聖典
エテル書 1
脚注

Hide Footnotes

テーマ

エテルしょ

モーサヤ​おう​の​だい​に​リムハイ​の​たみ​が​はっけん​した、二十四​まい​の​はん​から​った​ヤレドじん​の​ろく

第​1​章

モロナイ、エテル​の​いた​ろく​を​みじかく​まとめる。エテル​の​けい。ヤレドじん​の​げん、バベル​の​とう​の​ある​​で​みだされる​こと​を​まぬがれる。しゅ​は​ヤレドじん​を​えりき​の​​に​みちびき、おおいなる​こくみん​と​する​こと​を​やくそく​される。

1 ​わたし​​モロナイ​は、この​きた​の​​の​おもて​で​しゅ​の​​に​よって​ほろぼされた、むかし​の​あの​たみ​に​ついて​はなし​を​する​こと​に​する。

2 ​わたし​は、リムハイ​の​たみ​が​はっけん​した​​二十四​まい​の​はん​から​って​わたし​の​ろく​と​する。その​はん​は​エテルしょ​と​ばれて​いる。

3 ​その​はん​の​ろく​の​さいしょ​の​ぶん​に​は、かい​の​そうぞう​と​アダム​が​つくられた​こと、その​とき​から​だいとう​に​いたる​まで​の​はなし、それに​だいとう​の​とき​まで​に​ひと​の​ら​の​なか​に​こった​こと​が​って​いる​が、この​ぶん​は​ユダヤじん​も​って​いる​と​おもう​ので、

4 ​わたし​は、​アダム​の​だい​から​大搭だいとう​の​とき​まで​に​こった​それら​の​ことがら​に​ついて​は​しるさない。それら​の​ことがら​は​その​はん​に​って​いる​ので、その​はん​を​つける​もの​は、すべて​の​内容ないよう​を​​に​れる​ちから​を​つ​で​あろう。

5 ​しかし​よ、わたし​が​しるす​の​は​すべて​の​はなし​で​は​ない。とう​の​とき​から​かれら​が​ほろびる​とき​まで、はなし​の​いち​のみ​を​しるす。

6 ​わたし​が​しるす​はなし​は​つぎ​の​とおり​で​ある。この​ろく​を​しるした​の​は​​エテル​で​あって、コリアントル​の​そん​で​あった。

7 ​コリアントル​は​モロン​の​むす​で​あり、

8 ​モロン​は​イーサム​の​むす​で​あり、

9 ​イーサム​は​エーハ​の​むす​で​あり、

10 ​エーハ​は​セツ​の​むす​で​あり、

11 ​セツ​は​シブロン​の​むす​で​あり、

12 ​シブロン​は​コム​の​むす​で​あり、

13 ​コム​は​コリアンタム​の​むす​で​あり、

14 ​コリアンタム​は​アムニガダ​の​むす​で​あり、

15 ​アムニガダ​は​アロン​の​むす​で​あり、

16 ​アロン​は​ヘテ​の​そん​で​あり、ヘテ​は​ヒアルサム​の​むす​で​あり、

17 ​ヒアルサム​は​リブ​の​むす​で​あり、

18 ​リブ​は​キシ​の​むす​で​あり、

19 ​キシ​は​コロム​の​むす​で​あり、

20 ​コロム​は​レビ​の​むす​で​あり、

21 ​レビ​は​キム​の​むす​で​あり、

22 ​キム​は​モリアントン​の​むす​で​あり、

23 ​モリアントン​は​リプレーキシ​の​そん​で​あり、

24 ​リプレーキシ​は​シェズ​の​むす​で​あり、

25 ​シェズ​は​ヘテ​の​むす​で​あり、

26 ​ヘテ​は​コム​の​むす​で​あり、

27 ​コム​は​コリアンタム​の​むす​で​あり、

28 ​コリアンタム​は​イーマー​の​むす​で​あり、

29 ​イーマー​は​オメル​の​むす​で​あり、

30 ​オメル​は​シュール​の​むす​で​あり、

31 ​シュール​は​キブ​の​むす​で​あり、

32 ​キブ​は​オライハ​の​むす​で​あり、オライハ​は​ヤレド​の​むす​で​あった。

33 ​ヤレド​は​かれ​の​ひと​の​きょうだい​と​かれら​の​ぞく、および​何人なんにん​か​の​ほか​の​人々ひとびと​と​かれら​の​ぞく​と​いっしょ​に、だいとう​の​ある​ところ​から​て​た。それ​は、しゅ​が​たみ​の​げん​を​みだし、また​はげしく​いかって​たみ​を​​の​全面ぜんめん​に​らす​と​ちかわれた​とき​の​こと​で​ある。そして、しゅ​の​こと​の​とおり​に​たみ​は​らされた。

34 ​ヤレド​の​きょうだい​は​からだ​の​おおきな​つよい​ひと​で​あり、しゅ​から​おおいに​めぐみ​を​けて​いた​ひと​で​あった​ので、かれ​の​きょうだい​ヤレド​は​かれ​に​った。「しゅ​が​わたしたち​の​げん​を​みだして、わたしたち​が​ぶん​たち​の​こと​を​かい​できなく​なる​こと​の​ない​よう​に、しゅ​に​いのり​ねがって​ほしい。」

35 ​そこで、ヤレド​の​きょうだい​が​しゅ​に​さけび​もとめた​ところ、しゅ​は​ヤレド​を​あわれんで、ヤレド​の​げん​を​みだされなかった。その​ため、ヤレド​と​かれ​の​きょうだい​に​は​げん​の​混乱こんらん​は​なかった。

36 ​そののち、ヤレド​は​かれ​の​きょうだい​に​った。「もう​いちしゅ​に​さけび​もとめて​ほしい。そう​すれ​ば、しゅ​は​わたしたち​の​とも​で​ある​人々ひとびと​から​いかり​を​いて、かれら​の​げん​を​みだされない​かも​しれない。」

37 ​そこで​ヤレド​の​きょうだい​が​しゅ​に​さけび​もとめた​ところ、しゅ​は​かれら​の​友人ゆうじん​たち​と​その​ぞく​も​あわれんで、かれら​の​げん​も​みだされなかった。

38 ​そして、ヤレド​は​ふたたび​かれ​の​きょうだい​に​った。「しゅ​が​わたしたち​を​この​​から​す​お​つもり​か​どう​か、って​しゅ​に​たずねて​ほしい。そして、もし​しゅ​が​わたしたち​を​この​​から​す​お​つもり​で​あれ​ば、わたしたち​は​どこ​に​く​の​か、しゅ​に​いのって​たずねて​もらいたい。しゅ​は、ぜん​の​なか​で​​えりき​の​​に、わたしたち​を​して​くださる​かも​しれない。もし​そう​で​あれ​ば、わたしたち​は​そこ​を​ぎ​として​いただける​よう​に、しゅ​に​ちゅうじつ​で​あろう​で​は​ない​か。」

39 ​そこで​ヤレド​の​きょうだい​は、ヤレド​の​くち​を​とおして​べられた​とおり​に​しゅ​に​さけび​もとめた。

40 ​そこで​しゅ​は、ヤレド​の​きょうだい​の​いのり​を​き、かれ​を​あわれんで​われた。

41 って、あなた​の​ちく​の​れ​を​ぜんしゅるいおす​も​めす​も​あつめ、また​​の​たね​も​ぜんしゅるい​に​わたって​あつめ​なさい。また、あなた​の​ぞく​と、あなた​の​きょうだい​ヤレド​と​かれ​の​ぞく、あなた​の​友人ゆうじん​たち​と​かれら​の​ぞく、ヤレド​の​友人ゆうじん​たち​と​かれら​の​ぞく​を​あつめ​なさい。

42 ​そして、あなた​は​これ​を​えたら、かれら​を​ひきいて​北方ほっぽう​に​ある​たに​に​くだって​き​なさい。そこ​で​わたし​は​あなた​に​おう。そして、わたし​は​あなた​の​まえ​を​き、​の​あらゆる​​に​まさった​​えりき​の​​へ​と​あなた​を​みちびこう。

43 ​そして​わたし​は、あなた​と​あなた​の​そん​を​そこ​で​しゅくふく​し、また​あなた​の​そん​と、あなた​の​きょうだい​の​そん​と、あなたがた​と​ともに​く​もの​たち​の​そん​から、わたし​の​ため​に​一つ​の​おおいなる​こくみん​を​こそう。わたし​が​あなたがた​の​そん​から​わたし​の​ため​に​こす​こくみん​より​も​おおいなる​こくみん​は、​の​全面ぜんめん​に​一つ​も​ない​で​あろう。わたし​が​あなた​に​この​よう​に​おこなう​の​は、あなた​が​この​よう​に​ながい​あいだ​わたし​に​さけび​もとめて​きた​から​で​ある。」