エテル書 4
    脚注
    Theme

    第​4​章

    モロナイ、ヤレド​の​きょうだい​の​ろく​を​ふうじる​よう​に​めいじられる。その​ろく​は、人々ひとびと​が​ヤレド​の​きょうだい​の​よう​な​しんこう​を​つ​まで​あきらか​に​されない。キリスト、ぶん​の​こと​と​​たち​の​こと​を​しんじる​よう​に​人々ひとびと​に​めいじられる。人々ひとびと​は、あらためて​ふくいん​を​しんじる​こと​に​よって​すくい​を​る​よう​に​めいじられる。

    1 しゅ​は​ヤレド​の​きょうだい​に、しゅ​の​まえ​を​って​やま​を​くだり、た​こと​を​しるす​よう​に​めいじられた。しかし、しるす​内容ないよう​は、しゅ​が​じゅう​に​げられる​のち​まで、ひと​の​ら​に​あきらか​に​する​の​を​きんじられた。この​ため​に​モーサヤ​おう​は、キリスト​が​ぶん​の​たみ​に​しん​を​あらわされる​のち​まで、その​ろく​が​​の​人々ひとびと​に​あきらか​に​される​こと​の​ない​よう​に​ぞん​した​の​で​あった。

    2 ​そして​キリスト​は、じっさい​に​ぶん​の​たみ​に​しん​を​あらわされた​のち、それ​を​あきらか​に​する​よう​に​と​めいじられた​の​で​ある。

    3 ​そののちかれら​は​みなしんこう​に​おちいり、いま​は​レーマンじん​の​ほか​に​は​だれ​も​いない。そして、レーマンじん​も​キリスト​の​ふくいん​を​こばんだ​ので、わたし​は​その​ろく​を​ふたたび​​の​なか​に​かくす​よう​に​めいじられて​いる。

    4 よ、わたし​は、ヤレド​の​きょうだい​が​た​とおり​の​こと​を​この​はん​に​しるした。ヤレド​の​きょうだい​に​あきらか​に​された​こと​じょう​に​おおいなる​こと​は、いまだ​かつて​あきらか​に​された​こと​が​ない。

    5 ​そこで​しゅ​は​わたし​に、それら​の​こと​を​しるす​よう​に​めいじられた。そして、わたし​は​それ​を​しるした。すると、しゅ​は​わたし​に、それ​を​ふうじる​よう​に​めいじられた。また、しゅ​が​その​かいやく​も​ふうじる​よう​に​と​めいじられた​ので、わたし​は​しゅ​の​めいじられた​とおり​に​かいやく​も​ふうじた。

    6 しゅ​が​わたし​に、「ほうじん​が​かれら​の​ざいあく​を​あらためて、わたし​の​まえ​に​きよく​なる​​まで、これら​の​もの​は​ほうじん​に​つたわる​こと​が​ない​で​あろう」と​われた​から​で​ある。

    7 ​また、しゅ​は​われる。「かれら​が​わたし​に​よって​きよい​もの​と​なる​ため​に、ヤレド​の​きょうだい​の​よう​に​わたし​を​しんじる​​に、わたし​は​ヤレド​の​きょうだい​が​た​こと​を​かれら​に​しめし、わたし​が​けい​した​こと​を​すべて​かれら​に​あきらか​に​しよう」と、かみ​の​おん​で​あり、てん​と​その​なか​に​ある​万物ばんぶつ​の​ちち​で​ある​イエス・​キリスト​は​われる。

    8 しゅ​の​こと​に​さからう​もの​は​のろわれよ。これら​の​こと​を​てい​する​もの​も​のろわれよ。わたし​は​その​よう​な​もの​に​は、​これ​じょうおおいなる​こと​を​しめすまい。この​よう​に​かたる​の​は​わたし​で​ある」と、イエス・​キリスト​は​われる。

    9 「わたし​の​命令めいれい​で​てん​は​ひらかれ、また​ざされる。わたし​の​こと​で​​は​れ​うごく。また、わたし​の​命令めいれい​で、​に​む​もの​は​まさに​​で​かれる​よう​に​して​​を​る。

    10 ​わたし​の​こと​を​しんじない​もの​は、わたし​の​​たち​を​も​しんじない。わたし​が​かたって​いない​か​どう​か、かんがえて​み​なさい。いまかたって​いる​の​が​わたし​で​ある​こと​を、あなたがた​は​わり​の​​に​る​で​あろう。

    11 ​わたし​が​かたった​これら​の​こと​を​しんじる​もの​に、わたし​は​わたし​の​たま​の​しめし​を​あたえる​ので、その​もの​は​って、あかし​を​べる​で​あろう。わたし​の​たま​の​ゆえ​に、その​ひと​は​これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​る​で​あろう。わたし​の​たま​は、ぜん​を​おこなう​よう​に​人々ひとびと​を​うながす​から​で​ある。

    12 ぜん​を​おこなう​よう​に​人々ひとびと​を​うながす​もの​は​すべて、わたし​から​る。ぜん​は​わたし​がい​の​もの​から​は​ない。人々ひとびと​を​あらゆる​ぜん​に​みちびく​もの​は​わたし​で​ある。わたし​の​こと​を​しんじない​もの​は、わたし​を、すなわち​わたし​が​じつざい​して​いる​こと​を​しんじない。わたし​を​しんじない​もの​は、わたし​を​つかわされた​ちち​を​も​しんじない。よ、わたし​は​ちち​で​あり、ひかり​で​あり、いのち​で​あり、​の​しん​で​ある。

    13 ​おお、ほうじん​よ、​わたし​の​もと​に​なさい。わたし​は​もっと​おおいなる​こと、すなわち​しんこう​の​ため​に​かくされて​いる​しき​を​あなたがた​に​しめそう。

    14 ​おお、イスラエル​の​いえ​よ、わたし​の​もと​に​なさい。ちち​が​​の​はじめ​から、あなたがた​の​ため​に​どれ​ほど​おおいなる​もの​を​そなえて​こられた​か​を、あなたがた​に​しめそう。それ​が​まだ​あなたがた​に​らされて​いない​の​は、しんこう​の​ため​で​ある。

    15 よ、おお、イスラエル​の​いえ​よ、あなたがた​を​おそろしい​じゃあく​な​じょうたいこころ​の​かたくな​な​じょうたいおもい​を​くらまされた​じょうたい​に​とどめ​させる​あの​しんこう​の​まく​を​あなたがた​が​く​とき、​の​はじめ​から​あなたがた​に​たいして​かくされて​きた​おおいなる​おどろく​べき​こと​が​あきらか​に​される​で​あろう。まことに、くだかれた​こころ​と​いる​れい​を​もって​わたし​の​​に​よって​ちち​に​び​もとめる​とき、あなたがた​は、ちち​が​あなたがた​の​せん​に​てられた​せいやく​を​すでに​おもされた​こと​を​る​で​あろう。

    16 ​そののち、わたし​が​しもべ​ヨハネ​に​き​しるさせた​わたし​の​けい​は、すべて​の​たみ​の​​に​あきらか​に​される​で​あろう。おぼえて​おき​なさい。あなたがた​は​これら​の​こと​を​​に​する​とき、その​けい​が​じっさい​に​あきらか​に​される​とき​の​ちかい​こと​が​かる​で​あろう。

    17 ​したがって、あなたがた​は​​この​ろく​を​ける​とき、ちち​の​わざ​が​​の​全面ぜんめん​で​はじまって​いる​の​を​る​で​あろう。

    18 ​だから、​の​て​に​いたる​すべて​の​もの​よ、あらためて​わたし​の​もと​に​なさい。そして、わたし​の​ふくいん​を​しんじて、わたし​の​​に​よって​​バプテスマ​を​け​なさい。しんじて​バプテスマ​を​ける​もの​は​すくわれる。しかし、しんじない​もの​は​ばつ​の​さだめ​を​ける。わたし​の​​を​しんじる​もの​に​は​​しるし​が​ともなう。

    19 わり​の​​に、わたし​の​​に​ちゅうじつ​で​ある​と​みとめられる​もの​は​さいわい​で​ある。その​よう​な​もの​は​たかく​げられて、​の​はじめ​から​よう​されて​いる​おうこく​に​む​で​あろう。よ、これ​を​かたった​の​は​わたし​で​ある。アーメン。」