ニーファイ第一書 4
    脚注

    第​4​章

    ニーファイ、しゅ​の​命令めいれい​で​ラバン​を​ころし、計略けいりゃく​に​よって​真鍮しんちゅう​の​はん​を​​に​れる。ゾーラム、​に​いる​リーハイ​の​ぞく​と​こうどう​を​とも​に​する。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​は​あに​たち​に​った。「わたしたち​は​また​エルサレム​へ​のぼって​き​ましょう。そして、しゅ​の​命令めいれい​を​ちゅうじつ​に​まもり​ましょう。まことに、しゅ​は​ぜん​に​も​して​ちから​ある​かた​な​の​ですから、どうして​ラバン​と​その​らい​の​五十​にん​より​も​ちから​が​おとる​こと​が​ある​でしょう​か。いや、ラバン​に​なんまんにん​あって​も​しゅ​の​ちから​に​は​かない​ません。

    2 ​だから​き​ましょう。​モーセ​の​よう​に​つよく​なろう​で​は​あり​ません​か。じつ、モーセ​が​こうかい​の​みず​に​かたり​かける​と、こうかい​の​みず​は​みぎ​と​ひだり​に​かれ​ました。そして、わたしたち​の​せん​は​とらわれ​の​​から​のがれて、かわいた​つち​の​うえ​を​とおって​ました。ところが​パロ​の​軍勢ぐんぜい​は、あと​を​って​て、こうかい​の​みず​に​おぼれて​に​ました。

    3 ​さて​まことに、あなたがた​は、これ​が​ほんとう​で​ある​こと​を​って​います。また、ひと​の​てん使​が​あなたがた​に​かたり​かけた​こと​も​って​います。それ​で​いて、どうして​うたがう​こと​が​できる​の​です​か。き​ましょう。しゅ​は、わたしたち​の​せん​を​すくわれた​よう​に、わたしたち​も​すくい、エジプト​じん​を​ほろぼされた​よう​に、ラバン​を​も​ほろぼす​こと​が​お​でき​に​なる​の​です。」

    4 ​わたし​が​そう​って​から​も、まだ​あに​たち​は​いきどおって​つぶやき​つづけた。それでも​かれら​は​わたし​の​あと​に​ついて​て、わたしたち​は​エルサレム​の​じょうへき​の​そと​まで​た。

    5 とき​は​もう​よる​で​あった。わたし​は​あに​たち​を​じょうへき​の​そと​に​しのばせた。かれら​が​​を​かくして​から、わたし​ニーファイ​は​みやこ​に​しのみ、ラバン​の​いえ​に​かって​すすんで​った。

    6 ​わたし​は、まえもって​ぶん​の​なす​べき​こと​を​らない​まま、たま​に​みちびかれて​った。

    7 ​に​も​かかわらず、その​よう​に​して​すすんで、ラバン​の​いえ​の​ちかく​に​る​と、ひと​の​おとこ​を​かけた。その​おとこ​は​ぶどう​しゅ​に​って​わたし​の​まえ​の​めん​に​たおれて​いた。

    8 ちかづいて​る​と、それ​は​ラバン​で​あった。

    9 ​わたし​は​ラバン​の​つるぎ​に​​を​やった。そして、それ​を​さや​から​いた。つか​は​じゅんきん​で​あって​じつに​ごと​な​つくり​で、やいば​は​もっとも​上等じょうとう​な​はがね​で​できて​いた。

    10 ​さて、わたし​は​ラバン​を​ころす​よう​に​つよく​たま​に​うながされた。しかし​こころ​の​なか​で、「わたし​は​いままで​どんな​とき​に​も​ひと​の​​を​ながした​こと​は​ない」と​った。わたし​は​しりごみ​を​し、ラバン​を​ころさなくて​む​よう​に​と​おもった。

    11 ​すると​たま​が​ふたたび、「よ、しゅ​は​すでに、この​おとこ​を​あなた​の​​に​わたされた」と​われた。そして​わたし​も、ラバン​が​わたし​の​いのち​を​うばおう​と​した​こと、ラバン​が​しゅ​の​命令めいれい​に​き​したがわない​だろう​と​いう​こと、また​わたしたち​の​って​いる​もの​を​うばった​こと​を​って​いた。

    12 ​そして​たま​が、また​わたし​に​われた。「この​おとこ​を​ころ​し​なさい。しゅ​は​あなた​の​​に​この​おとこ​を​わたされた。

    13 よ、しゅ​は、​に​かなった​もくてき​を​たす​ため​に​は、あくにん​を​ころされる。ひと​の​ひと​が​ほろびる​の​は、一つ​の​こくみん​が​しんこう​に​おちいって​ほろびて​しまう​より​は​よい。」

    14 ​わたし​ニーファイ​は​この​こと​を​いた​とき、しゅ​が​​で​わたし​に​われた、「あなた​の​そん​は​わたし​の​命令めいれい​を​まもる​かぎり、やくそく​の​​で​さかえる」と​いう​こと​を​おもした。

    15 ​そして​わたし​は​また、もしも​わたし​の​そん​に​モーセ​の​りっぽう​が​なかった​なら​ば、そん​は​その​りっぽう​に​したがって​しゅ​の​命令めいれい​を​まもる​こと​が​できなく​なる​と​も​かんがえた。

    16 ​また​わたし​は、その​りっぽう​が​真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれて​いる​こと​も​って​いた。

    17 ​さらに​わたし​は、この​ゆう、すなわち、わたし​が​しゅ​の​命令めいれい​に​したがって​あの​ろく​を​​に​れる​こと​が​できる​よう​に​と​いう​ゆう​で、しゅ​が​ラバン​を​わたし​の​​に​わたされた​こと​を​って​いた。

    18 ​それで​わたし​は​たま​の​こえ​に​したがい、ラバン​の​かみ​の​​を​つかみ、ラバン​しん​の​つるぎ​で​かれ​の​くび​を​とした。

    19 ​わたし​は、ラバン​しん​の​つるぎ​で​かれ​の​くび​を​として​から、ラバン​の​ふく​を​って​ひとつ​のこらず​​に​け、また​かれ​の​​を​こし​に​まとった。

    20 ​それから​わたし​は、ラバン​の​ほうもつぐら​へ​すすんで​った。ラバン​の​ほうもつぐら​へ​すすんで​く​と、よ、ほうもつぐら​の​かぎ​を​った​ラバン​の​使つかい​に​って​しまった。それで​わたし​は、ラバン​の​声色こわいろ​を​使つかって、わたし​と​ともに​ほうもつぐら​に​はいる​よう​に​めいじた。

    21 使つかい​は、わたし​の​ふく​と​こし​に​びて​いる​つるぎ​を​て、わたし​を​主人しゅじん​の​ラバン​だ​と​おもんで​いた。

    22 かれ​は、主人しゅじん​の​ラバン​が​その​よる​ユダヤじん​の​長老ちょうろう​たち​の​ところ​へ​かけて​った​の​を​って​いた​ので、その​長老ちょうろう​たち​の​こと​を​わたし​に​はなした。

    23 ​わたし​は​ラバン​の​ふり​を​して​かれ​に​はなし​を​した。

    24 ​わたし​は​また、真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれた​もの​を、じょうへき​の​そと​に​いる​わたし​の​きょうだい​たち​の​ところ​へ​ってく​の​だ​と​った。

    25 ​そして​その​使つかい​に、ついて​る​よう​に​った。

    26 ​すると​その​使つかい​は、きょうかい​の​きょうだい​たち​の​こと​を​って​いる​の​だ​と​おもい、また​わたし​の​こと​を、わたし​が​​に​かけた​あの​ラバン​だ​と​ほんとう​に​おもんで​いた​ので、あと​に​ついて​た。

    27 ​また​使つかい​は、じょうへき​の​そと​に​いる​あに​たち​の​ところ​へ​く​ちゅう​で、なん​も​わたし​に​かって​ユダヤじん​の​長老ちょうろう​たち​の​こと​を​はなした。

    28 ​さて、レーマン​は​わたし​を​る​と​じょう​に​おびえ、また​レムエル​も​サム​も​ともに​おびえて、わたし​の​まえ​から​した。わたし​を​ラバン​だ​と​おもい、ラバン​が​わたし​を​ころして、ぶん​たち​の​いのち​も​うばい​に​た​と​おもった​から​で​ある。

    29 ​そこで​わたし​は、げる​あと​から​あに​たち​を​んだ。すると​あに​たち​は、わたし​の​こえ​を​いて、わたし​の​まえ​から​げる​の​を​やめた。

    30 ​そして、ラバン​の​使つかい​は、あに​たち​を​て​おののき​はじめ、わたし​の​まえ​から​げて​エルサレム​の​みやこ​へ​かえろう​と​した。

    31 ​しかし​わたし​ニーファイ​は、たけ​が​たかい​うえ​に​しゅ​から​つよい​ちから​を​さずかって​いた​ので、ラバン​の​使つかい​を​つかまえて、げない​よう​に​さえつけた。

    32 ​そして​わたし​は、わたし​の​う​こと​に​き​したがう​なら​ば、しゅ​が​きて​おられ、また​わたし​が​きて​いる​よう​に​たしか​に、わたしたち​の​う​こと​に​き​したがう​なら​ば、いのち​を​たすけて​やる​と​った。

    33 ​また、おそれる​に​は​およばない​こと、そして​もし​わたしたち​と​​へ​くだって​く​なら​ば、わたしたち​と​どうよう​に​ゆう​の​​に​なる​こと​を、まことに​ちかって​った​ 。

    34 ​わたし​は​また​った。「しゅ​は​たしか​に、この​こと​を​おこなう​よう​に​わたしたち​に​めいじられた。わたしたち​は​しゅ​の​命令めいれい​を​熱心ねっしん​に​まもる​べき​で​は​ない​か。もし​あなた​が​​へ​くだって、わたし​の​ちち​の​ところ​へ​く​なら​ば、わたしたち​と​ともに​らせる​だろう。」

    35 ​さて、​ゾーラム​は、わたし​の​かたった​こと​を​いて​ゆう​を​た。ところで、ゾーラム​と​は​この​使つかい​の​​で​ある。かれ​は​​へ​くだって​って、わたし​の​ちち​の​ところ​へ​く​と​やくそく​した。そして​また、その​さき​わたしたち​と​ともに​む​と​ちかった。

    36 ​ところで​わたしたち​に​は、ゾーラム​が​こうどう​を​とも​に​する​こと​を​ねがう​ゆう​が​あった。それ​は、わたしたち​が​​へ​げた​こと​を​ユダヤじん​に​られ、いかけられて​ころされる​こと​の​ない​よう​に​する​ため​で​あった。

    37 ​さて、ゾーラム​が​わたしたち​に​ちかった​ので、かれ​に​ついて​の​心配しんぱい​は​なくなった。

    38 ​そこで​わたしたち​は、真鍮しんちゅう​の​はん​を​ち、ラバン​の​使つかい​を​れて​​へ​しゅっぱつ​し、ちち​の​てんまく​に​かって​たび​を​すすんだ。