エテル書9
戻る 次へ

第9章

けっとうにより,またいんぼうさつじんにより,おうつぎつぎうつる。イーマー,おんにまみえる。おおくのげんしゃあらためをさけぶ。きんどくじゃたみくるしめる。

1 さて,わたしモロナイはろくつづける。さてよ,エーキシとかれなかたちは,かれらのみつけっしゃで,よ,オメルのおうこくたおした。

2 それでもしゅは,オメルとオメルをころそうとしなかったかれむすたちとむすめたちにあわれみをかけられた。

3 そしてしゅは,そのるようにゆめなかでオメルにけいこくされた。そこでオメルは,ぞくれてそのり,いくにちものあいだたびをして,シムおかのそばをとおり,ニーファイじんほろぼされたほうちかくをとおり,そこからひがしほうかって,かいがんちかいアブロムとばれるほういた。そしてかれはそこにてんまくり,またヤレドとかれぞくのぞく,オメルのむすたちとむすめたち,およびオメルのいえのすべてのものみな,そこにてんまくった。

4 さて,ヤレドは,あくによってあぶらそそがれて,たみおさめるおうになり,むすめをエーキシにつまとしてあたえた。

5 さて,エーキシはいのちろうとして,むかしひとびとちかいのことちかっていたなかたのんだ。そしてかれらはエーキシのくびをはねた。それは,かれおういて,たみうったえをいていたさいちゅうのことであった。

6 このじゃあくみつけっしゃは,そのひろがりがじょうおおきく,すでにすべてのたみこころはいさせていた。そのために,ヤレドはおういていてころされ,エーキシがかれわってとうしたのであった。

7 さて,エーキシはむすをねたむようになり,むすろうめてほとんどしょくもつあたえず,とうとうにさせてしまった。

8 すると,んだむすきょうだい(そのをニムラという)が,ぶんきょうだいたいしておこなったちちちのことでちちいかった。

9 そしてニムラは,しょうすうひとびとあつめてそのからし,オメルのもとにってともにんだ。

10 さて,エーキシはほかにもむすたちをもうけた。しかし,そのむすたちは,ちちからもとめられるままにあらゆるあくおこなうとちちちかっていたにもかかわらず,たみしんようた。

11 エーキシがけんりょくたいとのぞんでいたように,エーキシのたみとくることをのぞんでいたので,エーキシのむすたちはかれらにきんせんあたえて,たみたいはんせてぶんたちにしたがわせたのである。

12 そこで,エーキシのむすたちとエーキシのあいだせんそうはじまり,そのせんそうなんねんかんつづいた。そして,おうこくたみはほとんどみなほろびてしまった。まことに,三十にんものと,オメルのぞくいっしょげたものたちをのぞぜんいんんでしまった。

13 そこで,オメルはふたたぶんぎのもどった。

14 さて,オメルはとしってきたが,それでもろうねんおよんでイーマーをもうけた。そして,オメルはイーマーにあぶらそそぎ,かれぶんわってとうするおうとした。

15 オメルは,あぶらそそいでイーマーをおうとしたのち,二ねんかんくにへいありさまてからんだ。かれいっしょうじょうながかったが,かなしみにちたものであった。そののち,イーマーがちちわってとうし,ちちそくせきあゆんだ。

16 しゅふたたからのろいをられ,イーマーのいえはイーマーのとうあいだじょうさかえた。そして,六十二ねんあいだかれらはおおきなちからをつけ,じょうゆたかになった。

17 かれらはあらゆるくだものこくもつけんこまかいぬの,またきんぎんちょうしなじなつようになり,

18 またあらゆるちくうしうしひつじぶた,やぎ,そのほかひとしょくようとなるおおくのどうぶつつようになった。

19 かれらはうまとろばもち,またぞうとクレーロムとクモムもいた。これらはすべてひとのためにやくったが,とくぞうとクレーロムとクモムはやくった。

20 このように,しゅはほかのあらゆるまさったえりのこのしゅくふくそそがれた。そしてしゅは,このしょゆうするものはだれであろうと,しゅのためにここにまなければならず,さもなければ,たみざいあくじゅくしたときにたみほろぼされるめいじられた。なぜならばしゅは,「わたしはそのようなものにわたしのかぎりないいかりをそそぐ」とわれるからである。

21 イーマーはしょうがいをもってさばきをおこない,またおおくのむすたちとむすめたちをもうけた。また,かれはコリアンタムをもうけ,かれあぶらそそいでぶんわってとうさせた。

22 かれぶんわってとうするようにコリアンタムにあぶらそそいだのち,四ねんかんながらえ,くにへいありさまた。また,かれおんにさえまみえ,しゅよろこんでほこりにおもい,そしてやすらかにんだ。

23 さて,コリアンタムはちちそくせきしたがってあゆんだ。そして,おおくのおおきなまちきずき,しょうがいたみいものをあたえた。しかし,こうれいになるまでかれにはどもがいなかった。

24 そして,かれつまが百二さいんだので,コリアンタムはろうねんおよんでわかいおとめをめとり,むすたちとむすめたちをもうけた。かれは百四十二さいまでながらえた。

25 そして,かれはコムをもうけ,コムがかれわってとうした。コムは四十九ねんかんとうした。また,かれはヘテをもうけ,ほかにもむすたちとむすめたちをもうけた。

26 たみはすでにふたたぜんめんひろがっており,おもてでひどいおおきなあくおこなわれはじめた。そして,ヘテはぶんちちころそうとして,むかしみつのはかりごとをまたれるようになった。

27 そして,かれぶんつるぎちちころしておうから退しりぞけ,ぶんわってとうした。

28 すると,またこのげんしゃたちがやってて,たみあらためをさけび,たみしゅみちそなえなければならない,さもなければおもてにのろいがくだる,すなわち,あらためなければひどいきんがあってほろぼされる,とげた。

29 しかしたみげんしゃたちのことしんじることなく,かれらをした。また,たみはあるげんしゃたちをあななかみ,そのままほうしておいてなせた。そして,たみはこれらのことをすべて,ヘテおうめいれいによっておこなったのであった。

30 さて,にひどいきんこり,そのきんのためにそのものたちがつぎからつぎへとんでいった。おもてあめすこしもらなかったからである。

31 また,おもてどくじゃあらわれ,おおくのひとがそのどくんだ。そして,かれらのちくれはどくじゃわれて,ニーファイじんゼラヘムラんだなんぽうかってはじめた。

32 そして,ちゅうでそのおおくがんだ。それでも,あるれはなんぽうんだ。

33 そこでしゅへびにそれじょうちくれをうのをやめさせ,ひとびととおけられないようにそのみちをふさがせて,とおけようとするものどくじゃのためにたおれるようにされた。

34 そして,たみちくげたみちをたどり,ちゅうたおれたちくたいをむさぼりい,一つものこさずにくした。そしてたみいまぶんたちのほろびるのがけられないことをると,ざいあくあらためてしゅさけもとはじめた。

35 そして,かれらがしゅまえじゅうぶんへりくだったので,しゅおもてあめらせられた。そこでたみふたたちからもどし,またきたほうまわりのあらゆるほうで,がとれはじめた。このようにして,しゅたみきんからまもることによってかれらにぶんちからしめされた。