ニーファイ第一書8
戻る 次へ

第8章

リーハイ,いのちげんる。そしてそのべ,ぞくにもべてほしいとおもう。またてつぼうと,ほそくてせまみちと,ひとびとつつあんこくきりる。サライアとニーファイとサムはそのべるが,レーマンとレムエルはこばむ。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 さて,わたしたちは,すべてのしゅるいたね,すなわちあらゆるこくもつたねとあらゆるくだものたねあつめておいた。

2 さて,ちちは,にとどまっていたときに,わたしたちにつぎのようにった。「よ,わたしはゆめた。べつことえば,げんた。

3 そしてよ,わたしは,ぶんたことのために,ニーファイとサムについてはしゅにあってよろこばずにはいられない。かれらとそのそんおおくはすくわれるとおもうからである。

4 しかしよ,レーマンとレムエルよ,わたしはあなたがたについてじょうしんぱいしている。よ,わたしはゆめなかでひどくくらくてさびしいたようにおもう。

5 そして,わたしは一人ひとりおとこひとた。そのひとしろころもていて,わたしのほうて,わたしのまえった。

6 そして,そのひとはわたしにことをかけて,あとについてるようにった。

7 そこでついてくと,わたしはぶんくらくてさびしいにいることがかった。

8 そしてくらやみなかながあいだすすんだところで,わたしは,しゅがそのゆたかなふかあわれみによってわたしをあわれんでくださるように,しゅいのはじめた。

9 そしてしゅいのえると,おおきくひろびろとしたはらえた。

10 そして,一ぽんえたが,そのひとしあわせにするこのましいものであった。

11 そこで,ってそのべると,それは,いままでにあじわったどんなよりもずっとあまいことがかった。またそのしろく,いままでにたどんなしろものにもまさってしろかった。

12 そしてそのべると,わたしのこころじょうおおきなよろこたされた。それでわたしは,ぞくにもべてほしいおもはじめた。そのが,ほかのどんなよりもこのましいことがかったからである。

13 それで,ぶんぞくもいるのではないかとあたりにをやると,みずながれているかわえた。それは,わたしがってべた,あののそばをながれていた。

14 そのかわがどこからるのかとながめると,すこはなれたところかわみなもとがあった。そして,そのみなもとところにあなたがたのははサライアとサムとニーファイがいるのがえたが,かれらは,どちらへったらよいかまよっているかのようにっていた。

15 そこでわたしはまねきをして,わたしのところにて,ほかのどんなよりもこのましいそのべるように,おおごえった。

16 そこでかれらは,わたしのところにやってて,そのべた。

17 さて,わたしは,レーマンとレムエルもここにて,そのべてほしいとおもった。それで,二人ふたり姿すがたえはしないかと,かわみなもとほうをやった。

18 そして二人ふたりえたが,二人ふたりはわたしのところにてそのべようとはしなかった

19 それから,一ぽんてつぼうえた。それはかわきし沿ってずっとび,わたしのっているそばのところまでたっしていた。

20 また一ぽんほそくてせまみちえた。そのみちはこのてつぼう沿い,わたしのっているそばのところまでていた。そのみちはまた,ながれのみなもとのそばをとおり,まるで一つのかいかとおもわれるような,おおきくひろびろとしたはらつうじていた。

21 わたしはあつまるすうひとびとたが,そのなかおおくは,わたしのっているそばのところつうじるみちにたどりこうとして,すすんでいた。

22 そして,そのひとたちはすすんでると,つうじているみちあるはじめた。

23 そこで,あんこくきりこった。まことに,じょうふかあんこくきりであったため,みちあるはじめていたひとびとみちうしない,まよって姿すがたえなくなってしまった。

24 そして,わたしはまた,すすんでるほかのひとびとたが,このひとびとすすんでて,てつぼうはしをつかんだ。そしてかれらは,てつぼうにすがりながらあんこくきりなかすすみ,ついにすすんでてそのべた。

25 そしてかれらは,ってべると,じるかのようにあたりをまわした。

26 それでわたしもあたりをまわすと,みずながれているかわこうがわに,一つのおおきくひろびろとしたたてものえた。それはじょうたかくそびえ,ちょうどくうちゅうにあるかのようにっていた。

27 そのたてものは,ろうにゃくなんにょわずひとびとでいっぱいであった。このひとびとふくよそおいは,じょうはなやかであった。そしてかれらは,そのところまでやっててそのべているひとびとゆびさし,あざけりわらっているようであった。

28 それでそのところまでやってひとびとは,そのあじわったのちにあのひとびとにあざけりわらわれたのでずかしくおもきんじられたみちんで姿すがたえなくなってしまった。」

29 ところで,わたしニーファイは,ちちことすべてべることはしない。

30 しかし,みじかしるすと,よ,ちちは,このほかにおおぜいひとすすんでるのをた。このひとびとすすんでて,てつぼうはしをつかんだ。そしてかれらは,しっかりてつぼうにつかまりながらみちすすみ,ついにやってると,ひれしてべた。

31 ちちはまた,ほかにおおぜいひとが,おおきくひろびろとしたたてものほうみちさぐりながらすすんでいるのをた。

32 そしてまた,おおくのひとが,ながふかみにおぼれてに,またおおくのひとが,らぬみちまよってちちかいからえてしまった。

33 「あのみょうたてものなかはいったひとびとかずじょうおおかった。かれらはそのたてものはいると,わたしやほかにそのべていたひとびとゆびさしてあざけりわらった。しかしわたしたちは,かれらのことをめなかった。」

34 これらはわたしのちちことである。「それは,これらのひとびとめたものみなみちはずれてしまったからである。」

35 そしてちちは,「レーマンとレムエルはそのべなかった」とった。

36 さて,ちちゆめ,すなわちげんについてのはなしおおかった。ちちはこれらについてすべてかたえてから,わたしたちにかい,そのげんなかたことのためにレーマンとレムエルのことをじょうしんぱいしているとった。まことに,ちち二人ふたりしゅまえからてられはしないかしんぱいであるとった。

37 またちちは,やさしいおやじょうめて,ちちことしたがうように,そうすればおそらくしゅあわれみをしめし,すようなことはなさらないだろうとかれらにすすめた。このように,ちちかれらにかせたのである。

38 ちちはこの二人ふたりかせ,またおおくのことがらげんしたのちしゅめいれいまもるようにげて,かれらにかたるのをやめた。