エテル書 10
    脚注

    第​10​章

    おう​が​なんだい​も​わる。​に​かなった​おう​も​いれ​ば、じゃあく​な​おう​も​いる。​が​しょう​を​て​いる​とき、たみ​は​しゅ​に​よって​しゅくふく​され、さかえる。

    1 ​さて、ヘテ​と​かれ​の​いえ​の​すべて​の​もの​は、シェズ​を​のぞいて​ぜんいんきん​の​ため​に​んで​しまった。そこで、ヘテ​の​そん​で​あった​シェズ​は、さん​した​たみ​を​ふたたび​なおし​はじめた。

    2 ​そして​シェズ​は、せん​が​ほろびた​こと​を​わすれず、​に​かなった​おうこく​を​きずいた。かれ​は、しゅ​が​ヤレド​と​かれ​の​きょうだい​に​おおう み​を​わたらせる​に​たって​おこなわれた​こと​を​おぼえて​いた​から​で​ある。そして​かれ​は​しゅ​の​みち​を​あゆみ、また​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。

    3 ​ところが、シェズ​と​いう​​の​かれ​の​ちょうなん​が​かれ​に​そむいた。しかし、この​シェズ​は​じょう​に​おおく​の​とみ​を​って​いた​ため​に、ごうとう​の​​で​ころされて​しまった。そして、ふたたび​かれ​の​ちち​に​へい​が​もどった。

    4 ​さて、かれ​の​ちち​は​​の​おもて​に​おおく​の​まち​を​きずき、たみ​は​また​​の​全面ぜんめん​に​ひろがり​はじめた。そして​シェズ​は​こうれい​に​なる​まで​き​ながらえた。また​かれ​は​リプレーキシ​を​もうけた。そして、かれ​が​ぬ​と、わって​リプレーキシ​が​とう​した。

    5 ​さて、リプレーキシ​は、しゅ​の​​から​て​ただしい​こと​を​おこなわなかった。かれ​は​おおく​の​つま​と​​そばめ​を​ち、また​がたい​おも​を​人々ひとびと​の​かた​に​わせた​から​で​ある。かれ​は​おもい​ぜい​を​人々ひとびと​に​し、その​ぜい​で​おおく​の​おおきな​建物たてもの​を​てた。

    6 かれ​は​ぶん​の​ため​に​じょう​に​うつくしい​おう​を​つくり、また​ろう​も​たくさん​てた。そして、ぜい​に​ふくそう​と​しない​もの​を​ろう​に​れ、また​ぜい​を​おさめる​のうりょく​の​ない​もの​も​ろう​に​れて、かれら​を​えず​はたらかせて​生計せいけい​を​て​させた。また​かれ​は、はたらく​こと​を​こばむ​もの​を​ころ​させた。

    7 ​また​かれ​は​ごと​な​品物しなもの​を​すべて​​に​れた。かれ​は​ろう​の​なか​で​じゅんきん​を​精錬せいれん​させ、あらゆる​ごと​な​さい​を​つくらせて、それ​を​ぶん​の​もの​と​した。そして​かれ​は、みだら​な​おこない​と​まわしい​おこない​を​して​たみ​を​くるしめた。

    8 ​そこで、かれ​が​四十二​年間ねんかんとう​した​のちたみ​は​かれ​に​たいして​ほん​を​こした。そして、くに​で​また​せんそう​が​はじまり、リプレーキシ​は​ころされ、かれ​の​そん​は​くに​から​追放ついほう​された。

    9 ​さて、それから​長年ながねん​たって、(リプレーキシ​の​そん​で​あった)モリアントン​が​追放ついほう​された​もの​たち​を​おおぜいあつめ、て​って​たみ​を​め、おおく​の​まち​の​はいけん​を​た。そこで、せんそう​は​じょう​に​はげしく​なり、何年なんねん​も​の​ながい​あいだつづいた。そして​かれ​は​ぜん​の​はいけん​を​て、ぶん​で​ぜん​を​おさめる​おう​に​なった。

    10 かれ​は​ぶん​で​おう​に​なった​のちたみ​の​たん​を​かるく​して、たみ​の​こう​を​た。そこで​たみ​は​かれ​に​あぶら​を​そそいで、かれ​を​ぶん​たち​の​おう​と​した。

    11 かれ​は​たみ​に​たいして​は​こうせい​で​あった​が、ぶんしん​に​たいして​は​そう​で​は​なかった。おおく​の​みだら​な​おこない​を​して​いた​から​で​ある。その​ため​に、かれ​は​しゅ​の​まえ​から​たれて​しまった。

    12 ​さて、モリアントン​は​おおく​の​まち​を​きずき、たみ​は​かれ​の​とう​の​あいだ​に​じょう​に​ゆたか​に​なった。そして、建物たてもの​や​きん​や​ぎん、また​こくもつ​の​栽培さいばい大小だいしょう​の​ちく​の​れ、および​かれら​に​回復かいふく​された​その​ほか​の​もの​に​む​よう​に​なった。

    13 ​また、モリアントン​は​じょう​に​こうれい​に​なる​まで​き​ながらえ、老年ろうねん​に​キム​を​もうけた。そして、キム​が​ちち​に​わって​とう​し、八​ねんおさめた​とき​に​ちち​は​んだ。キム​は​​を​もって​とう​しなかった​ので、しゅ​の​めぐみ​を​けなかった。

    14 ​そののちかれ​の​きょうだい​が​かれ​に​たいして​ほん​を​こし、かれ​を​とらわれ​の​​に​おとしいれた。そして​かれ​は​生涯しょうがいとらわれ​の​​で​ごし、とらわれ​の​​で​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。そして​かれ​は​としって​から​レビ​を​もうけて​んだ。

    15 ​さて、レビ​は​ちち​の​​四十二​年間ねんかんとらわれ​の​​に​あって​つかえた。そののちかれ​は​くに​の​おう​と​たたかい、その​せんそう​に​よって​おう​を​た。

    16 かれ​は​おう​を​た​のちしゅ​の​​から​て​ただしい​こと​を​おこない、たみ​は​この​​で​さかえた。そして​かれ​は​こうれい​に​なる​まで​き​ながらえ、むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。かれ​は​また​コロム​を​もうけ、あぶら​を​そそい​で​ぶん​に​わる​おう​と​した。

    17 ​そして、コロム​は​生涯しょうがいしゅ​の​​から​て​い​こと​を​おこない、また​おおく​の​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。かれ​は​おおく​の​​を​ごした​のち​の​ほか​の​人々ひとびと​と​おなじ​よう​に​​を​った。そして、キシ​が​かれ​に​わって​とう​した。

    18 ​そして、キシ​も​​を​り、リブ​が​かれ​に​わって​とう​した。

    19 ​さて、リブ​も​しゅ​の​​から​て​い​こと​を​おこなった。また、リブ​の​だい​に​どくじゃ​が​全滅ぜんめつ​した​ので、人々ひとびと​は​南方なんぽう​の​​へ​き、り​を​して​たみ​の​食糧しょくりょう​を​​に​れた。その​​に​は​もり​の​動物どうぶつ​が​ちて​いた​から​で​ある。そして、リブ​しん​も​たくえつ​した​狩人かりゅうど​に​なった。

    20 ​また、かれら​は​きょう​の​そば​に、すなわち​う み​に​よって​りく​が​けられて​いる​しょ​の​ちかく​に​一つ​の​おおきな​まち​を​きずいた。

    21 ​また、かれら​は​南方なんぽう​の​​を、りょう​の​もの​を​とる​​として​その​まま​のこして​おいた。そして​北方ほっぽう​の​​に​は、全面ぜんめん​に​わたって​人々ひとびと​が​んで​いた。

    22 かれら​は​じょう​に​勤勉きんべん​で​あり、売買ばいばい​し、たがいに​こうえき​して​えき​を​た。

    23 ​また、かれら​は​あらゆる​あらがね​で​もの​を​つくった。かれら​は​きん​や​ぎん​や​てつ​や​真鍮しんちゅう、その​ほか​あらゆる​金属きんぞく​を​つくった。かれら​は​あらがね​を​​の​なか​から​した​ので、きん​や​ぎん​や​てつ​や​どう​の​あらがね​を​る​ため​に​おおきな​つち​の​やま​が​いくつ​も​できた。そして​かれら​は​あらゆる​ごと​な​さい​を​つくった。

    24 かれら​は​けん​と​よりいと​で​った​ぬの​を​て​いた。また、はだか​を​おおう​ため​に​あらゆる​織物おりもの​を​つくった。

    25 ​また、かれら​は​​を​たがやす​あらゆる​どう​を​つくり、すく​どうたね​を​まく​どうる​どうだっこく​する​どう​を​つくった。

    26 ​また、かれら​は​ちく​に​けて​はたらかせる​ため​の​あらゆる​どう​を​つくった。

    27 かれら​は​あらゆる​​を​つくった。また​かれら​は​じょう​に​にゅうねん​な​つくり​の​あらゆる​さい​を​つくった。

    28 かれら​ほど​しゅくふく​された​たみ、また​かれら​ほど​しゅ​の​​に​よって​繁栄はんえい​を​た​たみ​は​なかった。かれら​は​あらゆる​​に​まさった​えりき​の​​に​んで​いた。しゅ​が​その​よう​に​われた​から​で​ある。

    29 ​さて、リブ​は​長年ながねんきて、むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけ、また​ヒアルサム​を​もうけた。

    30 ​そして、ヒアルサム​が​ちち​に​わって​とう​した。しかし、ヒアルサム​は​二十四​年間ねんかんとう​して、よ、おう​を​うばわれた。そして、かれ​は​とらわれ​の​​で​何年なんねん​も​の​ながい​あいだ、まことに、せい​を​つかえて​らした​の​で​あった。

    31 ​また、かれ​は​ヘテ​を​もうけ、ヘテ​も​とらわれ​の​​で​生涯しょうがい​を​おくった。そして​ヘテ​は​アロン​を​もうけ、アロン​も​とらわれ​の​​で​生涯しょうがい​を​おくった。そして​かれ​は​アムニガダ​を​もうけ、アムニガダ​も​とらわれ​の​​で​生涯しょうがい​を​おくった。そして​かれ​は​コリアンタム​を​もうけ、コリアンタム​も​とらわれ​の​​で​生涯しょうがい​を​おくった。そして​かれ​は​コム​を​もうけた。

    32 ​さて、コム​は​おうこく​の​半分はんぶん​を​せ、四十二​年間ねんかんおうこく​の​半分はんぶん​を​とう​した。それから​かれ​は​アムギド​おう​と​たたかう​ため​に​て​き、両者りょうしゃ​は​長年ながねん​の​あいだたたかった。その​あいだ​に​コム​は​アムギド​に​たいする​はいけん​を​て、おうこく​の​のこり​も​おさめる​けんりょく​を​​に​れた。

    33 ​ところが、コム​の​だい​に​くに​に​ごうとう​が​はじめた。そして​ごうとう​たち​は​むかし​の​はかりごと​を​れ、むかし​の​人々ひとびと​に​ならって​ちかい​を​て、またもや​おうこく​を​ほろぼそう​と​した。

    34 ​そこで​コム​は​おおいに​かれら​と​たたかった​が、かれら​に​てなかった。