エテル書14
戻る 次へ

第14章

たみざいあくにのろいをまねく。コリアンタマー,ギレアデとたたかい,いでリブとたたかい,シズとたたかう。りゅうけつぎゃくさつおおう。

1 さて,たみざいあくのために,ぜんにひどいのろいくだはじめた。ひとぶんどうつるぎたなうえか,それをかんしておくしょいておくと,よ,よくじつにはそれをつけることができなかったほど,くだったのろいはひどかった。

2 そこで,ひとみなぶんのものをしっかりとにぎめ,りようともそうともしなかった。そしておとこみなぶんざいさんいのちさいまもるために,いつもみぎつるぎつかにぎっていた。

3 さて,シェレドがんだのちねんたって,よ,こんはシェレドのきょうだいち,コリアンタマーをめた。しかし,コリアンタマーはかれかし,エーキシのまでかれついげきした。

4 そこでシェレドのきょうだいは,エーキシのかれめかかってた。そして,たたかいはじょうはげしくなり,なんぜんにんつるぎたおれた。

5 そこでコリアンタマーはほうした。しかし,シェレドのきょうだいよるまぎれてからて,コリアンタマーのぐんたいいちさけっていたので,かれらをころした。

6 そしてかれはモロンのすすんでって,コリアンタマーのおうのぼった。

7 そこで,コリアンタマーは二ねんかんぐんたいとともになからし,おおきなへいりょくくわえた。

8 シェレドのきょうだいはそのをギレアデといい,みつけっしゃのおかげでかれもまたぐんたいおおきなへいりょくくわえた。

9 さて,かれおういていたときに,かれだいさいかれころしてしまった。

10 そして,みつけっしゃぞくするもの一人ひとりが,かんどうでそのだいさいころし,おううばった。このおとこはリブといった。リブはじょうたけたかおとこで,たみなかのだれよりもたかかった。

11 さて,リブのせいだいねんに,コリアンタマーはモロンののぼってき,リブをめた。

12 そして,かれはリブとたたかったが,リブにうでたれてしょうした。しかし,コリアンタマーのぐんたいがリブにめかかったので,リブはかいがんさかいげてった。

13 そこでコリアンタマーはかれついげきした。するとリブは,かいがんかれめかかってた。

14 そして,コリアンタマーのぐんたいはリブにたれ,またもやエーキシのげた。

15 そして,リブはコリアンタマーをエーゴシのへいげんくまでついげきした。しかし,コリアンタマーはリブにわれてげながら,ぶんげたほうたみをことごとくれてった。

16 そしてかれはエーゴシのへいげんくと,リブにめかかり,かれって,とうとうころしてしまった。ところが,こんはリブのきょうだいがリブにわってコリアンタマーをめ,たたかいはじょうはげしくなった。そして,コリアンタマーはまたもやリブのきょうだいぐんたいまえからげた。

17 リブのきょうだいはシズとばれた。シズはコリアンタマーのあとい,おおくのまちほろぼし,おんなどもころし,いくつものまちいた。

18 そして,シズにたいするおそれがぜんひろがり,「だれがシズのぐんたいまえてようか。よ,シズはらしてく」というさけごえぜんひろがった。

19 さて,たみぜんめんれをし,いくつものしゅうだんとなった。

20 そして,かれらはかれ,あるものたちはシズのぐんたいみ,またあるものたちはコリアンタマーのぐんたいんだ。

21 せんそうだいで,ちょうかんつづき,またりゅうけつぎゃくさつありさまひさしくつづいたので,ぜんめんたいさんらんしていた。

22 また,せんそうきゅうげきすみやかであったことから,のこってしゃほうむものがなく,かれらはりゅうけつからりゅうけつへとすすんでき,だんじょどもべつなくたいおもてさんらんしたまま,にくうじのえさになるにまかされた。

23 そして,そのにおいがおもてに,すなわちぜんめんひろがったので,たみひるよるもそのにおいになやまされた。

24 それでもシズは,コリアンタマーをついげきするのをやめなかった。それはかれが,ころされたぶんきょうだいのために,コリアンタマーにほうふくするとちかっていたからであり,またコリアンタマーがつるぎによってたおれることはないというしゅことが,エテルにくだされていたからである。

25 これによってかるように,しゅかぎりないいかりをもってかれらをばっせられた。そして,かれらはあくまわしいおこないによって,ぶんたちのえいえんめつぼうみちそなえていたのである。

26 さて,シズはコリアンタマーをいかけてひがしほうこうへ,かいがんちかさかいまですすんでいた。すると,そこでコリアンタマーがシズにめかかり,みっかんたたかった。

27 そして,シズのぐんたいこうむったそんがいじょうにひどかったため,たみはおびえて,コリアンタマーのぐんたいまえからはじめた。そしてかれらはコリホルのまでげ,そのちゅうで,ぶんたちにごうりゅうしようとしないたみをことごとくほろぼした。

28 それからかれらはコリホルのたにてんまくった。いっぽうコリアンタマーはシャーのたにてんまくった。シャーのたにはコムノルのおかちかかった。そこで,コリアンタマーはコムノルのおかうえぐんたいあつめ,シズのぐんたいたたかいにさそすために,かれらにかってラッパをらした。

29 そこでかれらはたが,またげき退たいされた。そして,さいたが,ふたた撃退げきたいされた。それから,かれらが三ると,たたかいはじょうはげしくなった。

30 そして,シズはコリアンタマーをち,おおくのふかわせた。そのため,コリアンタマーはうしなってしきをなくし,まるでんだもののようにはこられた。

31 さて,りょうぐんともにだんじょどもべつなくしゃじょうおおかったので,シズはたみに,コリアンタマーのぐんたいわないようにめいじた。そこで,かれらはぶんたちの宿しゅくえいかえした。