ヒラマン書 2
    脚注

    第​2​章

    ヒラマン​の​むす​ヒラマン、だい​さばきつかさ​に​なる。ガデアントン、キシクメン​の​だん​を​ひきいる。ヒラマン​の​しもべ​が​キシクメン​を​ころし、ガデアントン​の​だん​は​​へ​げる。げんぜんやく​五十​ねん​から​四十九​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​四十二​ねん​に、モロナイハ​は​ニーファイじん​と​レーマンじん​の​あいだ​に​ふたたび​へい​を​成立せいりつ​させて​いた​が、さばきつかさ​の​しょく​に​く​ひと​は​だれ​も​いなかった。その​ため、だれ​が​さばきつかさ​の​しょく​に​く​べき​か​に​ついて、たみ​の​なか​に​ふたたび​あらそい​が​こった。

    2 ​そして、ヒラマン​の​むす​で​ある​ヒラマン​が、たみ​の​こえ​に​よって​えらばれ、さばきつかさ​の​しょく​に​いた。

    3 ​しかし​よ、ぜん​に​パホーラン​を​ころした​​キシクメン​は、ヒラマン​を​も​ころそう​と​して​せ​した。かれ​は​ぶん​の​なか​に​えん​され、その​なか​は​だれ​に​も​キシクメン​の​あく​を​らせない​と​いう​ちかい​を​てて​いた。

    4 おおく​の​こと​を​じょう​に​たくみ​に​あやつり、また​ひそか​に​さつじん​と​ごうとう​を​おこなう​わる​に​も​じょう​に​たけて​いた​​ガデアントン​と​いう​もの​が​いた。この​おとこ​は​この​よう​に​たくみ​な​もの​で​あった​ので、キシクメン​の​だん​の​しゅりょう​に​なった。

    5 ​そこで​かれ​は、なか​と​キシクメン​と​を​おだてて、もし​ぶん​を​さばきつかさ​の​しょく​に​かせて​くれる​なら​ば、だん​に​しょぞく​する​もの​たち​を​たみ​の​なか​で​けんりょく​と​けん​の​ある​​に​かせよう​と​った。そこで​キシクメン​は​ヒラマン​を​ころそう​と​した​の​で​ある。

    6 ​さて、キシクメン​が​ヒラマン​を​ころす​ため​に​さばきつかさ​の​もと​へ​かって​いた​とき、ヒラマン​の​しもべ​に​った。この​しもべ​は、まえ​に​よるて​って​姿すがた​を​えて​この​だん​に​まぎみ、この​だん​が​ヒラマン​を​ころす​ため​に​くわだてた​けいかく​を​って​いた。

    7 ​そこで​かれ​は、キシクメン​に​う​と​あい​を​おくった。それで​キシクメン​は​ぶん​が​しよう​と​して​いる​こと​を​け、ヒラマン​を​ころせる​よう​に​ぶん​を​さばきつかさ​の​せき​に​案内あんない​して​もらいたい​と​った。

    8 ​ヒラマン​の​しもべ​は​キシクメン​の​こころ​が​すべて​かった。ひと​を​ころす​こと​が​かれ​の​もくてき​で​あり、また​ひと​を​ころし、ぬすみ、けんりょく​を​る​こと​が​かれ​の​だん​に​しょぞく​して​いる​すべて​の​もの​の​もくてき​で​あった。(これ​が​かれら​の​陰謀いんぼう​で​あり、かれら​の​けっしゃ​で​ある。)ヒラマン​の​しもべ​は​この​こと​を​る​と、キシクメン​に、「さばきつかさ​の​せき​へ​こう」と​った。

    9 ​キシクメン​は​これ​を​じょう​に​よろこんだ。ぶん​の​くわだて​を​げられる​と​おもった​から​で​ある。ところが​よ、さばきつかさ​の​せき​へ​く​ちゅう、ヒラマン​の​しもべ​が​キシクメン​を​心臓しんぞう​まで​した​ので、キシクメン​は​うめき​ごえ​さえ​てず​に​んで​たおれた。そこで、ヒラマン​の​しもべ​は​はしって​き、ぶん​が​た​こと、いた​こと、おこなった​こと​を​すべて​ヒラマン​に​げた。

    10 ​そこで​ヒラマン​は、この​ごうとうだん​の​もの​たち​を​ほうりつ​に​よって​処刑しょけい​する​ため​に、人々ひとびと​を​おくって​かれら​を​らえよう​と​した。

    11 ​しかし​よ、ガデアントン​は、キシクメン​が​かえって​ない​の​を​る​と、ぶん​が​ころされる​こと​に​なる​の​で​は​ない​か​と​ひどく​心配しんぱい​に​なり、なか​に​ぶん​に​ついて​る​よう​に​げた。そして​かれら​は、間道かんどう​を​とおって​その​​から​​へ​した。したがって、ヒラマン​が​かれら​を​らえる​ため​に​人々ひとびと​を​おくった​とき​に​は、かれら​は​どこ​に​も​いなかった。

    12 ​この​ガデアントン​の​こと​は、あと​で​もっと​べる​こと​に​する。この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​四十二​ねん​が​わった。

    13 ​そして​よ、あなたがた​は​本書ほんしょ​の​わり​で、この​​ガデアントン​が​ニーファイ​の​たみ​を​くつがえす、まことに​ほとんど​完全かんぜん​に​ほろぼして​しまう​もと​に​なる​こと​を​る​で​あろう。

    14 よ、わたし​が​う​の​は、ヒラマンしょ​の​わり​で​は​なく、わたし​が​これまで​いて​きた​すべて​の​はなし​の​もと​で​ある​ニーファイ​の​しょ​の​わり​の​こと​で​ある。