ヨハネの黙示録18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 こののち、わたしは、もうひとりの御使みつかいが、おおいなる権威けんいって、てんからりてるのをた。かれ栄光えいこうによってあかるくされた。

    2 かれ力強ちからづよこえさけんでった、「たおれた、おおいなるバビロンはたおれた。そして、それは悪魔あくまところ、あらゆるけがれたれいそうくつ、また、あらゆるけがれたにくむべきとりそうくつとなった。

    3 すべての国民こくみんは、彼女かのじょ姦淫かんいんたいするはげしいいかりのぶどうしゅみ、おうたちは彼女かのじょ姦淫かんいんおこない、地上ちじょう商人しょうにんたちは、彼女かのじょ極度きょくどのぜいたくによってとみたからである」。

    4 わたしはまた、もうひとつのこえてんからるのをいた、「わたしのたみよ。彼女かのじょからはなって、そのつみにあずからないようにし、その災害さいがいまれないようにせよ。

    5 彼女かのじょつみつもっててんたっしており、かみはその不義ふぎおこないをおぼえておられる。

    6 彼女かのじょがしたとおりに彼女かのじょにしかえし、そのしわざにおうじて二ばい報復ほうふくをし、彼女かのじょぜてれたさかずきなかに、そのばいりょうを、れてやれ。

    7 彼女かのじょみずかたかぶり、ぜいたくをほしいままにしたので、それにたいして、おなじほどのくるしみとかなしみとをあじわわせてやれ。彼女かのじょこころなかで『わたしは女王じょおうくらいについているものであって、やもめではないのだから、かなしみをらない』とっている。

    8 それゆえ、さまざまの災害さいがいが、かなしみとききんとが、一にちのうちに彼女かのじょおそい、そして、彼女かのじょかれてしまう。彼女かのじょをさばくしゅなるかみは、力強ちからづよいかたなのである。

    9 彼女かのじょ姦淫かんいんおこない、ぜいたくをほしいままにしていたおうたちは、彼女かのじょかれるけむりて、彼女かのじょのためにむねってかなしみ、

    10 彼女かのじょくるしみにおそれをいだき、とおくにってうであろう、『ああ、わざわいだ、おおいなるみやこみやこ、バビロンは、わざわいだ。おまえにたいするさばきは、一瞬いっしゅんにしてきた』。

    11 また、商人しょうにんたちも彼女かのじょのためにかなしむ。もはや、かれらの商品しょうひんものが、ひとりもないからである。

    12 その商品しょうひんは、きんぎん宝石ほうせき真珠しんじゅ麻布あさぬのむらさきぬのきぬぬの各種かくしゅ香木こうぼく各種かくしゅ象牙ぞうげ細工ざいく高価こうか木材もくざいどうてつ大理石だいりせきなどのうつわ

    13 肉桂にっけい香料こうりょうこう、においあぶら乳香にゅうこう、ぶどうしゅ、オリブ麦粉むぎこむぎうしひつじうまくるま奴隷どれい、そして人身じんしんなどである。

    14 おまえのこころよろこびであったくだものはなくなり、あらゆるはでな、はなやかなものはおまえからった。それらのものはもはやられない。

    15 これらの品々しなじなって、彼女かのじょからとみ商人しょうにんは、彼女かのじょくるしみにおそれをいだいてとおくにち、かなしんでう、

    16 『ああ、わざわいだ、麻布あさぬのむらさきぬのぬのをまとい、きん宝石ほうせき真珠しんじゅかざっていたおおいなるみやこは、わざわいだ。

    17 これほどのとみが、一瞬いっしゅんにしてしてしまうとは』。また、すべての船長せんちょう航海者こうかいしゃ水夫すいふ、すべてうみはたらいているひとたちは、とおくにち、

    18 彼女かのじょかれるけむりて、さけんでう、『これほどのおおいなるみやこは、どこにあろう』。

    19 かれらはあたまにちりをかぶり、かなしんでさけぶ、『ああ、わざわいだ、このおおいなるみやこは、わざわいだ。そのおごりによって、うみふねつすべてのひととみていたのに、このみやこ一瞬いっしゅんにしてしてしまった』。

    20 てんよ、聖徒せいとたちよ、使徒しとたちよ、預言者よげんしゃたちよ。このみやこについておおいによろこべ。かみは、あなたがたのために、このみやこをさばかれたのである」。

    21 すると、ひとりの力強ちからづよ御使みつかいが、おおきなひきうすのようないしちあげ、それをうみんでった、「おおいなるみやこバビロンは、このようにはげしくたおされ、そして、まった姿すがたしてしまう。

    22 また、おまえのなかでは、立琴たてごとをひくものうたうたものふえもの、ラッパをらすものがくまったかれず、あらゆる仕事しごと職人しょくにんたちもまった姿すがたし、また、ひきうすのおとも、まったかれない。

    23 また、おまえのなかでは、あかりもともされず、花婿はなむこ花嫁はなよめこえかれない。というのは、おまえの商人しょうにんたちは地上ちじょう勢力せいりょくものとなり、すべての国民こくみんはおまえのまじないでだまされ、

    24 また、預言者よげんしゃ聖徒せいと、さらに、地上ちじょうころされたすべてのものが、このみやこながされたからである」。