エテル書10
戻る 次へ

第10章

おうなんだいわる。にかなったおうもいれば,じゃあくおうもいる。しょうているとき,たみしゅによってしゅくふくされ,さかえる。

1 さて,ヘテとかれいえのすべてのものは,シェズをのぞいてぜんいんきんのためにんでしまった。そこで,ヘテのそんであったシェズは,さんしたたみふたたなおはじめた。

2 そしてシェズは,せんほろびたことをわすれず,にかなったおうこくきずいた。かれは,しゅがヤレドとかれきょうだいおおうみわたらせるたっておこなわれたことをおぼえていたからである。そしてかれしゅみちあゆみ,またむすたちとむすめたちをもうけた。

3 ところが,シェズというかれちょうなんかれそむいた。しかし,このシェズはじょうおおくのとみっていたために,ごうとうころされてしまった。そして,ふたたかれちちへいもどった。

4 さて,かれちちおもておおくのまちきずき,たみはまたぜんめんひろがりはじめた。そしてシェズはこうれいになるまでながらえた。またかれはリプレーキシをもうけた。そして,かれぬと,わってリプレーキシがとうした。

5 さて,リプレーキシは,しゅからただしいことをおこなわなかった。かれおおくのつまそばめち,またがたおもひとびとかたわせたからである。かれおもぜいひとびとし,そのぜいおおくのおおきなたてものてた。

6 かれぶんのためにじょううつくしいおうつくり,またろうもたくさんてた。そして,ぜいふくそうとしないものろうれ,またぜいおさめるのうりょくのないものろうれて,かれらをえずはたらかせてせいけいてさせた。またかれは,はたらくことをこばものころさせた。

7 またかれごとしなものをすべてれた。かれろうなかじゅんきんせいれんさせ,あらゆるごとさいつくらせて,それをぶんのものとした。そしてかれは,みだらなおこないとまわしいおこないをしてたみくるしめた。

8 そこで,かれが四十二ねんかんとうしたのちたみかれたいしてほんこした。そして,くにでまたせんそうはじまり,リプレーキシはころされ,かれそんくにからついほうされた。

9 さて,それからながねんたって,(リプレーキシのそんであった)モリアントンがついほうされたものたちをおおぜいあつめ,ってたみめ,おおくのまちはいけんた。そこで,せんそうじょうはげしくなり,なんねんものながあいだつづいた。そしてかれぜんはいけんて,ぶんぜんおさめるおうになった。

10 かれぶんおうになったのちたみたんかるくして,たみこうた。そこでたみかれあぶらそそいで,かれぶんたちのおうとした。

11 かれたみたいしてはこうせいであったが,ぶんしんたいしてはそうではなかった。おおくのみだらなおこないをしていたからである。そのために,かれしゅまえからたれてしまった。

12 さて,モリアントンはおおくのまちきずき,たみかれとうあいだじょうゆたかになった。そして,たてものきんぎん,またこくもつさいばいだいしょうちくれ,およびかれらにかいふくされたそのほかのものにむようになった。

13 また,モリアントンはじょうこうれいになるまでながらえ,ろうねんにキムをもうけた。そして,キムがちちわってとうし,八ねんおさめたときにちちんだ。キムはをもってとうしなかったので,しゅめぐみをけなかった。

14 そののちかれきょうだいかれたいしてほんこし,かれとらわれのおとしいれた。そしてかれしょうがいとらわれのごし,とらわれのむすたちとむすめたちをもうけた。そしてかれとしってからレビをもうけてんだ。

15 さて,レビはちち四十二ねんかんとらわれのにあってつかえた。そののちかれくにおうたたかい,そのせんそうによっておうた。

16 かれおうのちしゅからただしいことをおこない,たみはこのさかえた。そしてかれこうれいになるまでながらえ,むすたちとむすめたちをもうけた。かれはまたコロムをもうけ,あぶらそそいでぶんわるおうとした。

17 そして,コロムはしょうがいしゅからいことをおこない,またおおくのむすたちとむすめたちをもうけた。かれおおくのごしたのちのほかのひとびとおなじようにった。そして,キシがかれわってとうした。

18 そして,キシもり,リブがかれわってとうした。

19 さて,リブもしゅからいことをおこなった。また,リブのだいどくじゃぜんめつしたので,ひとびとなんぽうき,りをしてたみしょくりょうれた。そのにはもりどうぶつちていたからである。そして,リブしんたくえつした狩人かりゅうどになった。

20 また,かれらはきょうのそばに,すなわちうみによってりくけられているしょちかくに一つのおおきなまちきずいた。

21 また,かれらはなんぽうを,りょうものをとるとしてそのままのこしておいた。そしてほっぽうには,ぜんめんにわたってひとびとんでいた。

22 かれらはじょうきんべんであり,ばいばいし,たがいにこうえきしてえきた。

23 また,かれらはあらゆるあらがねでものつくった。かれらはきんぎんてつしんちゅう,そのほかあらゆるきんぞくつくった。かれらはあらがねをなかからしたので,きんぎんてつどうのあらがねをるためにおおきなつちやまいくつもできた。そしてかれらはあらゆるごとさいつくった。

24 かれらはけんとよりいとったぬのていた。また,はだかおおうためにあらゆるおりものつくった。

25 また,かれらはたがやすあらゆるどうつくり,すくどうたねをまくどうどうだっこくするどうつくった。

26 また,かれらはちくけてはたらかせるためのあらゆるどうつくった。

27 かれらはあらゆるつくった。またかれらはじょうにゅうねんつくりのあらゆるさいつくった。

28 かれらほどしゅくふくされたたみ,またかれらほどしゅによってはんえいたみはなかった。かれらはあらゆるまさったえりきのんでいた。しゅがそのようにわれたからである。

29 さて,リブはながねんきて,むすたちとむすめたちをもうけ,またヒアルサムをもうけた。

30 そして,ヒアルサムがちちわってとうした。しかし,ヒアルサムは二十四ねんかんとうして,よ,おううばわれた。そして,かれとらわれのなんねんものながあいだ,まことに,せいつかえてらしたのであった。

31 また,かれはヘテをもうけ,ヘテもとらわれのしょうがいおくった。そしてヘテはアロンをもうけ,アロンもとらわれのしょうがいおくった。そしてかれはアムニガダをもうけ,アムニガダもとらわれのしょうがいおくった。そしてかれはコリアンタムをもうけ,コリアンタムもとらわれのしょうがいおくった。そしてかれはコムをもうけた。

32 さて,コムはおうこくはんぶんせ,四十二ねんかんおうこくはんぶんとうした。それからかれはアムギドおうたたかうためにき,りょうしゃながねんあいだたたかった。そのあいだにコムはアムギドにたいするはいけんて,おうこくのこりもおさめるけんりょくれた。

33 ところが,コムのだいくにごうとうはじめた。そしてごうとうたちはむかしのはかりごとをれ,むかしひとびとならってちかて,またもやおうこくほろぼそうとした。

34 そこでコムはおおいにかれらとたたかったが,かれらにてなかった。