ニーファイ第一書16
戻る 次へ

第16章

あくにんしんきびしいものとかんがえる。リーハイのむすたち,イシマエルのむすめたちとけっこんする。リアホナ,でのいっこうしんしめす。しゅげがときどきリアホナにしるされる。イシマエル,ぬ。イシマエルのどもたち,なんのためにつぶやく。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 さて,わたしニーファイがあにたちにかたえると,よ,あにたちは,「おまえはわれわれくにえないほどきびしいことをった」とわたしにった。

2 そこでわたしはあにたちに,しんしたがい,あくにんにとってきびしいことをったのはよくしょうしているとはなした。わたしはじんとし,かれらがわりのたかげられることをあかしした。そのために,つみのあるものしんむねそこまでつらぬので,しんきびしいものとおもうのである。

3 にいさんたち,もしにいさんたちがにかなっていて,かみまえをまっすぐにあゆめるように,すすんでしんしたがい,それをこころめるならば,そのしんのためにつぶやいて,『おまえはわれわれきびしいことをった』などとはわないでしょう。」

4 そして,わたしニーファイはあにたちに,しゅいましめをまもるようにちからかぎすすめた。

5 そこで,あにたちがしゅまえへりくだったので,わたしはあにたちがみちあゆむようになることをよろこび,またそのことにおおきなぼういだいた。

6 さて,じょうのことはすべて,ちちがレムエルとけたたにてんまくんでいたときにかたられ,またおこなわれたことである。

7 さて,わたしニーファイは,イシマエルのむすめ一人ひとりつまにめとり,あにたちもまた,イシマエルのむすめたちをつまにめとった。そしてゾーラムも,イシマエルのちょうじょつまにめとった。

8 このようにして,ちちしゅからけたいましめをことごとくたし,またわたしニーファイも,しゅからじょうゆたかなしゅくふくけた。

9 さて,よるに,しゅこえちちかたりかけ,よくじつたびつようにめいじられた。

10 そこで,ちちあさきててんまくぐちったところ,じょうおどろいたことに,うえにゅうねんつくりのまるたまが一つあった。それはじゅんりょうしんちゅうでできていて,そのたまないには二ほんしんがあり,その一ぽんは,わたしたちがすすむべきほうこうしていた。

11 そこでわたしたちは,ってくべきいっさいのものと,しゅあたえてくださったしょくりょうのこりをことごとくあつめた。また,ってくためあらゆるたねたずさえた。

12 そしてわたしたちはてんまくち,レーマンがわわたってしゅっぱつした。

13 そして,わたしたちはよっかん,ほぼなんなんとうほうがくたびすすみ,ふたたてんまくってそのをシェザーとけた。

14 そこでわたしたちは,ゆみたずさえ,ぞくしょくりょうにするものをとりにかけてった。そしてものをとると,ぞくのもとに,すなわちシェザーにかえってた。そして,またまえおなほうがくに,こうかいちかさかいなかで,もっとよくところをたどりながらすすんでった。

15 そしてわたしたちは,みちみちゆみいしいしげでしょくりょうにするものをとりながらいくにちものあいだたびをした。

16 そして,そのたまほうこうすすんでったが,それはわたしたちをなかで,よりよくしょみちびいてった。

17 わたしたちは,いくにちものあいだたびをしてからしばらくてんまくり,からだやすめて,ぞくしょくりょうにするものをとることにした。

18 そして,わたしニーファイはしょくりょうにするものをとるためにったが,よ,じゅんりょうはがねでできているわたしのゆみってしまった。それで,ゆみってからは,しょくりょうることができなかったので,よ,あにたちはゆみ使つかえなくしたことでわたしにおおいにはらてた。

19 そこでわたしたちは,しょくりょうがないままにぞくのもとにかえったが,ぞくものたびのためにひどくつかれていたので,しょくりょうがないことでじょうくるしんだ。

20 そして,レーマンとレムエルとイシマエルのむすたちは,でのくるしみとなんのためにひどくつぶやきはじめ,またちちしゅなるかみたいしてつぶやきはじめた。かれらはみなじょうなげかなしみ,しゅたいしてつぶやいたのであった。

21 さて,わたしニーファイは,ぶんゆみ使つかえなくしたためにあにたちからくるしめられたが,あにたちのゆみだんりょくがなくなったのでたいはさらにしんこくになり,まことにわたしたちは,しょくりょうをまったくることができなかった。

22 そしてあにたちが,しゅなるかみたいしてへいうほどまたこころをかたくなにしたので,わたしニーファイはあにたちにたくさんのことをかたった。

23 さて,わたしニーファイはで一つのゆみつくり,まっすぐなえだで一ぽんつくった。それでわたしは,ゆみいしげといしかため,「しょくりょうるのにどこへったらよいですか」とちちたずねた。

24 そこでちちしゅたずねた。わたしがせいりょくめて,かれらにたくさんのことをかたったので,わたしがかたったことちちぞくもすでにへりくだっていたからである。

25 さて,しゅこえちちこえて,しゅたいしてつぶやいたことでひどくらしめられたので,ちちふかかなしみにしずんだ。

26 そこで,しゅこえちちに,「たまて,しるしてあることをよくこころめなさい」とわれた。

27 そこでちちは,たまうえしるしてあることをじょうおそれおののき,またあにたちもイシマエルのむすたちも,わたしたちのつまどうようおそれおののいた。

28 そこで,わたしニーファイがたまなかにあるしんると,それらは,わたしたちがそれにせるしんこうねつちゅうりょくおうじてはたらいた。

29 また,それらのしんうえにはあたらしいことしるされていて,それはみやすく,しゅみちについてわたしたちにかいあたえてくれるものであった。そしてそのことは,わたしたちがせるしんこうねつおうじて,ときどきえられた。このようにして,しゅちいさなしゅだんによっておおいなることをげられることがかるのである。

30 さて,わたしニーファイはたまうえあらわれたしたがって,やまいただきまでのぼってった。

31 そして,けものなんとうもとったので,ぞくのためのしょくりょうはいった。

32 そこでわたしは,とったけものはこんでてんまくかえった。すると,わたしがしょくりょうれたのをたときのぞくよろこびようは,たいへんなものであった。それでかれらは,しゅまえにへりくだり,しゅかんしゃした。

33 さて,わたしたちはふたたたびき,はじめとほぼおなみちすじすすんでった。そして,いくにちものあいだたびをしたのち,しばらくとどまるためにまたてんまくった。

34 そして,イシマエルんで,ネホムというところほうむられた。

35 さて,イシマエルのむすめたちは,ちちくしたため,またなかなんのためにじょうなげかなしんだ。そしてかのじょたちは,ぶんたちをエルサレムのからしたのはわたしのちちであったことから,ちちかってこうつぶやいた。「ちちんでしまいました。わたしたちはながあいだをさまよい,おおくのなんい,えとかわきとろうくるしんできました。このようなくるしみにったすえに,けっきょくなかえてほろびてしまうにちがいないのです。」

36 イシマエルのむすめたちはこのように,ちちとわたしにたいしてつぶやき,エルサレムにかえることをのぞんだ。

37 レーマンは,レムエルとイシマエルのむすたちにった。「さあ,ちちおとうとニーファイをころしてしまおうではないか。ニーファイはあにであるわれわれはいしゃとなり,われわれおしえるものになっている。

38 かれしゅぶんかたられたとい,またてん使たちがつかえてくれたともっている。しかしよ,われわれには,かれいつわりをっていることがかっている。かれはそのようなことをいながら,さくりゃくをもっておおくのことをなし,われわれをくらまして,おそらくどこからぬわれわれさそめるとおもっているのだろう。そしてわれわれさそんでしまったら,かれわれわれおうとなり,はいしゃとなって,のまま,おもいのままにおうとおもっているのだ。」あにのレーマンは,このようにしてかれらのこころをあおりてていからせた。

39 さて,しゅはわたしたちとともにおられ,まことにしゅこえこえてかれらにおおくのことかたり,かれらをひどくらしめられたかれらはしゅこえによってらしめをけると,いかりをしずめ,つみあらためた。そして,しゅふたたしょくりょうあたえてしゅくふくされたので,わたしたちはほろびずにんだ。