ニーファイ第一書 5
    脚注

    第​5​章

    サライア、リーハイ​に​かって​へい​を​う。ふた​とも、むす​たち​が​かえって​た​こと​を​よろこび、せい​を​ささげる。真鍮しんちゅう​の​はん​に​は、モーセ​と​げんしゃ​たち​の​ろく​が​せられて​いる。その​はん​から、リーハイ​が​ヨセフ​の​そん​で​ある​こと​が​かる。リーハイ、ぶん​の​そん​と​真鍮しんちゅう​の​はん​の​ぞん​に​ついて​げん​する。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたしたち​が​​へ​くだって​て​ちち​の​ところ​に​く​と、ちち​は​よろこび​に​たされた。また​はは​の​​サライア​も、ほんとう​に​わたしたち​の​こと​で​かなしんで​いた​ので、じょう​に​よろこんだ。

    2 はは​は、わたしたち​が​​で​んで​しまった​と​おもった​から​で​ある。はは​は​また、ちち​の​こと​を​まぼろし​を​る​ひと​だ​と​って​ちち​に​へい​を​い、「あなた​が​わたしたち​を​ぎ​の​​から​した​ので、むす​たち​は​いなく​なって​しまい、わたしたち​も​​で​んで​しまいます」と​って​いた。

    3 はは​は、この​よう​な​こと​で​ちち​に​へい​を​って​いた。

    4 ​そこで​ちち​は​はは​に​った。「わたし​は​ぶん​が​まぼろし​を​る​もの​で​ある​こと​を​って​いる。もし​わたし​が、げん​の​なか​で​かみ​が​しめして​くださった​ことがら​を​なかった​なら​ば、わたし​は​かみ​の​いつくしみ​を​らず、エルサレム​に​とどまって、同胞はらから​と​ともに​ほろびて​しまった​で​あろう。

    5 ​しかし​よ、わたし​は​やくそく​の​​を​いただいて​おり、その​こと​に​ついて​よろこばしく​おもう。また​わたし​は、しゅ​が​むす​たち​を​ラバン​の​​から​すくい​し、​に​いる​わたしたち​の​もと​に​また​れ​もどして​くださる​こと​を​って​いる。」

    6 ちち​リーハイ​は​この​よう​な​こと​で、わたしたち​の​こと​に​ついて​はは​サライア​を​なぐさめた​の​で​あった。それ​は、わたしたち​が​ユダヤじん​の​ろく​を​​に​れる​ため​に、​を​エルサレム​の​​へ​かって​たび​を​して​いた​あいだ​の​こと​で​あった。

    7 ​そこで、わたしたち​が​ちち​の​てんまく​に​かえって​る​と、よ、父母ちちはは​は​よろこび​に​たされ、はは​は​なぐさめ​を​た。

    8 はは​は​った。「しゅ​が​おっと​に​​へ​げる​よう​に​めいじられた​こと​が、いまたしか​に​かり​ました。また、しゅ​が​むす​たち​を​まもり、ラバン​の​​から​すくい​し、しゅ​が​めいじられた​こと​を​げる​ため​の​ちから​を​むす​たち​に​お​あたえ​くださった​こと​が、たしか​に​かり​ます。」はは​は​この​よう​な​こと​で​はなした。

    9 ​そして​父母ちちはは​は、じょう​に​よろこび、せい​と​燔祭はんさい​を​しゅ​に​ささげ、イスラエル​の​かみ​に​感謝かんしゃ​した。

    10 ふた​で​イスラエル​の​かみ​に​感謝かんしゃ​を​ささげて​から、ちち​リーハイ​は​真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれた​ろく​を​​に​り、さいしょ​から​調しらべて​みた。

    11 ちち​が​る​と、その​なか​に​は、かい​の​そうぞう​と​わたしたち​の​さいしょ​の​せん​で​ある​アダム​と​エバ​の​はなし​を​せた、​モーセ​の​しょ​が​あった。

    12 ​また、​の​はじめ​から​ユダ​の​おう​ゼデキヤ​の​とう​の​はじめ​に​いたる​ユダヤじん​の​ろく​も​あり、

    13 ​また、​の​はじめ​から​​ゼデキヤ​の​とう​の​はじめ​に​いたる​せい​なる​げんしゃ​たち​の​げん​や、その​ほか、​エレミヤ​の​くち​を​とおして​かたられた​おおく​の​げん​も​せて​あった。

    14 ​そして​ちち​リーハイ​は、真鍮しんちゅう​の​はん​に​ぶん​の​せん​の​けい​も​つけ、それ​で​ぶん​が​​ヨセフ​の​そん​で​ある​こと​を​った。この​ヨセフ​と​は、​ヤコブ​の​​の​ヨセフ​で​あって、エジプト​へ​られ、ちち​ヤコブ​と​その​いえ​の​すべて​の​もの​が​きん​で​ぬ​こと​の​ない​よう​に​まもる​ため​しゅ​の​​に​よって​まもられた​あの​ヨセフ​で​ある。

    15 かれら​は​ぶん​たち​を​まもって​くださった​あの​おなじ​かみ​に​よって、とらわれ​の​​から​すくい​され、エジプト​の​​から​みちびき​された​の​で​ある。

    16 ​この​よう​に​して、ちち​リーハイ​は​ぶん​の​せん​の​けい​を​つけた。ラバン​も​また​​ヨセフ​の​そん​で​あった​ので、ラバン​と​その​せん​が​この​ろく​を​しるして​おいた​の​で​ある。

    17 ​ところで、ちち​は​これら​の​こと​を​すべて​る​と、たま​に​たされ、ぶん​の​そん​に​ついて​げん​し​はじめた。

    18 ​すなわち、この​真鍮しんちゅう​の​はん​が​ちち​の​そん​で​ある​すべて​の​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​に​つたわる​と​いう​こと​で​ある。

    19 ​それで​ちち​は、この​真鍮しんちゅう​の​はん​は​けっして​ちる​こと​なく、また​これから​さき​どれだけ​歳月さいげつ​を​て​も、さびて​めなく​なる​こと​は​まったく​ない​と​った。そして​かれ​は、ぶん​の​そん​に​ついて​おおく​の​こと​を​げん​した。

    20 ​さて、わたし​と​ちち​は、しゅ​が​くだされた​命令めいれい​を​これまで​まもって​きた。

    21 ​そして​わたしたち​は、しゅ​が​​に​れる​よう​に​と​われた​ろく​を​​に​れ、また、それ​を​調しらべて、それ​が​のぞましい​もの​で​ある​こと​を​った。まことに、それ​は、そん​に​しゅ​の​いましめ​を​のこす​こと​が​できる​もの​で​あり、したがって、わたしたち​に​とって​おおきな​​の​ある​もの​で​ある。

    22 ​それゆえ、わたしたち​が​やくそく​の​​を​して​​を​たび​する​とき​に、この​はん​を​たずさえて​く​の​は、しゅ​の​​で​あった。