ヨハネの黙示録9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 だい五の御使みつかいが、ラッパをらした。するとわたしは、一つのほしてんからちてるのをた。このほしに、そこれぬところあなひらくかぎがあたえられた。

    2 そして、このそこれぬところあなひらかれた。すると、そのあなからけむりおおきなけむりのようにちのぼり、そのあなけむりで、太陽たいよう空気くうきくらくなった。

    3 そのけむりなかから、いなごが地上ちじょうてきたが、のさそりがっているようなちからが、かれらにあたえられた。

    4 かれらは、くさやすべての青草あおくさ、またすべてのをそこなってはならないが、ひたいかみいんがないひとたちにはがいくわえてもよいと、わたされた。

    5 かれらは、人間にんげんころすことはしないで、五かげつのあいだくるしめることだけがゆるされた。かれらのあたえる苦痛くつうは、ひとがさそりにさされるときのような苦痛くつうであった。

    6 そのときには、人々ひとびともとめてもあたえられず、にたいとねがっても、げてくのである。

    7 これらのいなごは、出陣しゅつじん用意よういのととのえられたうまによくており、そのあたまにはきんかんむりのようなものをつけ、そのかお人間にんげんかおのようであり、

    8 また、そのかみのおんなのかみのようであり、そのはししののようであった。

    9 また、てつ胸当むねあてのような胸当むねあてをつけており、そのはねおとは、うまかれて戦場せんじょういそおおくの戦車せんしゃひびきのようであった。

    10 そのうえ、さそりのようなはりとをっている。そのには、五かげつのあいだ人間にんげんをそこなうちからがある。

    11 かれらは、そこれぬところ使つかいおうにいただいており、そのをヘブルでアバドンとい、ギリシヤではアポルオンとう。

    12 だい一のわざわいは、った。よ、こののち、なお二つのわざわいがる。

    13 だい六の御使みつかいが、ラッパをらした。すると、一つのこえが、かみのみまえにあるきん祭壇さいだんの四つのつのからて、

    14 ラッパをっているだい六の御使みつかいにこうびかけるのを、わたしはいた。「だいユウフラテがわのほとりにつながれている四にん御使みつかいを、いてやれ」。

    15 すると、そのとき、その、そのつき、そのとしそなえておかれた四にん御使みつかいが、人間にんげんの三ぶんの一をころすために、はなたれた。

    16 騎兵隊きへいたいかずは二おくであった。わたしはそのかずいた。

    17 そして、まぼろしのなかで、それらのうまとそれにっているものたちとをると、っているものたちは、いろ青玉色せいぎょくしょく硫黄いおういろ胸当むねあてをつけていた。そして、それらのうまあたまはししのあたまのようであって、そのくちからけむり硫黄いおうとが、ていた。

    18 この三つの災害さいがい、すなわち、かれらのくちからけむり硫黄いおうとによって、人間にんげんの三ぶんの一はころされてしまった。

    19 うまちからはそのくちとにある。そのはへびにていて、それにあたまがあり、そのあたまひとがいくわえるのである。

    20 これらの災害さいがいころされずにのこった人々ひとびとは、自分じぶんつくったものについて、あらためようとせず、また悪霊あくれいのたぐいや、きんぎんどういしつくられ、ることもくこともあるくこともできない偶像ぐうぞう礼拝れいはいして、やめようともしなかった。

    21 また、かれらは、そのおかした殺人さつじんや、まじないや、不品行ふひんこうや、ぬすみをあらためようとしなかった。