​いた。

18 ​そして、シズ​に​たいする​おそれ​が​ぜん​に​ひろがり、「だれ​が​シズ​の​ぐんたい​の​まえ​に​てよう​か。よ、シズ​は​​を​らして​く」と​いう​さけび​ごえ​が​ぜん​に​ひろがった。

19 ​さて、たみ​は​​の​全面ぜんめん​で​れ​を​し、いくつ​も​の​しゅうだん​と​なった。

20 ​そして、かれら​は​かれ、ある​もの​たち​は​シズ​の​ぐんたい​へ​み、また​ある​もの​たち​は​コリアンタマー​の​ぐんたい​へ​んだ。

21 せんそう​は​だい​で、ちょうかんつづき、また​りゅうけつ​と​虐殺ぎゃくさつ​の​ありさま​が​ひさしく​つづいた​ので、​の​全面ぜんめん​に​たい​が​散乱さんらん​して​いた。

22 ​また、せんそう​は​きゅうげき​で​すみやか​で​あった​こと​から、のこって​しゃ​を​ほうむる​もの​が​なく、かれら​は​りゅうけつ​から​りゅうけつ​へ​と​すすんで​き、だんじょども​の​べつ​なく​たい​が​​の​おもて​に​散乱さんらん​した​まま、にく​に​く​​うじ​の​えさ​に​なる​に​まかされた。

23 ​そして、その​におい​が​​の​おもて​に、すなわち​​の​全面ぜんめん​に​ひろがった​ので、たみ​は​ひる​も​よる​も​その​におい​に​なやまされた。

24 ​それでも​シズ​は、コリアンタマー​を​追撃ついげき​する​の​を​やめなかった。それ​は​かれ​が、ころされた​ぶん​の​きょうだい​の​​の​ため​に、コリアンタマー​に​ほうふく​する​と​ちかって​いた​から​で​あり、また​コリアンタマー​が​つるぎ​に​よって​たおれる​こと​は​ない​と​いう​しゅ​の​こと​が、エテル​に​くだされて​いた​から​で​ある。

25 ​これ​に​よって​かる​よう​に、しゅ​は​かぎりない​いかり​を​もって​かれら​を​ばっせられた。そして、かれら​は​あく​と​まわしい​おこない​に​よって、ぶん​たち​の​永遠えいえん​の​めつぼう​の​みち​を​そなえて​いた​の​で​ある。

26 ​さて、シズ​は​コリアンタマー​を​いかけて​ひがし​の​ほうこう​へ、海岸かいがん​に​ちかい​さかい​の​​まで​すすんで​いた。すると、そこ​で​コリアンタマー​が​シズ​に​め​かかり、みっかんたたかった。

27 ​そして、シズ​の​ぐんたい​の​こうむった​損害そんがい​が​じょう​に​ひどかった​ため、たみ​は​おびえて、コリアンタマー​の​ぐんたい​の​まえ​から​げ​はじめた。そして​かれら​は​コリホル​の​​まで​げ、その​ちゅう​で、ぶん​たち​に​ごうりゅう​しよう​と​しない​たみ​を​ことごとく​ほろぼした。

28 ​それから​かれら​は​コリホル​の​たに​に​てんまく​を​った。いっぽう​コリアンタマー​は​シャー​の​たに​に​てんまく​を​った。シャー​の​たに​は​コムノル​の​おか​に​ちかかった。そこで、コリアンタマー​は​コムノル​の​おか​の​うえ​に​ぐんたい​を​あつめ、シズ​の​ぐんたい​を​たたかい​に​さそい​す​ため​に、かれら​に​かって​ラッパ​を​き​らした。

29 ​そこで​かれら​は​て​た​が、また​撃退げきたい​された。そして、さいて​た​が、ふたたび​撃退げきたい​された。それから、かれら​が​三​​に​て​る​と、たたかい​は​じょう​に​はげしく​なった。

30 ​そして、シズ​は​コリアンタマー​を​ち、おおく​の​ふか​を​わせた。その​ため、コリアンタマー​は​​を​うしなって​しき​を​なくし、まるで​んだ​もの​の​よう​に​はこび​られた。

31 ​さて、りょうぐん​ともに​だんじょども​の​べつ​なく​しゃ​が​じょう​に​おおかった​ので、シズ​は​たみ​に、コリアンタマー​の​ぐんたい​を​わない​よう​に​めいじた。そこで、かれら​は​ぶん​たち​の​宿しゅくえい​に​かえした。