エテル書 9
    脚注

    第​9​章

    けっとう​に​より、また​陰謀いんぼう​と​さつじん​に​より、おう​が​次々つぎつぎ​に​うつる。イーマー、​の​おん​に​まみえる。おおく​の​げんしゃ​が​あらため​を​さけぶ。きん​と​どくじゃ​が​たみ​を​くるしめる。

    1 ​さて、わたし​モロナイ​は​ろく​を​つづける。さて​よ、エーキシ​と​かれ​の​なか​たち​は、かれら​の​みつけっしゃ​で​オメル​の​おうこく​を​たおした。

    2 ​それでも​しゅ​は、オメル​と​オメル​を​ころそう​と​しなかった​かれ​の​むす​たち​と​むすめ​たち​に​あわれみ​を​かけられた。

    3 ​そして​しゅ​は、その​​を​る​よう​に​ゆめ​の​なか​で​オメル​に​けいこく​された。そこで​オメル​は、ぞく​を​れて​その​​を​り、いくにち​も​の​あいだたび​を​して、​シム​の​おか​の​そば​を​とおり、​ニーファイじん​が​ほろぼされた​ほう​の​ちかく​を​とおり、そこ​から​ひがし​の​ほう​に​かって、海岸かいがん​に​ちかい​アブロム​と​ばれる​ほう​に​いた。そして​かれ​は​そこ​に​てんまく​を​り、また​ヤレド​と​かれ​の​ぞく​を​のぞく、オメル​の​むす​たち​と​むすめ​たち、および​オメル​の​いえ​の​すべて​の​もの​が​みな、そこ​に​てんまく​を​った。

    4 ​さて、ヤレド​は、あく​の​​に​よって​あぶら​を​そそがれて、たみ​を​おさめる​おう​に​なり、むすめ​を​エーキシ​に​つま​として​あたえた。

    5 ​さて、エーキシ​は​​の​いのち​を​ろう​と​して、むかし​の​人々ひとびと​の​ちかい​の​こと​で​ちかって​いた​なか​に​たのんだ。そして​かれら​は​エーキシ​の​​の​くび​を​はねた。それ​は、かれ​が​おう​に​いて、たみ​の​うったえ​を​いて​いた​最中さいちゅう​の​こと​で​あった。

    6 ​この​じゃあく​な​みつけっしゃ​は、その​ひろがり​が​じょう​に​おおきく、すでに​すべて​の​たみ​の​こころ​を​はい​させて​いた。その​ため​に、ヤレド​は​おう​に​いて​いて​ころされ、エーキシ​が​かれ​に​わって​とう​した​の​で​あった。

    7 ​さて、エーキシ​は​むす​を​ねたむ​よう​に​なり、むす​を​ろう​に​めて​ほとんど​食物しょくもつ​を​あたえず、とうとう​に​させて​しまった。

    8 ​すると、んだ​むす​の​きょうだい(その​​を​ニムラ​と​いう)が、ぶん​の​きょうだい​に​たいして​おこなった​ちち​の​ち​の​こと​で​ちち​を​いかった。

    9 ​そして​ニムラ​は、しょうすう​の​人々ひとびと​を​あつめて​その​​から​し、オメル​の​もと​に​って​ともに​んだ。

    10 ​さて、エーキシ​は​ほか​に​も​むす​たち​を​もうけた。しかし、その​むす​たち​は、ちち​から​もとめられる​まま​に​あらゆる​あく​を​おこなう​と​ちち​に​ちかって​いた​に​も​かかわらず、たみ​の​信用しんよう​を​た。

    11 ​エーキシ​が​けんりょく​を​たい​と​のぞんで​いた​よう​に、エーキシ​の​たみ​も​とく​を​る​こと​を​のぞんで​いた​ので、エーキシ​の​むす​たち​は​かれら​に​金銭きんせん​を​あたえて、たみ​の​大半たいはん​を​せて​ぶん​たち​に​したがわせた​の​で​ある。

    12 ​そこで、エーキシ​の​むす​たち​と​エーキシ​の​あいだ​で​せんそう​が​はじまり、その​せんそう​は​なん年間ねんかん​も​つづいた。そして、おうこく​の​たみ​は​ほとんど​みなほろびて​しまった。まことに、三十​にん​の​もの​と、オメル​の​ぞく​と​いっしょ​に​げた​もの​たち​を​のぞく​ぜんいん​が​んで​しまった。

    13 ​そこで、オメル​は​ふたたび​ぶん​の​ぎ​の​​へ​もどった。

    14 ​さて、オメル​は​とし​を​った​が、それでも​老年ろうねん​に​およんで​イーマー​を​もうけた。そして、オメル​は​イーマー​に​あぶら​を​そそぎ、かれ​を​ぶん​に​わって​とう​する​おう​と​した。

    15 ​オメル​は、あぶら​を​そそいで​イーマー​を​おう​と​した​のち、二​年間ねんかんくに​の​へい​な​ありさま​を​て​から​んだ。かれ​の​一生いっしょう​は​じょう​に​ながかった​が、かなしみ​に​ちた​もの​で​あった。そののち、イーマー​が​ちち​に​わって​とう​し、ちち​の​そくせき​を​あゆんだ。

    16 しゅ​は​ふたたび​​から​のろい​を​られ、イーマー​の​いえ​は​イーマー​の​とう​の​あいだ​に​じょう​に​さかえた。そして、六十二​ねん​の​あいだ​に​かれら​は​おおきな​ちから​を​つけ、じょう​に​ゆたか​に​なった。

    17 かれら​は​あらゆる​くだもの​や​こくもつけん​や​​の​こまかい​ぬの、また​きん​や​ぎん​や​ちょう​な​品々しなじな​を​つ​よう​に​なり、

    18 ​また​あらゆる​ちくうしうしひつじぶた、やぎ、その​ほか​ひと​の​食用しょくよう​と​なる​おおく​の​動物どうぶつ​も​つ​よう​に​なった。

    19 かれら​は​うま​と​ろば​も​ち、また​ぞう​と​クレーロム​と​クモム​も​いた。これら​は​すべて​ひと​の​ため​に​やくった​が、とくに​ぞう​と​クレーロム​と​クモム​は​やくった。

    20 ​この​よう​に、しゅ​は​ほか​の​あらゆる​​に​まさった​​えりき​の​この​​に​しゅくふく​を​そそがれた。そして​しゅ​は、この​​を​しょゆう​する​もの​は​だれ​で​あろう​と、しゅ​の​ため​に​ここ​に​ま​なければ​ならず、さもなければ、たみ​の​ざいあく​が​じゅくした​とき​に​たみ​は​ほろぼされる​と​めいじられた。なぜなら​ば​しゅ​は、「わたし​は​その​よう​な​もの​に​わたし​の​かぎりない​いかり​を​そそぐ」と​われる​から​で​ある。

    21 ​イーマー​は​生涯しょうがい​を​もって​さばき​を​おこない、また​おおく​の​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。また、かれ​は​コリアンタム​を​もうけ、かれ​に​あぶら​を​そそいで​ぶん​に​わって​とう​させた。

    22 かれ​は​ぶん​に​わって​とう​する​よう​に​コリアンタム​に​あぶら​を​そそいだ​のち、四​年間ねんかんき​ながらえ、くに​の​へい​な​ありさま​を​た。また、かれ​は​​の​おん​に​さえ​まみえ、しゅ​の​​を​よろこんで​ほこり​に​おもい、そして​やすらか​に​んだ。

    23 ​さて、コリアンタム​は​ちち​の​そくせき​に​したがって​あゆんだ。そして、おおく​の​おおきな​まち​を​きずき、生涯しょうがいたみ​に​い​もの​を​あたえた。しかし、こうれい​に​なる​まで​かれ​に​は​ども​が​いなかった。

    24 ​そして、かれ​の​つま​が​百二​さい​で​んだ​ので、コリアンタム​は​老年ろうねん​に​およんで​わかい​おとめ​を​めとり、むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。かれ​は​百四十二​さい​まで​き​ながらえた。

    25 ​そして、かれ​は​コム​を​もうけ、コム​が​かれ​に​わって​とう​した。コム​は​四十九​年間ねんかんとう​した。また、かれ​は​ヘテ​を​もうけ、ほか​に​も​むす​たち​と​むすめ​たち​を​もうけた。

    26 たみ​は​すでに​ふたたび​​の​全面ぜんめん​に​ひろがって​おり、​の​おもて​で​ひどい​おおきな​あく​が​おこなわれ​はじめた。そして、ヘテ​は​ぶん​の​ちち​を​ころそう​と​して、むかし​の​みつ​の​はかりごと​を​また​れる​よう​に​なった。

    27 ​そして、かれ​は​ぶん​の​つるぎ​で​ちち​を​ころして​おう​から​退しりぞけ、ぶん​が​わって​とう​した。

    28 ​すると、また​この​​に​げんしゃ​たち​が​やって​て、たみ​に​あらため​を​さけび、たみ​は​しゅ​の​みち​を​そなえ​なければ​ならない、さもなければ​​の​おもて​に​のろい​が​くだる、すなわち、あらため​なければ​ひどい​きん​が​あって​ほろぼされる、と​げた。

    29 ​しかし​たみ​は​げんしゃ​たち​の​こと​を​しんじる​こと​なく、かれら​を​した。また、たみ​は​ある​げんしゃ​たち​を​あな​の​なか​に​み、その​まま​ほう​して​おいて​なせた。そして、たみ​は​これら​の​こと​を​すべて、ヘテ​おう​の​命令めいれい​に​よって​おこなった​の​で​あった。

    30 ​さて、​に​ひどい​きん​が​こり、その​きん​の​ため​に​その​​に​む​もの​たち​が​つぎ​から​つぎ​へ​と​んで​いった。​の​おもて​に​あめ​が​すこしも​らなかった​から​で​ある。

    31 ​また、​の​おもて​に​どくじゃ​も​あらわれ、おおく​の​ひと​が​その​どく​で​んだ。そして、かれら​の​ちく​の​れ​は​どくじゃ​に​われて、ニーファイじん​が​​ゼラヘムラ​と​んだ​南方なんぽう​の​​へ​かって​げ​はじめた。

    32 ​そして、ちゅう​で​その​おおく​が​んだ。それでも、ある​れ​は​南方なんぽう​の​​へ​んだ。

    33 ​そこで​しゅ​は​へび​に​それ​じょうちく​の​れ​を​う​の​を​やめ​させ、人々ひとびと​が​とおり​けられない​よう​に​その​みち​を​ふさがせて、とおり​けよう​と​する​もの​が​どくじゃ​の​ため​に​たおれる​よう​に​された。

    34 ​そして、たみ​は​ちく​の​げた​みち​を​たどり、ちゅう​で​たおれた​ちく​の​たい​を​むさぼり​い、一つ​も​のこさず​に​い​くした。そして​たみ​は​いまや​ぶん​たち​の​ほろびる​の​が​けられない​こと​を​る​と、ざいあく​を​あらためて​しゅ​に​さけび​もとめ​はじめた。

    35 ​そして、かれら​が​しゅ​の​まえ​に​十分じゅうぶん​に​​へりくだった​ので、しゅ​は​​の​おもて​に​あめ​を​らせられた。そこで​たみ​は​ふたたび​ちから​を​もどし、また​きた​の​ほう​と​まわり​の​あらゆる​ほう​で、​が​とれ​はじめた。この​よう​に​して、しゅ​は​たみ​を​きん​から​まもる​こと​に​よって​かれら​に​ぶん​の​ちから​を​しめされた。