モロナイ書7
戻る 次へ

第7章

しゅあんそくはいるようにとのまねき。ごころからいのること。キリストのたまひとぜんあくをわきまえることができるようにする。サタンはキリストをていして,あくおこなうようにひとすすめる。げんしゃたち,キリストのらいりんについてあきらかにする。しんこうによって,せきおこなわれ,てん使つかえる。ひとえいえんいのちのぞみ,あいかたまもらなければならない。げんやく四百一ねんから四百二十一ねんいたる。

1 さて,わたしモロナイは,ちちモルモンがしんこうぼうあいについてべたことしょうしょうしるしておく。ちちは,たみれいはいしょとしててたかいどうかれらをおしえたとき,つぎのようにべた。

2 「さて,わたしモルモンは,あいする同胞はらからであるあなたがたにはなしたい。ちちなるかみとわたしたちのしゅイエス・キリストのめぐみにより,またしゅがわたしにたまものをおあたえくださったので,しゅせいなるこころにより,わたしはいまあなたがたにかたかいている。

3 そこでわたしは,きょうかいぞくしているあなたがた,すなわち,いまからのちてんしゅとともにあんそくるときまで,キリストにおだやかにしたがい,しゅあんそくはいれるというじゅうぶんのぞみをているあなたがたに,はなしたいとおもう。

4 わたしの同胞はらからよ,わたしは,あなたがたがひとらとおだやかにまじわってらしているので,あなたがたのことをこのようにはんだんしている。

5 わたしは,『あなたがたはそのおこないによってかれらをけるのである』とわれたかみことおぼえているからである。かれらのおこないがければ,かれらもい。

6 よ,かみは,『わるものいことをおこなえない』とわれた。ひとはささげものをしても,かみいのっても,ごころからしなければ,そのひとにとってなんやくにもたない。

7 よ,それはかれにとってみとめられないからである。

8 よ,わるものはささげものをしても,しみながらするので,ささげものをしなかったとおなじようになされる。したがって,かみまえあくなされる。

9 それとどうように,ひとごころともなわないいのりをするならば,それはそのひとにとってあくなされる。そして,それはそのひとにとってなんやくにもたない。かみはそのようないのりをれられないからである。

10 したがって,わるものいことをおこなえず,またおくものもしない。

11 よ,にがいずみみずせないし,いずみにがみずせない。そこで,あくしもべになっているものは,キリストにしたがうことができない。もしキリストにしたがとすれば,あくしもべではありない。

12 したがって,ものはすべてかみからて,わるものはあくからる。あくかみたいするてきであって,えずかみたたかい,またひとさそい,そそのかしてつみおかさせ,いつもわるいことをおこなわせようとする。

13 しかしよ,かみからるものはいつもぜんおこなうようにさそい,うながす。したがって,ぜんおこない,かみあいし,かみつかえるようにさそい,うながものはすべて,かみれいかんけているのである。

14 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,あなたがたはわるものをかみからたとおもわないように,あるいはいものでかみからているものを,あくからたとおもわないようにをつけなさい。

15 よ,わたしの同胞はらからよ,ぜんあくをわきまえることができるように,ものごとはんだんすることはあなたがたにまかされている。そして,そのはんだんほうほうあきらかであり,ぜんあくちがいはひるやみちがうように,かんぜんかいしてわきまえることができる。

16 よ,ぜんあくをわきまえることができるように,すべてのひとキリストのたまあたえられているからである。さて,そのはんだんほうほうをあなたがたにおしえよう。ぜんおこなうようにさそい,またキリストをしんじるようにすすめるものはすべて,キリストのちからたまものによっておくされているのである。したがってあなたがたは,それがかみからていることをかんぜんかいしてわきまえることができる。

17 しかし,あくおこなうように,キリストをしんじないように,キリストをていするように,かみつかえないようにとひとすすめるものはなんであろうと,それはあくからていることをあなたがたはかんぜんかいしてわきまえることができる。あくはこのようにはたらくからである。あくはだれにもぜんおこなうようにすすめない。またあく使つかいも,あくしたがものも,そのようにすすめない。

18 さて,わたしの同胞はらからよ,あなたがたははんだんするさいもちいるひかり,すなわちキリストのひかりについてっているので,あやまってさばかないようにちゅうしなさい。あなたがたがさばくそのさばで,あなたがたもさばかれるからである。

19 そこでわたしは,同胞はらからであるあなたがたに,ぜんあくをわきまえることができるように,キリストのひかりなかねっしんもとめることをせつすすめる。もしあなたがたがいものをことごとくにして,それをなんしなければ,あなたがたはかならキリストのとなる。

20 さて,わたしの同胞はらからよ,どのようにすればあなたがたは,いものをことごとくにできるのであろうか。

21 ここで,わたしがはなしたいとまえったしんこうくのである。では,あなたがたがいものをことごとくにできるほうほうについてはなそう。

22 よ,かみえいえんからえいえんにわたってそんざいし,すべてのことをぞんであるために,よ,てん使たちをつかわして,ひとらにつかえさせ,キリストのらいりんについてあきらかにされた。キリストにあって,いものがことごとくるのである。

23 またかみは,キリストがられることをしんくちとおして,げんしゃたちにせんげんされた。

24 よ,いろいろなほうほうによって,かみひとらにいものをあきらかにされた。そして,いものはすべてキリストからる。そうでなければ,ひとらくしたじょうたいになったので,いものはまったくひとおよばなかったことであろう。

25 さて,てん使はたらきによって,またかみくちからひとひとつのことによって,ひとはキリストをしんじるようになった。そのけっしんこうによってひといものをことごとくにした。キリストのらいりんまでそうであった。

26 また,キリストがられたのちも,ひとはキリストのしんじるしんこうによってすくわれた。しんこうによってひとかみとなっている。キリストがきておられるようにたしかに,キリストはわたしたちのせんにこのようにわれた。すなわち,『あなたがたがあたえられるとしんじて,しんこうをもってわたしのによってちちもとめるものは,せいとうであれば,よ,なんでもあなたがたにあたえられる。』

27 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,キリストは,ひとらにたいしてっておられるぶんあわれみけんおんちちもとめるために,てんのぼってかみみぎかれたので,せきがやんでしまったのであろうか。

28 キリストはりっぽうもくてきたっせられた。そして,キリストをしんじるすべてのものを,ぶんぞくするものとしゅちょうしておられる。また,キリストをしんじるものいっさいいものをかたまもので,キリストはひとらをべんしてくださる。そして,キリストはえいえんてんまわれるのである。

29 わたしのあいする同胞はらからよ,キリストがこのようにおこなわれたので,せきはやんでしまったのであろうか。よ,そうではないと,わたしはあなたがたにう。またてん使たちもひとらにつかえることをやめてはいない。

30 よ,てん使はキリストにしたがっており,ふかしんこうかっとしたこころをもって,あらゆるほうほうかみうやまものぶんしんしめし,キリストのめいじられることのとおりにつかえている。

31 てん使つとめは,ひとまねいてあらためさせることと,おんちちひとらにてられたせいやくわざたしてじっこうすることと,しゅえらばれたうつわにキリストのことらせることによってかれらがキリストについてあかしべるようにして,ひとらのなかみちそなえることである。

32 このようにして,しゅなるかみみちそなえて,のこりのひとびともキリストをしんじるしんこうち,せいれいがそのちからによってかれらのこころなか宿やどられるようにされるのである。このようなほうほうで,おんちちひとらにてられたせいやくたされる。

33 キリストはわれた。『あなたがたはわたしをしんじるならば,わたしのこころにかなうことをなにごとでもおこなちからつであろう』と。

34 また,『てにいたるすべてのひとよ,あらためて,わたしのもとにて,わたしのによってバプテスマをけなさい。すくわれるためにわたしをしんじなさい』と,キリストはわれた。

35 さて,わたしのあいする同胞はらからよ,あなたがたにはなしたこれらのことがしんじつであれば,またかみは,これらのことがしんじつであることを,わりのちからおおいなるえいこうとをもってあなたがたにしめされるであろうが,もしこれらのことがしんじつであれば,せきわってしまったとえるであろうか。

36 てん使ひとらにあらわれることは,わってしまったのであろうか。かみせいれいちからひとらにあたえられなくなったのであろうか。ときつづくかぎり,だいそんざいするかぎり,おもてすくわれるひと一人ひとりでもいるかぎり,かみせいれいちからあたえるのをひかえられるであろうか。

37 よ,そうではないと,わたしはあなたがたにう。せきおこなわれるのはしんこうによるからである。てん使ひとあらわれてつかえるのも,しんこうによる。したがって,もしこれらのことがなくなっているとすれば,それはしんこうのためであり,すべてはむなしいので,ひとらはわざわいである。

38 キリストのことにあるとおり,キリストのしんじなければ,だれもすくわれないからである。したがって,もしこれらのことがなくなっているとすれば,しんこうもなくなっている。そして,ひとはひどいじょうたいにある。なぜならば,ひとはまるであがないがまったくなかったかのようなありさまになるからである。

39 しかしよ,わたしのあいする同胞はらからよ,わたしはあなたがたのことをもっとじょうたいにあるとはんだんしている。あなたがたがにゅうであるのをて,あなたがたにはキリストをしんじるしんこうがあるとおもうからである。あなたがたはキリストをしんじていなければ,キリストのきょうかいたみなかかぞえられるにふさわしくない

40 また,わたしのあいする同胞はらからよ,わたしはぼうについてあなたがたにはなしたいとおもう。あなたがたにぼうがなければ,どうしてしんこうられるであろうか。

41 また,あなたがたはなにのぞばよいのであろうか。よ,わたしはあなたがたにう。あなたがたは,キリストのしょくざいとキリストのふっかつちからによってえいえんいのちによみがえることをのぞまなければならない。あなたがたがキリストをしんじることで,やくそくのとおりこれがたされるのである。

42 したがって,もしひとしんこうがあれば,かならぼうもあるにちがいない。しんこうのないぼうはありないからである。

43 さらによ,あなたがたにう。にゅうこころのへりくだったひとでなければ,しんこうぼうつことはできない。

44 たとえてたとしても,そのひとしんこうぼうはむなしいものである。にゅうこころのへりくだったひとでなければ,かみまえれられないからである。また,ひとにゅうで,こころがへりくだっており,イエスがキリストであることをせいれいちからによってみとめるならば,そのひとにはあいかならずなければならない。あいがなければ,そのひとなんもない。したがって,ひとにはあいかならずなければならない。

45 あいながしのび,しんせつであり,ねたまずほこらず,ぶんえきもとめず,よういからず,あくすこしもかんがえず,ざいあくよろこばないでしんじつよろこび,すべてをしのび,すべてをしんじ,すべてをのぞみ,すべてにえる。

46 したがって,わたしのあいする同胞はらからよ,もしあなたがたにあいがなければ,あなたがたはなんもない。あいはいつまでもえることがないからである。したがって,もっとおおいなるものであるあいかたまもりなさい。すべてのものはかならえてしまうからである。

47 しかし,このあいはキリストのじゅんすいあいであって,とこしえにつづく。そして,わりのにこのあいっているとみとめられるひとは,さいわいである。

48 したがって,わたしのあいする同胞はらからよ,あなたがたは,おんちちおんイエス・キリストにしんしたがものすべてにさずけられたこのあいたされるように,またかみとなれるように,ねつめておんちちいのなさい。また,おんしんあらわされるときに,わたしたちはありのままの姿すがたおんにまみえるので,おんものとなれるように,またわたしたちがこのぼうてるように,さらにわたしたちがきよめられてきよおんおなじようになれるよう,ねつめておんちちいのりなさい。アーメン。」