エテル書6


第6章

ヤレドじんふねかぜはこばれてやくそくかう。たみしゅいつくしみをおもい,しゅをほめたたえる。オライハ,たみおさめるおうえらばれる。ヤレドとかれきょうだいぬ。

1 さて,わたしモロナイは,ヤレドとかれきょうだいについてのろくすすめよう。

2 さて,ヤレドのきょうだいやまってのぼったいししゅそなえてくださったのち,ヤレドのきょうだいやまくだり,すでにじゅんしておいたふねなかの,へさきとともにそのいしを一つずついた。するとよ,そのいしによってふねなかあかるくなった。

3 このようにしゅは,くらやみなかいしかがやくようにして,おとこおんなどもたちがくらやみじょうたいおおうみわたらなくてもよいように,かれらにひかりあたえられた。

4 さて,かれらはうみうえらせるように,あらゆるしょくもつじゅんし,まただいしょうちくれと,いっしょれてくあらゆるけものどうぶつとりのためのえさもじゅんした。そして,これらのことをすべてえると,かれらのはしけのようなふねみ,しゅなるかみたくしてうみた。

5 そこでしゅなるかみは,みずおもてやくそくかってはげしいかぜこされた。そのために,ふねかぜけてうみなみうえはこばれてった。

6 そしてふねは,くだけるやまのようななみと,はげしいかぜによってしょうじたすさまじいだいぼうふうのために,なんうみふかみにしずめられた。

7 さて,かれらのふねふかみにしずめられても,さらのようにがなく,ノアのはこぶねのようにしっかりしてみずらなかったので,かれらはすこしもみずによるがいけなかった。そこでかれらは,うみふかみにしずむと,しゅさけもとめた。すると,しゅふねふたたすいめんもどされた。

8 そして,ふねかいじょうにあるあいだかぜいちもやむことなくやくそくかってつづけた。そのために,かれらはかぜけてすすんだ。

9 そして,かれらはしゅさんうたうたった。まことに,ヤレドのきょうだいしゅさんうたうたい,いちにちじゅうしゅかんしゃし,しゅをほめたたえた。よるになっても,かれらはしゅをほめたたえるのをやめなかった。

10 このようにして,かれらはすすんでき,うみかいぶつかれらのふねくことができず,くじらかれらのふねがいすることができなかった。また,かいじょうにあるときも,かいちゅうにあるときも,いつもかれらにはひかりがあった。

11 このようにして,ふねかいじょうを三百四十四にちかんはこばれてった。

12 そして,かれらはやくそくかいがんじょうりくした。かれらはやくそくかいがんあしろすと,おもてにひれしてしゅまえにへりくだり,しゅふかあわれみをゆたかにかけてくださったことについて,しゅまえよろこびのなみだながした。

13 そしてかれらは,おもてき,たがやはじめた。

14 ヤレドには四にんむすがおり,そのむすはジェコム,ギルガ,メーハ,オライハとばれた。

15 また,ヤレドのきょうだいむすたちとむすめたちをもうけた。

16 また,ヤレドのゆうじんたちとヤレドのきょうだいゆうじんたちのにんずうはおよそ二十二にんであり,かれらもやくそくまえむすたちとむすめたちをもうけていた。そのためにかれらはおおくなりはじめた。

17 かれらはしゅまえをへりくだってあゆことをおしえられ,てんからもおしけた。

18 そしてかれらは,おもてひろがり,えて,たがやはじめ,そのつよくなった。

19 ヤレドのきょうだいとしってきて,もなくはかはいらなければならないことをった。そこで,かれはヤレドにった。「わたしたちのたみにんずうかぞえるために,またわたしたちがはかはいまえに,たみがわたしたちになにのぞむかをるために,たみあつめよう。」

20 そこで,たみあつめられた。ヤレドのきょうだいむすむすめにんずうは二十二にん,ヤレドのむすむすめにんずうは十二にんで,ヤレドには四にんむすがいた。

21 さて,かれらはたみにんずうかぞえた。そして,にんずうかぞえると,かれらはぶんたちがはかはいまえなにをしてほしいか,たみたずねた。

22 そこでたみは,かれらのむすたちのなか一人ひとりあぶらそそいで,たみおさめるおうにするようにもとめた。

23 さてよ,これはかれらにとってなげかわしいことであった。そこで,ヤレドのきょうだいは,「そのようなことをすれば,かならとらわれのおちいることになる」とたみった。

24 しかし,ヤレドはかれきょうだいに,「かれらがおうつのをゆるそう」とった。そこでヤレドのきょうだいは,「わたしたちのむすたちのなかから,あなたがたがのぞものおうえらびなさい」とたみった。

25 そこで,かれらはヤレドのきょうだいちょうなんえらんだ。かれはペーガグといった。ところが,かれことわって,おうになろうとしなかった。そこでたみかれちちに,かれなんとしてでもおうにするようにねがったが,ちちはそうしようとせず,おうになることをだれにもいてはならないとたみめいじた。

26 そして,たみはペーガグのきょうだいつぎつぎえらんだが,かれらはだれもおうじなかった。

27 そして,ヤレドのむすたちも,ただ一人ひとりのぞいてだれものぞまなかったので,オライハがあぶらそそがれて,たみおさめるおうになった。

28 そして,オライハがとうはじめ,たみさかえるようになり,じょうゆたかになった。

29 そして,ヤレドがに,かれきょうだいんだ。

30 そして,オライハはしゅまえをへりくだってあゆみ,しゅかれちちのためにどれほどだいなことをおこなわれたかをおぼえ,またしゅたみせんのためにどれほどおおいなることをおこなわれたかをたみおしえた。