ニーファイ第一書5
戻る 次へ

第5章

サライア,リーハイにかってへいう。二人ふたりとも,むすたちがかえってたことをよろこび,せいをささげる。しんちゅうはんには,モーセとげんしゃたちのろくせられている。そのはんから,リーハイがヨセフのそんであることがかる。リーハイ,ぶんそんしんちゅうはんぞんについてげんする。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 さて,わたしたちがくだってちちのところにくと,よ,ちちよろこびにたされた。またははサライアも,ほんとうにわたしたちのことでかなしんでいたので,じょうよろこんだ。

2 ははは,わたしたちがんでしまったとおもったからである。はははまた,ちちのことをまぼろしひとだとってちちへいい,「らんなさい,あなたがわたしたちをぎのからし,むすたちはいなくなってしまいました。そして,わたしたちもんでしまうのです」とっていた。

3 ははは,このようなことちちへいっていた。

4 そこでちちははった。「わたしはぶんまぼろしものであることをっている。もしわたしが,げんなかかみしめしてくださったことがらなかったならば,わたしはかみいつくしみをらず,エルサレムにとどまって,同胞はらからとともにほろびてしまったであろう。

5 しかしよ,わたしはやくそくいただいており,そのことについてよろこばしくおもう。またわたしは,しゅむすたちをラバンのからすくし,にいるわたしたちのもとにまたもどしてくださることをっている。」

6 ちちリーハイはこのようなことで,わたしたちのことについてははサライアをなぐさめたのであった。それは,わたしたちがユダヤじんろくれるために,をエルサレムのかってたびをしていたあいだのことであった。

7 そこで,わたしたちがちちてんまくかえってると,よ,ちちははよろこびにたされ,ははなぐさめをた。

8 ははった。「しゅおっとげるようにめいじられたことが,いまたしかにかりました。また,しゅむすたちをまもり,ラバンのからすくし,しゅめいじられたことをげるためのちからむすたちにおあたえくださったことが,たしかにかります。」はははこのようなことはなした。

9 そしてちちははは,じょうよろこび,せいはんさいしゅにささげ,イスラエルのかみかんしゃした。

10 二人ふたりでイスラエルのかみかんしゃをささげてから,ちちリーハイはしんちゅうはんきざまれたろくり,さいしょから調しらべてみた。

11 ちちると,そのなかには,かいそうぞうとわたしたちのさいしょせんであるアダムとエバのはなしせた,モーセのしょがあった。

12 また,はじめからユダのおうゼデキヤのとうはじめにいたるユダヤじんろくもあり,

13 また,はじめからゼデキヤとうはじめにいたせいなるげんしゃたちのげんや,そのほか,エレミヤくちとおしてかたられたおおくのげんせてあった。

14 そしてちちリーハイは,しんちゅうはんぶんせんけいつけ,それでぶんヨセフそんであることをった。このヨセフとは,ヤコブのヨセフであって,エジプトへられちちヤコブとそのいえのすべてのものきんぬことのないようにまもるためしゅによってまもられたあのヨセフである。

15 かれらはぶんたちをまもってくださったあのおなかみによって,とらわれのからすくされ,エジプトのからみちびされたのである。

16 このようにして,ちちリーハイはぶんせんけいつけた。ラバンもまたヨセフそんであったので,ラバンとそのせんがこのろくしるしておいたのである。

17 ところで,ちちはこれらのことをすべてると,たまたされ,ぶんそんについてげんはじめた。

18 すなわち,このしんちゅうはんちちそんであるすべてのこくみんぞくこくたみみんぞくつたわるということである。

19 それでちちは,このしんちゅうはんけっしてちることなく,またこれからさきどれだけさいげつても,さびてめなくなることはまったくないとった。そしてかれは,ぶんそんについておおくのことをげんした。

20 さて,わたしとちちは,しゅくだされためいれいをこれまでまもってきた。

21 そしてわたしたちは,しゅれるようにとわれたろくれ,また,それを調しらべて,それがのぞましいものであることをった。まことに,それは,そんしゅいましめをのこことができるものであり,したがって,わたしたちにとっておおきなのあるものである。

22 それゆえ,わたしたちがやくそくしてたびするときに,このはんたずさえてくのは,しゅであった。