聖典
ヒラマン書 15
戻る 次へ

第​15​章

しゅ​は​ニーファイじん​を​あいして​おられた​ので、かれら​を​らしめられた。改宗かいしゅう​した​レーマンじん​は​しんこう​が​かっ​と​して​けん​で​ある。しゅ​は​まつじつ​に​レーマンじん​に​あわれみ​を​かけられる。げんぜんやく​六​ねん

1 「わたし​の​あいする​同胞はらから​よ、よ、あなたがた​に​げる。あらため​なければ、あなたがた​の​いえ​は​てた​まま​のこされる​で​あろう。

2 ​まことに、あなたがた​が​あらため​なければ、あなたがた​の​じん​たち​は​ちち​を​ませる​​に​なげき​かなしむ​こと​に​なる。あなたがた​は​げよう​と​する​が、け​どころ​と​なる​しょ​が​ない。また、ども​を​宿やどして​いる​じん​たち​は​わざわい​で​ある。おも​で​げられない​から​で​ある。したがって、その​じん​たち​は​みにじられ、り​に​されて​ぬ​で​あろう。

3 ​まことに、ニーファイ​の​たみ​と​ばれて​いる​この​たみ​は、ぶん​たち​に​しめされる​これら​の​しるし​と​​を​すべて​る​とき​に、あらため​なければ​わざわい​で​ある。まことに、かれら​は​しゅ​の​えらばれた​たみ​で​あった​から​で​ある。まことに、ニーファイ​の​たみ​を​しゅ​は​あいして​こられ、また​しゅ​は​この​たみ​を​らしめて​こられた。しゅ​は​ニーファイ​の​たみ​を​あいして​おられた​ので、かれら​が​ざいあく​を​おかした​​に​かれら​を​らしめられた。

4 ​しかし​よ、わたし​の​同胞はらから​よ、しゅ​は​レーマンじん​を​にくんで​こられた。かれら​の​おこない​が​いつも​わるかった​から​で​あり、これ​は​かれら​の​せん​の​つたえ​が​ただしく​なかった​ため​で​ある。ところが​よ、ニーファイじん​の​宣教せんきょう​に​よって、すくい​が​レーマンじん​に​あたえられ、この​ため​に​しゅ​は​かれら​の​だい​を​き​ばされた。

5 ​また​あなたがた​は、レーマンじん​の​大半たいはん​が​ぶん​の​​の​みち​に​あり、かみ​の​まえ​を​ちゅうぶかく​あゆみ、モーセ​の​りっぽう​に​したがって​かみ​の​いましめ​と​かみ​の​おきて​と​かみ​の​裁決さいけつ​を​まもる​よう​に​つとめて​いる​の​を、て​もらいたい。

6 ​まことに、あなたがた​に​う​が、かれら​の​大半たいはん​が​この​よう​に​おこなって​いる。そして​かれら​は、のこり​の​同胞はらから​に​も​しん​を​らせよう​と​熱心ねっしん​に​勤勉きんべん​に​つとめて​いる​ので、かれら​の​なか​に​くわわる​もの​が​おおい。

7 よ、あなたがた​しんて​って​いる​とおり、かれら​の​おおく​は​いましん​を​って​おり、かれら​の​せん​の​つたえ​が​じゃあく​で​まわしい​こと​も​って​おり、また​聖文せいぶん、まことに​しるされて​いる​せい​なる​げんしゃ​たち​の​げん​を​しんじる​よう​に​なって​いる。これら​の​げん​は​しゅ​を​しんじる​しんこう​と​あらため​に​かれら​を​みちびき、その​しんこう​と​あらため​が​かれら​に​こころ​の​へん​を​もたらして​いる。

8 ​したがって、あなたがた​しんって​いる​とおり、この​よう​に​なった​もの​は​みなしんこう​に​おいて、また​かれら​に​ゆう​を​​させた​ことがら​に​おいて​かっ​と​して​けん​で​ある。

9 ​また、あなたがた​も​って​いる​よう​に、かれら​は​ぶん​たち​の​​を​めて​しまった。そして​かれら​は、けっして​つみ​を​おかして​は​ならない​と​おもい、​を​る​こと​を​おそれて​いる。まことに、あなたがた​は​かれら​が​つみ​を​おかす​の​を​おそれて​いる​の​を​る​こと​が​できる。よ、かれら​は​てき​に​みにじられて​ころされる​に​まかせ、てき​に​たいして​つるぎ​を​げよう​と​しない。これ​は、かれら​が​キリスト​を​しんじて​いる​ため​で​ある。

10 ​また​かれら​に​は、ぶん​の​しんじて​いる​こと​を​しんじる​かっ​と​した​つよさ​が​あり、一度ひとたび啓発けいはつ​される​と​かたく​まもり​とおす​つよさ​も​ある​ので、かれら​が​ざいあく​を​おかした​に​も​かかわらず、よ、しゅ​は​将来しょうらいかれら​を​しゅくふく​し、かれら​の​だい​を​き​ばされる​で​あろう。

11 ​まことに、たとえ​かれら​が​しんこう​に​おちいった​と​して​も、しゅ​は​かれら​の​だい​を​き​ばされ、わたしたち​の​せん​と​げんしゃ​ゼノス​と​その​ほか​おおく​の​げんしゃ​が​かたって​きた​とき​が​おとずれる​で​あろう。すなわち、同胞はらから​で​ある​レーマンじん​に、ふたたび​ぜん​の​よう​に​しん​が​らされる​こと​に​ついて​かたって​きた、その​とき​が​おとずれる​で​あろう。

12 ​まことに、あなたがた​に​う。すえ​の​だい​に​おける​しゅ​の​やくそく​は​わたしたち​の​同胞はらから​で​ある​レーマンじん​に​あたえられて​いる。かれら​は​おおく​の​なん​に​い、​の​おもて​で​あちら​こちら​へ​てられ、され、たれ、ひろく​らされて、け​どころ​と​なる​しょ​が​なくなる​に​も​かかわらず、しゅ​は​かれら​に​あわれみ​を​かけられる。

13 ​これ​は、かれら​が​真実しんじつ​の​しき、すなわち​かれら​の​あがなぬしかれら​の​おおいなる​まこと​の​ひつじい​を​る​しき​に​ふたたび​みちびかれて、その​ひつじい​の​ひつじ​の​なか​に​かぞえられる​と​いう​げん​に​かなって​いる。

14 ​したがって、あなたがた​に​う。あなたがた​が​あらため​なければ、かれら​の​ほう​が​あなたがた​より​も​さいわい​で​ある。

15 よ、これまで​あなたがた​に​しめされて​きた​ちから​ある​わざ​が、かれら​に、まことに​せん​の​つたえ​の​ため​に​しんこう​に​おちいって​いる​かれら​に​しめされて​いた​なら​ば、かれら​は​けっして​​と​しんこう​に​おちいらなかった​で​あろう。あなたがた​しん、それ​を​る​こと​が​できる。

16 ​したがって​しゅ​は、『かれら​を​完全かんぜん​に​は​ほろぼさず、わたし​の​​に​かなう​​に、かれら​を​ふたたび​わたし​に​ち​かえらせよう』​と​われる。

17 ​また​よ、しゅ​は、ニーファイじん​の​たみ​に​ついて、『もし​かれら​が​あらためて​わたし​の​おもい​を​おこなう​よう​に​つとめ​なければ、わたし​が​かれら​の​なか​で​おこなって​きた​おおく​の​ちから​ある​わざ​に​も​かかわらず、かれら​は​しんこう​で​ある​ので、わたし​は​かれら​を​ことごとく​ほろぼそう。しゅ​が​きて​いる​よう​に​たしか​に、これら​の​こと​は​おこなわれる』​と​われる。」