ニーファイ第一書 21
    脚注

    第​21​章

    メシヤ​は​ほうじん​の​ひかり​と​なり、らえられて​いる​もの​を​かいほう​される。わり​の​とき​に、イスラエル​は​ちから​を​もって​あつめられる。おう​たち​が​かれら​の​よう​と​なる。イザヤしょだい​四十九​しょう​と​かく​せよ。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百七十​ねん​に​いたる。

    1 ふたたび​う。け、おお、あなたがた​イスラエル​の​いえ​よ、わたし​の​たみ​の​牧者ぼくしゃ​たち​の​あく​の​ため​に​り​られ、された​あなたがた​すべて​の​もの​よ、まことに、わたし​の​たみ​で​あって、り​られ、ひろく​らされた​あなたがた​すべて​の​もの​よ、おお、イスラエル​の​いえ​よ。おお、​もろもろ​の​しま​よ、わたし​に​みみ​を​かたむけよ。あなたがた​とおく​の​たみ​よ、け。わたし​が​胎内たいない​に​いた​とき​から​しゅ​は​わたし​を​し、わたし​が​はは​の​はら​の​なか​に​いる​とき​から​しゅ​は​わたし​の​​を​くち​に​された。

    2 しゅ​は、わたし​の​くち​を​するどい​つるぎ​の​よう​に​して、​の​かげ​に​わたし​を​かくし、わたし​を​ました​​として、その​づつ​の​なか​に​わたし​を​かくされた。

    3 ​そして​わたし​に​われた。『おお、イスラエル​よ、あなた​は​わたし​の​しもべ​で​ある。わたし​は​あなた​に​よって​えいこう​を​よう。』

    4 ​その​とき、わたし​は​った。『わたし​は​いたずら​に​はたらき、えき​なく​むなしく​ちから​を​ついやした。まことに、わたし​へ​の​さばき​は​しゅ​と​ともに​あり、わたし​の​はたらき​は​かみ​と​ともに​ある。』

    5 ​わたし​が​胎内たいない​に​いた​とき​から、ヤコブ​を​ふたたび​しゅ​に​れ​もどす​ため​に​わたし​を​しもべ​と​された​しゅ​は​われる。『イスラエル​が​たとえ​あつめられなくて​も、わたし​は​しゅ​の​​に​かなって​えいこう​を​、わたし​の​かみ​は​わたし​の​ちから​と​なる。』

    6 しゅ​は​われた。『あなた​を​わたし​の​しもべ​として​ヤコブ​の​​もろもろ​の​ぞく​を​こさせ、イスラエル​の​まもられて​きた​もの​たち​を​回復かいふく​させる​の​は、ちいさな​こと​で​ある。わたし​は​また​あなた​を​ほうじん​の​ひかり​と​し、​の​て​まで​わたし​の​すくい​と​しよう。』

    7 ​イスラエル​の​あがなぬし、イスラエル​の​せいじゃ​なる​しゅ​は、ひと​に​あなどられる​もの、もろもろ​の​こくみん​に​み​きらわれる​ものおさめる​もの​の​しもべ​に​かって、『しゅ​が​真実しんじつ​で​ある​ため​に​もろもろ​の​おう​は​て​がり、もろもろ​の​おう​も​はいする』​と​われる。

    8 しゅ​は​こう​われる。『おお、う み​の​島々しまじま​よ、わたし​は​こころ​に​かなった​とき​に​あなた​の​こと​を​き、すくい​の​​に​あなた​を​たすけた。わたし​は​あなた​を​まもり、たみ​へ​の​せいやく​として、​わたし​の​しもべ​を​あなた​に​あたえて​​を​きずかせ、てた​ぎ​の​​を​あなた​に​がせよう。

    9 ​あなた​は​らえられて​いる​もの​たち​に「よ」と​い、くらやみ​に​して​いる​もの​たち​に「あらわれよ」と​う​こと​が​できる。かれら​は​みちすがら​食物しょくもつ​を​べ、その​まき​は​すべて​の​たかい​ところ​に​ある。

    10 かれら​は​え​かわく​こと​が​なく、ねつ​も​太陽たいよう​も​かれら​を​なやます​こと​は​ない。かれら​に​あわれみ​の​こころ​を​つ​もの​が​かれら​を​みちびき、いずみ​の​ほとり​に​かれら​を​れてく​から​で​ある。

    11 ​わたし​は​あらゆる​やま​を​みち​と​し、わたし​の​おお​を​たかく​する。

    12 ​そして、おお、イスラエル​の​いえ​よ、よ、​これら​の​もの​は​とおく​から​る。よ、これら​の​もの​は​きた​から、西にし​から、また​シニム​の​​から​る。』

    13 ​おお、てん​よ、うたえ。おお、​よ、よろこべ。ひがし​に​いる​もの​たち​の​あゆみ​が​さだまる​から​で​ある。おお、もろもろ​の​やま​よ、こえ​を​はなって​うたえ。かれら​は​もはや​たれる​こと​が​ない​から​で​ある。しゅ​は​ぶん​の​たみ​を​なぐさめ、また​くるしむ​もの​に​あわれみ​を​かけられる​から​で​ある。

    14 ​しかし​よ、シオン​は​った。『しゅ​は​わたし​を​てられた。わたし​の​しゅ​は​わたし​を​わすれられた。』​しかし、しゅ​は​そう​されなかった​こと​を​しめされる。

    15 おんな​が​​を​わすれ、ぶん​の​んだ​​を​あわれまない​こと​が​あろう​か。まことに、たとえ​おんな​たち​が​わすれようと​も、おお、イスラエル​の​いえ​よ、わたし​は​あなた​を​わすれない。

    16 よ、わたし​は​あなた​を、わたし​の​のひら​に​り​きざんだ。あなた​の​石垣いしがき​は​いつも​わたし​の​まえ​に​ある。

    17 ​あなた​の​そん​は、あなた​を​ほろぼす​もの​たち​に​すみやか​に​かい、あなた​を​らした​もの​たち​は、あなた​から​て​く。

    18 ​あなた​の​​を​げて​あたり​を​まわせ。これら​の​もの​は、みなあつまって​あなた​の​もと​に​る。』​しゅ​は​また​われる。『わたし​が​きて​いる​よう​に​たしか​に、あなた​は​かれら​を​みなかざもの​の​よう​に​​に​まとい、花嫁はなよめ​の​よう​に​かれら​を​おび​に​むすぶ。

    19 ​あなた​の​れ​おとろえた​ところ、あなた​の​こうはい​した​ところ、そして​あなた​の​ほろび​の​​は、いまに​ひと​が​む​に​は​せますぎる​よう​に​なり、あなた​を​のみくした​もの​たち​は​とおく​はなれ​る。

    20 ​あなた​が​さいしょ​の​ども​たち​を​うしなった​のち​に​さずかる​ども​たち​は、ふたたび​あなた​の​みみもと​で​う。「この​しょ​は​わたし​に​は​せますぎ​ます。わたし​が​める​よう​に​しょ​を​あたえて​ください。」

    21 ​その​とき、​あなた​は​こころ​の​なか​で​う。「だれ​が​これら​の​もの​を​んだ​の​か。わたし​は​ぶん​の​ども​たち​を​うしない、ども​を​さずからず、とらわれ​の​​と​なって​あちら​こちら​を​さまよい​あるいた​の​に。だれ​が​これら​の​もの​たち​を​そだてた​の​か。よ、わたし​は​ひとり​のこされて​いた​の​に、これら​の​もの​たち​は​どこ​に​いた​の​か。」』

    22 しゅ​なる​かみ​は​こう​われる。『よ、わたし​は​ほうじん​に​かって​​を​げ、もろもろ​の​たみ​に​かって​わたし​の​はた​を​かかげよう。すると​かれら​は​あなた​の​むす​たち​を​うで​に​き、あなた​の​むすめ​たち​を​かた​に​せて​る。

    23 おう​たち​は​あなた​の​よう​と​なり、おう​たち​は​あなた​の​よう​と​なる。かれら​は​かお​を​​に​けて​あなた​に​​を​かがめ、あなた​の​あし​の​ちり​を​なめる。こう​して​あなた​は、わたし​が​しゅ​で​ある​こと​を​る。わたし​を​のぞむ​もの​は​はじ​を​けない​から​で​ある。

    24 ゆう​から​もの​を​どうして​かえせよう​か。また​せいとう​な​りょ​を​どうして​すくい​せよう​か。』

    25 ​しかし、しゅ​は​この​よう​に​われる。『ゆう​の​らえた​りょ​さえ​かえされ、荒々あらあらしい​もの​に​うばわれた​もの​さえ​うばい​かえされる。わたし​は​あなた​と​あらそう​もの​と​あらそい、また​あなた​の​ども​たち​を​すくう​から​で​ある。

    26 ​わたし​は、あなた​を​しいたげる​もの​に​かれら​しん​の​にく​を​わせる。かれら​は、あまい​ぶどう​しゅ​に​う​よう​に​ぶん​の​​に​う。こう​して​すべて​の​もの​は、しゅ​なる​わたし​が​あなた​の​すくぬし、あなた​の​あがなぬし、ヤコブ​の​ちから​ある​もの​で​ある​こと​を​る​よう​に​なる。』」