エテル書 13
    脚注

    第​13​章

    エテル、ヨセフ​の​そん​に​よって​しん​エルサレム​が​アメリカ​に​きずかれる​こと​を​べる。エテル​は​げん​し、され、ヤレドじん​の​れき​を​しるし、ヤレドじん​の​めつぼう​を​こく​する。ぜん​で​はげしい​せんそう​が​こる。

    1 ​さて、わたし​モロナイ​は、これまで​この​たみ​の​こと​を​しるして​きた​が、たみ​の​めつぼう​に​ついて​の​わたし​の​ろく​を​つづけて、これ​を​える​こと​に​しよう。

    2 よ、かれら​は​エテル​の​こと​を​ことごとく​こばんだ。エテル​は、ひと​の​はじまり​から​の​いっさい​の​こと​を​じっさい​に​かれら​に​げた。みず​が​この​​の​おもて​から​いた​のち、この​​が​ほか​の​あらゆる​​に​まさった​えりき​の​、すなわち​しゅ​の​えらばれた​​に​なった​ので、しゅ​は​この​​の​おもて​に​む​すべて​の​ひと​に、ぶん​に​つかえる​こと​を​のぞまれた​と、エテル​は​げた。

    3 ​また​この​​は​しん​エルサレム​が​てん​から​くだって​る​しょ​で​あり、しゅ​の​せいじょ​で​ある​と、かれ​は​げた。

    4 よ、エテル​は​キリスト​の​だい​を​​に​し、また​この​​の​しん​エルサレム​に​ついて​べた。

    5 かれ​は​イスラエル​の​いえ​と、​リーハイ​が​て​る​​エルサレム​に​ついて​も​べた。エルサレム​は​かい​された​のちしゅ​の​ため​に​せい​なる​みやこ​として​ふたたび​きずかれる。したがって、それ​は​むかしそんざい​して​いた​ので、あたらしい​エルサレム​で​は​ありない​が、それ​は​ふたたび​きずかれて、しゅ​の​せい​なる​みやこ​と​なる。それ​は​イスラエル​の​いえ​の​ため​に​きずかれる。

    6 ​また​しん​エルサレム​は、​ヨセフ​の​そん​の​のこり​の​もの​の​ため​に​この​​に​きずかれる。この​こと​に​ついて​は​すでに​けい​が​あった。

    7 ​ヨセフ​は​ぶん​の​ちち​を​​エジプト​の​​に​みちびいた​ので、ちち​は​そこ​で​んだ。そして​しゅ​は、ヨセフ​の​ちち​が​ほろびない​よう​に、かれ​に​あわれみ​を​かけられた​と​どうよう​に、ヨセフ​の​そん​が​ほろびない​よう​に、かれら​に​あわれみ​を​かけ、ヨセフ​の​そん​の​のこり​の​もの​を​エルサレム​の​​から​みちびき​された。

    8 ​ヨセフ​の​いえ​の​のこり​の​もの​は​将来しょうらい​この​​で​えて、この​​は​かれら​の​ぎ​の​​と​なる。そして、かれら​は​しゅ​の​ため​に​むかし​の​エルサレム​の​よう​な​せい​なる​みやこ​を​きずく。また、かれら​は​​もはや​みだされる​こと​は​なく、わり​が​て​だい​が​る。

    9 ​しかも、あたらしい​てん​と​あたらしい​​が​ある。その​てん​と​​は​ぜん​の​もの​に​て​いる。ただ​ぜん​の​もの​は​り、すべて​の​もの​が​あたらしく​なる​だけ​で​ある。

    10 ​そののちしん​エルサレム​が​る。そこ​に​む​もの​たち​は​さいわい​で​ある。かれら​の​ころも​は​ひつじ​の​​に​よって​しろい​から​で​ある。かれら​は、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​ヨセフ​の​そん​の​のこり​の​もの​の​なか​に​かぞえられる​もの​たち​で​ある。

    11 ​また​その​とき​に、むかし​の​エルサレム​も​る。そこ​に​む​もの​たち​は​さいわい​で​ある。かれら​は、ひつじ​の​​に​よって​あらわれて​いる​から​で​ある。かれら​は​らされた​のち​に、​の​ほう​および​きた​の​ほう​から​あつめられた​もの​たち​で​あり、かみ​が​かれら​の​せん​アブラハム​と​わされた​せいやく​を​たされる​とき​に、それ​に​あずかる​もの​たち​で​ある。

    12 ​これら​の​こと​が​こる​とき​に、さき​に​いた​もの​で​あと​に​なる​もの​が​おり、また​あと​に​いた​もの​で​さき​に​なる​もの​が​いる、と​いう​聖文せいぶん​が​じつ​と​なる。

    13 ​わたし​は​もっと​しるそう​と​した​が、そう​する​こと​を​きんじられた。エテル​の​げん​は​おおいなる​おどろく​べき​もの​で​あった。ところが​たみ​は、かれ​を​る​に​りない​もの​と​なして、して​しまった。そこで​かれ​は​日中にっちゅう​は​いわ​の​洞穴ほらあな​に​​を​かくし、よる​に​て​って、たみ​に​およぶ​様々さまざま​な​ごと​を​た。

    14 ​また​かれ​は​いわ​の​洞穴ほらあな​に​んで​いた​とき​に、たみ​に​およんだ​めつぼう​を​よる​の​あいだ​に​て、この​ろく​の​のこり​の​ぶん​を​しるした。

    15 ​さて、かれ​が​たみ​の​なか​から​された​その​とし​に、たみ​の​なか​に​おおきな​せんそう​が​はじまり、ちから​の​ある​もの​たち​が​おおく​って、まえ​に​べた​あく​の​みつ​の​はかりごと​に​よって、コリアンタマー​を​ほろぼそう​と​した。

    16 ​ところが​コリアンタマー​しん​も、あらゆる​戦術せんじゅつ​と​​の​あらゆる​わる​を​研究けんきゅう​して​いた​ので、ぶん​を​ほろぼそう​と​した​もの​たち​を​めた。

    17 ​しかし​かれ​は​あらためなかった。また、かれ​の​うるわしい​むす​たち​や​むすめ​たち​も、コーホル​の​うるわしい​むす​たち​や​むすめ​たち​も、コリホル​の​うるわしい​むす​たち​や​むすめ​たち​も、ようするに​ぜん​の​おもて​に​いる​うるわしい​むす​たち​と​むすめ​たち​は​だれ​ひとぶん​の​つみ​を​あらためなかった。

    18 ​さて、エテル​が​いわ​の​洞穴ほらあな​に​む​よう​に​なった​さいしょ​の​とし​に、おう​を​よう​と​して​コリアンタマー​と​たたかった、あの​みつけっしゃ​の​もの​たち​の​つるぎ​で​ころされた​もの​が​たくさん​いた。

    19 ​そして、コリアンタマー​の​むす​たち​は​おおいに​たたかい、ひどく​きずついた。

    20 ​そして、だい二​ねん​に​しゅ​の​こと​が​エテル​に​くだり、​コリアンタマー​の​もと​に​って​げん​する​よう​に​と​われた。その​げん​は​つぎ​の​とおり​で​ある。すなわち、もし​かれ​と​かれ​の​いえ​の​すべて​の​もの​が​あらためる​なら​ば、しゅ​は​かれ​に​おう​を​あたえ、たみ​の​いのち​を​すくわれる。

    21 ​さもなければ、かれら​は​ほろぼされ、かれ​の​いえ​の​すべて​の​もの​も​かれひと​を​のぞいて​ぜんいん​が​ほろぼされる。そして、かれ​は​ただ​ひとき​ながらえて、この​​を​ぎ​として​ける​べつ​の​たみ​に​ついて​まえ​に​べられて​いる​げん​が​じょうじゅ​する​の​を​る。そののち、コリアンタマー​は​かれら​に​よって​ほうむられる。​コリアンタマー​を​のぞいて​すべて​の​もの​が​ほろぼされる。

    22 ​さて、コリアンタマー​も、かれ​の​いえ​の​もの​たち​も、たみ​も​あらためず、せんそう​は​やまなかった。そして、たみ​は​エテル​を​ころそう​と​した。しかし、かれ​は​たみ​の​まえ​から​げて、ふたたび​いわ​の​洞穴ほらあな​に​かくれた。

    23 ​そして、シェレド​が​って、かれ​も​コリアンタマー​を​めた。そして、シェレド​は​コリアンタマー​を​ち​かし、だい三​ねん​に​かれ​を​とらわれ​の​​に​おとしいれた。

    24 ​しかし、だい四​ねん​に​コリアンタマー​の​むす​たち​が​シェレド​を​ち​かし、ちち​の​ため​に​おう​を​もどした。

    25 ​さて、​の​全面ぜんめん​で​せんそう​が​はじまり、おとこ​は​みな​それぞれ​ぶん​の​なか​と​ともに、ぶん​の​のぞみ​を​げよう​と​して​たたかった。

    26 ​また、ごうとう​も​いた。ようするに、​の​全面ぜんめん​で​あらゆる​あく​が​おこなわれて​いた。

    27 ​さて、コリアンタマー​は​シェレド​の​こと​を​じょう​に​いかり、ぐんたい​を​ともなって​かれ​と​たたかう​ため​に​て​った。そして、両者りょうしゃ​は​ひどい​いかり​を​いだいて​い、ギルガル​の​たに​で​たたかい​を​まじえた。その​たたかい​は​じょう​に​はげしい​もの​と​なった。

    28 ​そして​シェレド​は、みっかん​コリアンタマー​と​たたかった。そののち、コリアンタマー​は​かれ​を​ち​かし、ヘシロン​の​平原へいげん​に​く​まで​追撃ついげき​した。

    29 ​そこで​シェレド​は​その​平原へいげん​で​また​コリアンタマー​と​たたかい、よ、こん​は​かれ​を​ち​かして、ギルガル​の​たに​まで​また​かえした。

    30 ​そして​コリアンタマー​は​ギルガル​の​たに​で​また​シェレド​と​たたかい、かれ​を​ち​かして​ころして​しまった。

    31 ​しかし、コリアンタマー​は​シェレド​の​ため​に​もも​を​しょう​した。その​ため​に、かれ​は​二​年間ねんかんたたかい​に​なかった。その​あいだ​の​おもて​で​たみ​は​みな​を​ながし​つづけ、それ​を​める​もの​は​だれ​も​いなかった。