エテル書12
戻る 次へ

第12章

げんしゃエテル,かみしんじるようたみすすめる。モロナイ,しんこうによっておこなわれたかずかずおどろくべきことをれっきょする。しんこうによってヤレドのきょうだいがキリストにまみえたこと。しゅひとびとけんそんになるように,ひとびとよわさをあたえられる。ヤレドのきょうだいしんこうによってゼリンざんうつしたこと。しんこうぼうあいすくいにかせない。モロナイ,かおかおわせてイエスにまみえる。

1 さて,エテルとコリアンタマーはどうだいひとである。このコリアンタマーは,ぜんおさめるおうであった。

2 エテルしゅげんしゃであった。そこで,エテルはコリアンタマーのだいって,たみげんはじめた。かれうちしゅたまがあったために,そうせずにはおれなかったからである。

3 かれあさからしずむまでおおごえげ,ほろぼされることのないように,かみしんじてあらためることをたみすすめ,またしんこうによってすべてがじょうじゅすることをかれらにげた。

4 さて,かみしんじるものはだれであろうと,もっとかいを,まことにかみみぎに一つのしょを,たしかにのぞことができる。こののぞみはしんこうからしょうじ,ひとびとにとってそのこころをしっかりとしたどうのものにするいかりとなる。そしてそのようなひとびとはいつもおおくのおこなをし,かみあがめるようになる。

5 そして,エテルはかずかずおおいなるおどろくべきことをたみげんした。しかしかれらは,げんじつにそれらのことをなかったのでしんじなかった。

6 さて,わたしモロナイはこれらのことについてしょうしょうべたい。しんこうとはのぞんでいながらまだていないものであることを,ひとびとしめしたい。あなたがたは,ぶんていないからということでうたがってはならない。しんこうためされてからでなければ,あかしられないからである。

7 キリストがしゃなかからよみがえられたのち,わたしたちのせんしんあらわされたのは,しんこうによる。せんがキリストをしんじてからでなければ,キリストはせんしんあらわされなかった。したがって,キリストをしんじていたひとびとがいたにちがいない。キリストは,ぞくひとびとにはしんあらわされなかったからである。

8 しかし,ひとびとしんじたので,キリストはひとびとしんあらわし,おんちちえいこうあらわし,さらに,ほかのひとびとてんたまものにあずかるものとなれるように,また,かれらがまだていないものをのぞむことができるように,みちそなえられた。

9 したがって,あなたがたもしんこうちさえすれば,のぞみをつことができ,たまものにあずかるものとなれるのである。

10 よ,むかしひとびとかみせいなるくらいしたがってされたのは,しんこうによる。

11 それで,しんこうによってモーセのりっぽうあたえられた。しかしかみは,おんおくることによってもっとすばらしいほうほうそなえられた。そして,しんこうによって,モーセのりっぽうじょうじゅしたのである。

12 もしもひとらのなかにまったくしんこうがなければ,かみひとらのなかなんせきおこなうことがおできにならない。したがって,かれらがしんじてからでなければ,かみしんあらわされなかった。

13 よ,ろうたおしたのは,アルマとアミュレクのしんこうであった。

14 よ,レーマンじんへんしょうじさせて,かれらにせいれいによるバプテスマをけさせたのは,ニーファイとリーハイのしんこうであった。

15 よ,レーマンじんなかあのようにおおきなせきおこなったのは,アンモンかれどうりょうたちのしんこうであった。

16 そして,せきおこなったものみな,キリストぜんにいたものでも,キリストにいたものでも,しんこうによってせきおこなった。

17 にんたちがあじわわないというやくそくたのは,しんこうによるものであった。しかしかれらは,しんじてからでなければ,そのやくそくなかった。

18 どのようなときでも,しんじてからでなければせきおこなったものはいない。したがって,せきおこなったものはまずかみおんしんじたのである。

19 キリストがられるぜんにも,じょうふかしんこうっていたひとびとおおくおり,これらのひとまくうちがわるのをきんじられなかったので,かれらはじっさいぶんさまざまなものをた。それらのものは,かれらがすでにしんこうていたものである。そして,かれらはよろこんだ。

20 よ,このろくかるように,これらのひとなか一人ひとりがヤレドのきょうだいであった。かみしんじるかれしんこうじょうふかかったので,かみぶんゆびべられたときに,ヤレドのきょうだいからそのゆびかくすことがおできにならなかった。かみぜんかれわれたことがあったからである。そのことは,ヤレドのきょうだいしんこうによってたものである。

21 また,しゅゆびのち,ヤレドのきょうだいにはしんこうによってやくそくがあったので,しゅかれからなにかくすことがおできにならなかった。そこで,しゅかれにすべてのものをおせになった。かれはもはやまく外側そとがわにとどめられなかったからである。

22 また,これらのことがほうじんつうじて同胞はらからつたわるというやくそくをわたしのせんたのも,しんこうによる。そのために,しゅは,すなわちイエス・キリストは,わたしにめいじられたのである。

23 わたしはしゅった。「しゅよ,わたしたちのものしるちからよわので,ほうじんはこれらのことをあざけるでしょう。しゅよ,あなたはわたしたちを,しんこうによってことちからのあるものとされましたが,ものしるちからのあるものとはされませんでした。あなたはこのたみせいれいをおさずけになり,せいれいのためにすべてのものおおいにかたれるようにされました。

24 また,わたしたちのようであったために,わたしたちがわずかしかけないようにされました。まことに,あなたはわたしたちを,ヤレドのきょうだいのようにものしるちからのあるものとはされませんでした。あなたはヤレドのきょうだいものしるちからのあるものとされたので,かれしるしたことはあなたしんのようにちからづよく,それをものあっとうするほどのものとなりました。

25 あなたはまた,わたしたちのことちからづよくまたおおいなるものとし,わたしたちがそれをしるせないほどのものとされました。そのため,わたしたちはしるすときに,わたしたちのよわさをり,またわたしたちのことようほうあやまってしまいます。ですから,ほうじんがわたしたちのことあざけるのではないかとしんぱいです。」

26 わたしがこのようにうと,しゅはわたしにわれた。「おろものあざけるが,のちなげかなしむ。わたしのめぐみはにゅうものじゅうぶんであり,かれらがあなたのよわさにむことはない。

27 もしひとがわたしのもとにるならば,わたしはかれらにおのおのよわしめそう。わたしはひとけんそんにするために,ひとよわさをあたえる。わたしのまえへりくだるすべてのものたいして,わたしのめぐじゅうぶんである。もしかれらがわたしのまえにへりくだり,わたしをしんじるならば,そのとき,わたしはかれらのよわつよさにえよう。

28 よ,わたしはほうじんかれらのよわさをしめし,またしんこうぼうあいかれらをわたしのもとに,すなわち,あらゆるみなもとみちびくことをかれらにしめそう。」

29 わたしモロナイは,これらのことくとなぐさめをった。「おお,しゅよ,あなたのこころおこなわれますように。わたしはあなたがひとらのために,かれらのしんこうおうじてはたらかれることをぞんじています。

30 ヤレドのきょうだいがゼリンざんかって,『うつ』とうと,うつりました。もしかれしんこうがなかったならば,うつらなかったでしょう。ですから,ひとびとしんこうったのちに,あなたははたらかれます。

31 このようにあなたは,たちにしんあらわされました。かれらがしんこうち,あなたのによってかたったのちに,あなたはおおいなるちからをもってかれらにしんあらわされました。

32 わたしはまた,あなたのわれたことをおぼえています。あなたはおんちちまいなかに,ひとのためにところようしたとわれました。ひとがもっとおおきなぼうてるようにするためでした。ですから,ひとぼうたなければなりません。さもなければ,あなたのようしてくださったしょぎをることができません。

33 さらに,わたしはあなたのわれたことをおぼえています。あなたは,のためにぶんいのちてるほどこのあいしたわれました。あなたはふたたぶんいのちて,ひとらのためのしょようするために,ぶんいのちてられたのです。

34 あなたがひとらにたいしていだいておられたこのあいあいであることを,わたしはぞんじています。ですから,ひとあいたなければ,あなたがおんちちまいにようしてくださったしょぐことができません。

35 ですから,あなたのわれたこのことから,もしほうじんがわたしたちのよわさをあいたなければ,あなたはかれらをためし,かれらのタラントを,かれらがすでにているものまでもげて,もっとゆたかにっているものたちにあたえられるということがかります。」

36 そしてわたしは,ほうじんあいてるように,しゅかれらにめぐさずけてくださることをしゅいのった。

37 そこでしゅはわたしにわれた。「たとえかれらにあいがなくても,あなたにとってはもんだいではない。あなたはちゅうじつであったので,あなたのころもきよされるであろう。また,あなたはぶんよわみとめたので,つよくされて,わたしがちちまいにようしたしょせるようになるであろう。」

38 さて,わたしモロナイは,キリストのさばきのまえうときまで,ほうじんとわたしのあいする同胞はらからわかれをげる。そのさばきのまえで,すべてのひとは,わたしのころもがあなたがたのけがれていないことをるであろう。

39 またそのとき,あなたがたはわたしがイエスにまみえたことと,イエスがかおかおわせてわたしとはなしをされたことと,ひとひとかたるようにまったくけんそんに,イエスがわたしのげんでわたしにこれらのことについてはなされたことをるであろう。

40 しかし,わたしはものしるちからよわいので,すこししかしるさなかった。

41 わたしは,げんしゃたちと使たちがしるしてきたイエスをもとめるように,あなたがたにすすめたい。そうすれば,ちちなるかみしゅイエス・キリストと,このふたかたのことをあかしされるせいれいめぐみが,とこしえにあなたがたのうちにとどまるであろう。アーメン。