聖典
ヨハネの黙示録19
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第19章

1 こののち、わたしはてん大群たいぐん衆が大声おおごえとなえるようなこえいた、「ハレルヤ、すくい栄光えいこうちからとは、われらのかみのものであり、

2 そのさばきは、真実しんじつただしい。かみは、姦淫かんいんけがしただい淫婦いんぷをさばき、かみしもべたちの報復ほうふく彼女かのじょになさったからである」。

3 ふたたこえがあって、「ハレルヤ、彼女かのじょかれるけむりは、世々よよかぎりなくちのぼる」とった。

4 すると、二十四にん長老ちょうろうと四つのものとがひれし、御座みざにいますかみはいしてった、「アァメン、ハレルヤ」。

5 そのとき御座みざからこえった、「すべてのかみしもべたちよ、かみをおそれるものたちよ。ちいさきものおおいなるものも、ともに、われらのかみをさんびせよ」。

6 わたしはまた、だい群衆ぐんしゅうこえおおくのみずおと、またはげしい雷鳴らいめいのようなものをいた。それはこうった、「ハレルヤ、全能者ぜんのうしゃにしてしゅなるわれらのかみは、おうなる支配者しはいしゃであられる。

7 わたしたちはよろこたのしみ、かみをあがめまつろう。小羊こひつじ婚姻こんいんときがきて、花嫁はなよめはその用意よういをしたからである。

8 彼女かのじょは、ひかかがやく、けがれのない麻布あさぬのころもることをゆるされた。この麻布あさぬのころもは、聖徒せいとたちのただしいおこないである」。

9 それから、御使みつかいはわたしにった、「きしるせ。小羊こひつじこんえんまねかれたものは、さいわいである」。またわたしにった、「これらは、かみ真実しんじつ言葉ことばである」。

10 そこで、わたしはかれあしもとにひれして、かれはいそうとした。すると、かれった、「そのようなことをしてはいけない。わたしは、あなたとおなしもべ仲間なかまであり、またイエスのあかしびとであるあなたの兄弟きょうだいたちとおなしもべ仲間なかまである。ただかみだけをはいしなさい。イエスのあかしは、すなわち預言よげんれいである」。

11 またわたしがていると、てんひらかれ、よ、そこにしろうまがいた。それにっているかたは、「忠実ちゅうじつ真実しんじつもの」とばれ、によってさばき、また、たたかうかたである。

12 そのえるほのおであり、そのあたまにはおおくのかんむりがあった。また、かれ以外いがいにはだれもらないがそのにしるされていた。

13 かれ血染ちぞめのころもをまとい、そのは「かみことば」とばれた。

14 そして、てん軍勢ぐんぜいが、純白じゅんぱくで、けがれのない麻布あさぬのころもて、しろうまり、かれしたがった。

15 そのくちからは、しょ国民こくみんつために、するどいつるぎがていた。かれは、てつのつえをもってしょ国民こくみんおさめ、また、全能者ぜんのうしゃなるかみはげしいいかりのさかぶねをむ。

16 その着物きものにも、そのももにも、「おうおうしゅしゅ」というがしるされていた。

17 またていると、ひとりの御使みつかい太陽たいようなかっていた。かれは、中空なかぞらんでいるすべてのとりにむかって、大声おおごえさけんだ、「さあ、かみだい宴会えんかいあつまってこい。

18 そして、おうたちのにく将軍しょうぐんにく勇者ゆうしゃにくうまにくうまっているものにく、また、すべての自由人じゆうじん奴隷どれいとのにくちいさきものおおいなるものとのにくをくらえ」。

19 なおていると、けものおうたちとかれらの軍勢ぐんぜいとがあつまり、うまっているかたとその軍勢ぐんぜいとにたいして、たたかいをいどんだ。

20 しかし、けものとらえられ、また、このけものまえでしるしをおこなって、けもの刻印こくいんけたものとそのぞうおがものとをまどわしたにせ預言者よげんしゃも、けものともとらえられた。そして、この両者りょうしゃとも、きながら、硫黄いおうえているいけまれた。

21 それ以外いがいものたちは、うまっておられるかたのくちからるつるぎでころされ、そのにくを、すべてのとりきるまでべた。