ニーファイ第一書 8
    脚注

    第​8​章

    リーハイ、いのち​の​​の​げん​を​る。そして​その​​の​​を​べ、ぞく​に​も​べて​ほしい​と​おもう。また​てつ​の​ぼう​と、ほそくて​せまい​みち​と、人々ひとびと​を​つつむ​あんこく​の​きり​を​る。サライア​と​ニーファイ​と​サム​は​その​​を​べる​が、レーマン​と​レムエル​は​こばむ。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたしたち​は、すべて​の​しゅるい​の​たね、すなわち​あらゆる​こくもつ​の​たね​と​あらゆる​くだもの​の​たね​を​あつめて​おいた。

    2 ​さて、ちち​は、​に​とどまって​いた​とき​に、わたしたち​に​つぎ​の​よう​に​った。「よ、わたし​は​ゆめ​を​た。べつ​の​こと​で​え​ば、げん​を​た。

    3 ​そして​よ、わたし​は、ぶん​が​た​こと​の​ため​に、​ニーファイ​と​サム​に​ついて​は​しゅ​に​あって​よろこばず​に​は​いられない。かれら​と​その​そん​の​おおく​は​すくわれる​と​おもう​から​で​ある。

    4 ​しかし​よ、​レーマン​と​レムエル​よ、わたし​は​あなたがた​に​ついて​じょう​に​心配しんぱい​して​いる。わたし​は​ゆめ​の​なか​で​ひどく​くらくて​さびしい​​を​た​よう​に​おもう。

    5 ​そして、わたし​は​ひと​の​おとこ​の​ひと​を​た。その​ひと​は​しろい​ころも​を​て​いて、わたし​の​ほう​に​て、わたし​の​まえ​に​った。

    6 ​そして、その​ひと​は​わたし​に​こと​を​かけて、あと​に​ついて​る​よう​に​った。

    7 ​そこで​ついて​く​と、わたし​は​ぶん​が​くらくて​さびしい​​に​いる​こと​が​かった。

    8 ​そして​くらやみ​の​なか​を​ながい​あいだすすんだ​ところ​で、わたし​は、しゅ​が​その​ゆたか​な​ふかい​あわれみ​に​よって​わたし​を​あわれんで​くださる​よう​に、しゅ​に​いのり​はじめた。

    9 ​そして​しゅ​に​いのり​える​と、おおきく​広々ひろびろ​と​した​はら​が​えた。

    10 ​そして、一ぽん​の​​が​えた​が、その​​は​ひと​を​しあわせ​に​する​このましい​もの​で​あった。

    11 ​そこで、って​その​​の​​を​べる​と、それ​は、いままで​に​あじわった​どんな​​より​も​ずっと​あまい​こと​が​かった。また​その​​の​​は​しろく、いままで​に​た​どんな​しろい​もの​に​も​まさって​しろかった。

    12 ​そして​その​​の​​を​べる​と、わたし​の​こころ​は​じょう​に​おおきな​よろこび​に​たされた。それで​わたし​は、ぞく​に​も​べて​ほしい​と​おもい​はじめた。その​​が、ほか​の​どんな​​より​も​このましい​こと​が​かった​から​で​ある。

    13 ​それで、ぶん​の​ぞく​も​いる​の​で​は​ない​か​と​あたり​に​​を​やる​と、みず​の​ながれて​いる​かわ​が​えた。それ​は、わたし​が​​を​って​べた、あの​​の​そば​を​ながれて​いた。

    14 ​その​かわ​が​どこ​から​る​の​か​と​ながめる​と、すこし​はなれた​ところ​に​かわ​の​みなもと​が​あった。そして、その​みなもと​の​ところ​に​あなたがた​の​はは​サライア​と​サム​と​ニーファイ​が​いる​の​が​えた​が、かれら​は、どちら​へ​ったら​よい​か​まよって​いる​か​の​よう​に​って​いた。

    15 ​そこで​わたし​は​まねき​を​して、わたし​の​ところ​に​て、ほか​の​どんな​​より​も​このましい​その​​を​べる​よう​に、大声おおごえ​で​った。

    16 ​そこで​かれら​は、わたし​の​ところ​に​やって​て、その​​を​べた。

    17 ​さて、わたし​は、レーマン​と​レムエル​も​ここ​に​て、その​​を​べて​ほしい​と​おもった。それで、ふた​の​姿すがた​が​え​は​しない​か​と、かわ​の​みなもと​の​ほう​へ​​を​やった。

    18 ​そして​ふた​が​えた​が、ふた​は​わたし​の​ところ​に​て​その​​を​べよう​と​は​しなかった。

    19 ​それから、一ぽん​の​てつ​の​ぼう​が​えた。それ​は​かわ​の​きし​に​沿って​ずっと​び、わたし​の​って​いる​そば​の​​の​ところ​まで​たっして​いた。

    20 ​また​一ぽん​の​ほそくて​せまい​みち​も​えた。その​みち​は​この​てつ​の​ぼう​に​沿い、わたし​の​って​いる​そば​の​​の​ところ​まで​て​いた。その​みち​は​また、ながれ​の​みなもと​の​そば​を​とおり、まるで​一つ​の​かい​か​と​おもわれる​よう​な、おおきく​広々ひろびろ​と​した​はら​に​つうじて​いた。

    21 ​わたし​は​れ​あつまる​すう​の​人々ひとびと​を​た​が、その​なか​の​おおく​は、わたし​の​って​いる​そば​の​​の​ところ​に​つうじる​みち​に​たどりこう​と​して、し​すすんで​いた。

    22 ​そして、その​ひと​たち​は​すすんで​る​と、​に​つうじて​いる​みち​を​あるき​はじめた。

    23 ​そこで、あんこく​の​きり​が​こった。まことに、じょう​に​ふかい​あんこく​の​きり​で​あった​ため、みち​を​あるき​はじめて​いた​人々ひとびと​は​みち​を​うしない、まよって​姿すがた​が​えなく​なって​しまった。

    24 ​そして、わたし​は​また、し​すすんで​る​ほか​の​人々ひとびと​を​た​が、この​人々ひとびと​は​すすんで​て、てつ​の​ぼう​の​はし​を​つかんだ。そして​かれら​は、てつ​の​ぼう​に​すがり​ながら​あんこく​の​きり​の​なか​を​し​すすみ、ついに​すすんで​て​その​​の​​を​べた。

    25 ​そして​かれら​は、​の​​を​って​べる​と、じる​か​の​よう​に​あたり​を​まわした。

    26 ​それで​わたし​も​あたり​を​まわす​と、みず​の​ながれて​いる​かわ​の​こうがわ​に、一つ​の​おおきく​広々ひろびろ​と​した​建物たてもの​が​えた。それ​は​じょう​に​たかく​そびえ、ちょうど​くうちゅう​に​ある​か​の​よう​に​って​いた。

    27 ​その​建物たてもの​は、老若ろうにゃく男女なんにょ​を​わず​人々ひとびと​で​いっぱい​で​あった。この​人々ひとびと​の​ふく​の​よそおい​は、じょう​に​はなやか​で​あった。そして​かれら​は、その​​の​ところ​まで​やって​て​その​​を​べて​いる​人々ひとびと​を​ゆびさし、​あざけり​わらって​いる​よう​で​あった。

    28 ​それで​その​​の​ところ​まで​やって​た​人々ひとびと​は、その​​を​あじわった​のち​に​あの​人々ひとびと​に​あざけり​わらわれた​ので​ずかしく​おもい、きんじられた​みち​に​んで​姿すがた​が​えなく​なって​しまった。」

    29 ​ところで、わたし​ニーファイ​は、ちち​の​こと​を​​すべて​べる​こと​は​しない。

    30 ​しかし、みじか​に​しるす​と、よ、ちち​は、この​ほか​に​おおぜい​の​ひと​が​し​すすんで​る​の​を​た。この​人々ひとびと​は​すすんで​て、てつ​の​ぼう​の​はし​を​つかんだ。そして​かれら​は、しっかり​てつ​の​ぼう​に​つかまり​ながら​みち​を​し​すすみ、ついに​やって​る​と、ひれして​​の​​を​べた。

    31 ちち​は​また、ほか​に​おおぜい​の​ひと​が、おおきく​広々ひろびろ​と​した​建物たてもの​の​ほう​へ​みち​を​さぐり​ながら​すすんで​いる​の​を​た。

    32 ​そして​また、おおく​の​ひと​が、ながれ​の​ふかみ​に​おぼれて​に、また​おおく​の​ひと​が、らぬ​みち​に​まよって​ちち​の​かい​から​えて​しまった。

    33 「あの​みょう​な​建物たてもの​の​なか​に​はいった​人々ひとびと​の​かず​は​じょう​に​おおかった。かれら​は​その​建物たてもの​に​はいる​と、わたし​や​ほか​に​その​​を​べて​いた​人々ひとびと​を​ゆびさして​​あざけり​わらった。しかし​わたしたち​は、かれら​の​こと​を​​に​めなかった。」

    34 ​これら​は​わたし​の​ちち​の​こと​で​ある。「それ​は、これら​の​人々ひとびと​を​​に​めた​もの​は​みなみち​を​はずれて​しまった​から​で​ある。」

    35 ​そして​ちち​は、「​レーマン​と​レムエル​は​その​​を​べなかった」と​った。

    36 ​さて、ちち​の​た​ゆめ、すなわち​げん​に​ついて​の​はなし​は​おおかった。ちち​は​これら​に​ついて​すべて​かたり​えて​から、わたしたち​に​かい、その​げん​の​なか​で​た​こと​の​ため​に​レーマン​と​レムエル​の​こと​を​じょう​に​心配しんぱい​して​いる​と​った。まことに、ちち​は​ふた​が​しゅ​の​まえ​から​てられ​は​しない​か​心配しんぱい​で​ある​と​った。

    37 ​また​ちち​は、やさしい​おや​の​じょう​を​めて、ちち​の​こと​に​き​したがう​よう​に、そう​すれ​ば​おそらく​しゅ​は​あわれみ​を​しめし、す​よう​な​こと​は​なさらない​だろう​と​かれら​に​すすめた。この​よう​に、ちち​は​かれら​に​き​かせた​の​で​ある。

    38 ちち​は​この​ふた​に​き​かせ、また​おおく​の​ことがら​を​げん​した​のちしゅ​の​命令めいれい​を​まもる​よう​に​げて、かれら​に​かたる​の​を​やめた。