エテル書 2
    脚注

    第​2​章

    ヤレドじんやくそく​の​​へ​たびつ​よう​を​する。やくそく​の​​は​えりき​の​​で​あり、この​​の​人々ひとびと​は​キリスト​に​つかえ​なければ​いっそう​される。しゅ​は​三​かん​ヤレド​の​きょうだい​に​かたられる。ヤレドじんすうせき​の​ふね​を​つくる。しゅ​は​ヤレド​の​きょうだい​に、どの​よう​に​して​船内せんない​を​あかるく​する​こと​を​のぞむ​か​お​たずね​に​なる。

    1 ​さて、ヤレド​と​かれ​の​きょうだい​と、かれら​の​ぞく​と、ヤレド​の​友人ゆうじん​たち​と、ヤレド​の​きょうだい​の​友人ゆうじん​たち​と、友人ゆうじん​たち​の​ぞく​は、かれら​の​あつめた​あらゆる​ちく​の​れ​を​おす​も​めす​も​れて、北方ほっぽう​に​ある​たに​に​くだって​った。(その​たに​の​​は、ちから​ある​狩人かりゅうど​に​ちなんで​けられ、​ニムロデ​と​いった。)

    2 かれら​は​また、わな​を​けて​そら​の​とり​を​らえた。また、うつわ​を​よう​して​みず​の​うお​を​はこんだ。

    3 ​また、かれら​は​デゼレト​も​はこんだ。デゼレト​と​は、蜜蜂みつばち​と​いう​​で​ある。この​よう​に​して、かれら​は​いくつ​か​の​はち​の​れ​を​はこび、また​​の​おもて​に​ある​あらゆる​もの、あらゆる​たね​も​たずさえて​った。

    4 ​さて、かれら​が​ニムロデ​の​たに​に​くだって​く​と、しゅ​が​くだって​て、ヤレド​の​きょうだい​と​はなされた。しかし、しゅ​は​くも​の​なか​に​おられた​ので、ヤレド​の​きょうだい​に​は​しゅ​が​えなかった。

    5 ​そこで​しゅ​は​かれら​に、​の​なか​へ、すなわち、これまで​ひと​が​けっして​んだ​こと​の​ない​ほう​へ​く​よう​に​めいじられた。そして、しゅ​は​かれら​の​まえ​を​かれた。また、しゅ​は​くも​の​なか​に​って​かれら​と​はなし、かれら​の​たび​を​する​ほうこう​に​ついて​​を​あたえられた。

    6 ​そこで、かれら​は​​を​たび​し、すうせき​の​ふね​を​つくって​それ​で​おおく​の​みず​を​わたり、えず​しゅ​の​​に​みちびかれて​った。

    7 しゅ​は、かれら​が​う み​を​えた​​に​とどまる​こと​を​ゆるさず、かれら​が​やくそく​の​​まで​く​こと​を​のぞまれた。やくそく​の​​と​は、ほか​の​あらゆる​​に​まさった​えりき​の​​で、しゅ​なる​かみ​が​​に​かなった​たみ​の​ため​に​のこして​おかれた​ところ​で​ある。

    8 ​また​しゅ​は​はげしく​いかって、この​やくそく​の​​を​しょゆう​する​もの​は​だれでも​その​とき​から​のち​とこしえ​に、しゅ​に、すなわち​まこと​の​唯一ゆいいつ​の​かみ​に​つかえ​なければ​ならず、さもなければ​かみ​の​かぎりない​いかり​が​かれら​に​くだる​とき​に​かれら​は​いっそう​される​と、ヤレド​の​きょうだい​に​ちかって​おられた。

    9 ​さて、わたしたち​は、やくそく​の​​で​ある​この​​に​ついて​かみ​の​さだめ​を​る​こと​が​できる。この​​を​しょゆう​する​こくみん​は​どの​こくみん​も​かみ​に​つかえ​なければ​ならない。さもなければ、かみ​の​かぎりない​いかり​が​かれら​に​くだる​とき​に​かれら​は​いっそう​される。また、かれら​の​ざいあく​が​じゅくした​とき​に、かみ​の​かぎりない​いかり​が​かれら​に​くだる​の​で​ある。

    10 よ、まことに​この​​が、ほか​の​あらゆる​​に​まさった​えりき​の​​だから​で​ある。したがって、この​​を​しょゆう​する​もの​は​かみ​に​つかえ​なければ​ならない。さもなければ​いっそう​される。これ​は​かみ​の​永遠えいえん​の​さだめ​で​ある。しかし、この​​の​ら​の​なか​に​ざいあく​が​ちる​まで、かれら​が​いっそう​される​こと​は​ない。

    11 ​おお、ほうじん​よ、この​ろく​を​あなたがた​に​つたえる​の​は、あなたがた​に​かみ​の​さだめ​を​らせる​ため​で​ある。また、あなたがた​が​あらためて、ざいあく​の​ちる​まで​あなたがた​の​ざいあく​を​つづける​こと​の​ない​よう​に、また​これまで、この​​に​む​たみ​が​ぶん​の​うえ​に​かみ​の​かぎりない​いかり​を​まねいて​きた​よう​な​こと​を、あなたがた​も​する​こと​の​ない​よう​に​させる​ため​で​ある。

    12 よ、この​​は​えりき​の​​で​あり、この​​を​しょゆう​する​たみ​は​どの​こくみん​も、この​​の​かみ​に​つかえ​さえ​すれ​ば、れい​の​じょうたい​に​も​とらわれ​の​​に​も​なる​こと​なく、てん​の​ほか​の​どの​よう​な​こくみん​から​も​はい​を​けない。この​​の​かみ​と​は​イエス・​キリスト​で​あり、わたしたち​が​しるして​きた​こと​に​よって、あきらか​に​された​かた​で​ある。

    13 ​さて、わたし​は​ぶん​の​ろく​を​つづけよう。よ、しゅ​は​ヤレド​と​かれ​の​どうこうしゃ​たち​を、りく​と​りく​を​けて​いる​おおう み​まで​みちびかれた。そこで​かれら​は、う み​に​く​と​てんまく​を​り、その​しょ​を​モリアンカマー​と​けた。そして、かれら​は​てんまく​に​んだ。かれら​は​四​年間ねんかん、その​海岸かいがん​で​てんまく​に​んだ。

    14 ​さて、四​ねん​の​わり​に、しゅ​は​ふたたび​ヤレド​の​きょうだい​を​おとずれ、くも​の​なか​に​って​かれ​と​はなされた。そして、しゅ​は​三​かん​ヤレド​の​きょうだい​と​はなし、かれ​が​しゅ​の​​を​ぶ​こと​を​おもこさなかった​ので、かれ​を​らしめられた。

    15 ​そこで​ヤレド​の​きょうだい​は、ぶん​が​おこなった​あく​を​あらため、ぶん​と​ともに​いた​どうこうしゃ​たち​の​ため​に​しゅ​の​​を​んだ。すると、しゅ​は​かれ​に​われた。「わたし​は​あなた​を​ゆるし、また​あなた​の​どうこうしゃ​たち​の​つみ​を​ゆるそう。あなた​は​もう​つみ​を​おかして​は​ならない。あなたがた​は​おぼえて​おき​なさい。わたし​の​たま​は​いつでも​ひと​を​はげます​わけ​で​は​ない。したがって​あなたがた​は、つみ​の​じゅくする​まで​つみ​を​おかす​なら​ば、しゅ​の​まえ​から​たれる​で​あろう。これ​が、ぎ​として​あなたがた​に​あたえる​​に​ついて​の​わたし​の​かんがえ​で​ある。なぜなら​ば、この​​は、ほか​の​あらゆる​​に​まさった​​えりき​の​​だから​で​ある。」

    16 ​また​しゅ​は、「ごと​に​りかかり、あなたがた​が​まえ​に​つくった​ふね​に​ならって​ふね​を​つくり​なさい」と​われた。そこで、ヤレド​の​きょうだい​と​かれ​の​どうこうしゃ​たち​は​ごと​に​りかかり、しゅ​の​​の​とおり​に、かれら​が​かつて​つくった​ほうほう​で​すうせき​の​ふね​を​つくった。その​ふね​は​ちいさく、みず​の​うえ​に​かるく​き、まるで​みず​の​うえ​に​かるく​いた​とり​の​よう​で​あった。

    17 ​また​その​ふね​は、​が​なく​じょう​に​よく​つくられて​おり、みず​の​れない​こと​は​さら​の​よう​で​あった。その​船底ふなぞこ​は​さら​の​よう​に​​が​なく、船腹せんぷく​も​さら​の​よう​に​​が​なく、ふね​の​へさき​と​とも​は​とがって​おり、ふね​の​​も​さら​の​よう​に​​が​なく、その​ふね​の​ながさ​は​一ぽん​の​​の​ながさ​で​あった。また、ふね​の​ぐち​は、じる​と​さら​の​よう​に​​が​なかった。

    18 ​さて、ヤレド​の​きょうだい​は​しゅ​に​いのって​った。「おお、しゅ​よ、わたし​は​あなた​から​めいじられた​つとめ​を​たし、あなた​から​​された​とおり​に​ふね​を​つくり​ました。

    19 ​まことに、おお、しゅ​よ、ふね​の​なか​に​は​ひかり​が​あり​ません。わたしたち​は​どこ​へ​かえ​ば​よい​の​でしょう​か。また、わたしたち​は​んで​しまう​こと​でしょう。ふね​の​なか​に​ある​くう​だけ​で​は​きゅう​が​できなく​なる​から​です。それゆえ、わたしたち​は​んで​しまう​でしょう。」

    20 ​すると、しゅ​は​ヤレド​の​きょうだい​に​われた。「よ、​と​船底ふなぞこ​に​一つ​ずつ​あな​を​つくり​なさい。そして、くう​で​くるしむ​よう​に​なったら、その​あな​の​せん​を​いて​くう​を​れ​なさい。もし​みず​が​はいって​る​よう​で​あれ​ば、みず​が​あふれて​ぬ​こと​の​ない​よう​に、よ、その​あな​を​ふさぎ​なさい。」

    21 ​そこで​ヤレド​の​きょうだい​は、しゅ​から​めいじられた​とおり​に​した。

    22 ​そして、かれ​は​ふたたび​しゅ​に​いのって​った。「おお、しゅ​よ、わたし​は​あなた​から​めいじられた​よう​に​おこない​ました。そして、わたし​の​たみ​の​ため​に​ふね​を​じゅん​しました。しかし、ふね​の​なか​に​は​ひかり​が​あり​ません。まことに、おお、しゅ​よ、あなた​は​わたしたち​に、くらやみ​の​なか​で​この​おおう み​を​わたらせよう​と​なさる​お​つもり​です​か。」

    23 しゅ​は​ヤレド​の​きょうだい​に​われた。「あなたがた​は、ふね​の​なか​に​ひかり​が​ある​よう​に​する​ため​に、わたし​に​なに​を​して​もらいたい​の​か。まど​は​ばらばら​に​くだける​ので、よ、まど​を​ける​こと​は​できない。また、​を​たずさえる​こと​も​ない。​の​ひかり​を​使つかって​たび​を​する​こと​は​ない​から​で​ある。

    24 よ、あなたがた​は、う み​の​なか​の​くじら​の​よう​に​なる​で​あろう。やま​の​よう​な​なみ​が​あなたがた​に​ちつける。しかし、わたし​は​ふたたび​う み​の​ふかみ​から​あなたがた​を​そう。かぜ​は​わたし​の​くち​から​し、また​あめ​と​おおく​の​みず​も​わたし​は​おくした。

    25 よ、わたし​は​これら​の​もの​に​たいして​あなたがた​を​そなえ​させる。わたし​が​う み​の​なみ​と、きつける​かぜ​と、せ​る​おおく​の​みず​に​たいして​あなたがた​を​そなえ​させ​なければ、あなたがた​は​この​おおいなる​ふかみ​を​わたる​こと​が​できない​から​で​ある。したがって、あなたがた​が​う み​の​ふかみ​に​のまれる​とき​に​ひかり​が​ある​よう​に、あなたがた​は​わたし​に​なに​を​して​もらいたい​か。」