ニーファイ第一書14
戻る 次へ

第14章

てん使ほうじんおよしゅくふくとのろいについてニーファイにつたえる。きょうかいはただ二つ,かみひつじきょうかいあくきょうかいがあること。すべてのくにぐににいるかみせいたち,おおきなまわしいきょうかいによってはくがいされる。使ヨハネがわりについてしるす。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 「さて,かみひつじことちからをもって,たしかにほうじん姿すがたあらわし,つまずきのいしのぞかれる,もしほうじんかみひつじことしたがい,

2 かみひつじたいしてこころをかたくなにしなければ,かれらは,あなたのちちそんなかかぞえられるようになる。まことに,かれらはイスラエルのいえなかかぞえられやくそくでとこしえにしゅくふくされたたみとなり,もうとらわれのとなることはない。そして,イスラエルのいえふたたみだされることがない。

3 かみひつじわれる。『ひとれいごくさそとすために,あくぶんらとともにきずいたあのおおきなまわしいきょうかいは,ひとびとのためにおおきなあなったが,まことにひとびとほろぼすためにられたそのおおきなあなは,それをったものたちでいっぱいになり,かれらはことごとくほろびてしまう。しかしほろびるといっても,れいほろびるのではなく,わりのないあのごくまれることをいうのである。

4 よ,これはあくそくばくかみせいしたがってひとびとおよぶもので,かみまえあくまわしいおこないをするすべてのひとおよぶのである。』」

5 そこでてん使は,またわたしニーファイにった。「あなたは,ほうじんあらためればさいわいであるのをた。また,しゅがイスラエルのいえわされたせいやくについてもり,あらたないものはだれでもほろびなければならないこともいている。

6 したがって,ほうじんかみひつじたいしてこころをかたくなにするならば,わざわである。

7 かみひつじわれる。『わたしがおおいなるおどろくべきわざひとらのなかおこなときる。そのわざは,いずれにおいてもえいえんのものである。すなわち,かれらにかくしんあたえてへいあんえいえんいのちさせるか,それともかれらがこころをかたくなにし,おもいをくらませるにまかせて,かれらをそくばくされたじょうたいおちいらせ,あくそくばく,これについてはまえはなしたことがあるが,このそくばくにあって,にくたいてきにもれいてきにもほろびにいたらせるか,そのいずれかである。』」

8 そこでてん使は,これらのことかたってからわたしにかい,「おんちちがイスラエルのいえわされたせいやくおぼえているか」とったので,わたしはてん使に,「はい」とこたえた。

9 そこでてん使はわたしにった。「なさい。まわしいおこないのははであり,あくそうせつしゃとするおおきなまわしいきょうかいなさい。」

10 てん使はわたしにった。「よ,きょうかい二つしかない。一つはかみひつじきょうかいであり,もう一つあくきょうかいである。したがって,かみひつじきょうかいぞくしていないものはだれでも,まわしいおこないのははであるあのおおきなきょうかいぞくするものである。かのじょぜんいんである。」

11 そこでわたしがあのぜんいんながめてみると,かのじょおおくのみずうえめ,すべてのこくみんぞくこくたみみんぞくなかにあってぜんはいしていた。

12 そして,かみひつじきょうかいえたが,このきょうかいぞくしているものかずは,おおくのみずうえめている,あのいんあくまわしいおこないのためにすくなかった。それでも,かみせいであるひつじきょうかいひとびともまた,ぜんめんにいるのがえた。しかし,おもてにおけるかれらのめるしょは,わたしのだいいんあくのためにちいさかった。

13 そして,あのまわしいおこないのおおいなるははが,かみひつじたたかために,ほうじんのすべてのこくみんなかにあって,ぜんおもておおぜいひとあつめるのがえた。

14 そしてわたしニーファイは,かみひつじちからが,ひつじきょうかいせいたち,またぜんめんっているしゅせいやくたみのうえにくだるのをた。かれらはかみちからとをもって,おおいなるえいこうのうちにそうしていた。

15 そしてわたしは,かみはげしいいかりがあのおおきなまわしいきょうかいのうえにそそがれ,そのために,のすべてのこくみんぞくなかせんそうせんそうのうわさがあるのをた。

16 そして,あのまわしいおこないのははぞくしているすべてのこくみんなかせんそうはじまり,せんそうのうわさがはじめたときに,てん使がわたしにった。「よ,かみはげしいいかりはしょうたちのははくだる。そしてよ,あなたにはこれらのことがすべてえる。

17 しょうたちのはは,すなわちあくそうせつしゃであるぜんおおきなまわしいきょうかいに,かみはげしいいかそそがれるると,そのおんちちわざはじまり,おんちちは,イスラエルのいえぞくするぶんたみわされたせいやくたすためのみちそなえられる。」

18 そこで,てん使はわたしにかたって,「なさい」とった。

19 ながめると,しろころもている一人ひとりおとこひとえた。

20 するとてん使はわたしにった。「ひつじじゅう使一人ひとりなさい。

21 よ,かれは,これらのことののこりのぶんと,またいままでにあったおおくのことをしるす。

22 また,わりについてもしるす。

23 かれしるすことはただしくしんじつである。そしてよ,それらのことは,あなたがユダヤじんくちからるのをしょもつなかしるされる。そして,それらがユダヤじんくちからとう,すなわちそのしょもつがユダヤじんくちからとうは,しるされたことはかりやすくてじゅんすいであり,またたいへんとうとくて,すべてのひとかいしやすいものであった。

24 よ,このひつじ使しるすことのおおくを,あなたはた。そしてよ,これからあなたはそののこりのぶんるであろう。

25 しかし,これからあなたがることはめてはならない。しゅなるかみが,それらのことをしるように,あのかみひつじ使にんじられたからである。

26 かみはまた,かつてこのきたほかのひとびとにも,すべてのことをしめされ,かれらはそれらのことをしるした。そしてそれらのろくは,しゅしんがふさわしいとおもわれるときに,ひつじうちにあるしんによってじゅんすいなままでイスラエルのいえつたわるように,いまふうじられている。」

27 わたしニーファイは,てん使ことにより,このひつじ使ヨハネであることをき,ここにあかしする。

28 そしてよ,わたしニーファイは,きしたことののこりのぶんしるすことをきんじられているので,いままでしるしたことでまんぞくするが,これまでしるしたことは,わたしがたことのいちぶんにすぎない。

29 わたしはちちたことを,そしてしゅてん使がそれらのことをわたしにあきらかにしてくれたことをあかしする。

30 わたしは,たまられたときにたことについてのはなしを,これでわりにする。わたしのたことがたとえすべてしるされていなくても,いままでしるしたことはしんじつである。まことにそのとおりである。アーメン。