ヨハネの黙示録11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 それから、わたしはつえのようなはかりざおをあたえられて、こうめいじられた、「さあって、かみ聖所せいじょ祭壇さいだんと、そこで礼拝れいはいしている人々ひとびととを、はかりなさい。

    2 聖所せいじょそとにわはそのままにしておきなさい。それをはかってはならない。そこは異邦人いほうじんあたえられたところだから。かれらは、四十二かげつあいだこのせいなるみやこみにじるであろう。

    3 そしてわたしは、わたしのふたりの証人しょうにんに、荒布あらぬのて、千二百六十にちのあいだ預言よげんすることをゆるそう」。

    4 かれらは、ぜんしゅのみまえにっている二ほんのオリブの、また、二つの燭台しょくだいである。

    5 もしかれらにがいくわえようとするものがあれば、かれらのくちからて、そのてきほろぼすであろう。もしかれらにがいくわえようとするものがあれば、そのものはこのようにころされねばならない。

    6 預言よげんをしている期間きかんかれらは、てんじてあめらせないようにするちからっている。さらにまた、みずえ、なにでもおもうままに、あらゆる災害さいがいちからっている。

    7 そして、かれらがそのあかしをえると、そこれぬところからのぼってけものが、かれらとたたかってち、かれらをころす。

    8 かれらの死体したいはソドムや、エジプトにたとえられているおおいなるみやこ大通おおどおりにさらされる。かれらのしゅも、このみやこ十字架じゅうじかにつけられたのである。

    9 いろいろな民族みんぞく部族ぶぞく国語こくご国民こくみんぞくする人々ひとびとが、三はんあいだかれらの死体したいをながめるが、その死体したいはかおさめることはゆるさない。

    10 人々ひとびとは、かれらのことでよろこたのしみ、たがいおくものをしあう。このふたりの預言者よげんしゃは、ものたちをなやましたからである。

    11 はんのち、いのちのいきが、かみからかれらのなかにはいり、そして、かれらががったので、それを人々ひとびと非常ひじょう恐怖きょうふおそわれた。

    12 そのときてんからおおきなこえがして、「ここにのぼってきなさい」とうのを、かれらはいた。そして、かれらはくもっててんのぼった。かれらのてきはそれをた。

    13 このときだい地震じしんおこって、みやこ十分じゅうぶんの一はたおれ、その地震じしんで七千にんに、のこった人々ひとびとおどろおそれて、てんかみ栄光えいこうした。

    14 だい二のわざわいは、った。よ、だい三のわざわいがすぐにる。

    15 だい七の御使みつかいが、ラッパをらした。すると、おおきな声々こえごえてんおこってった、「このくには、われらのしゅとそのキリストとのくにとなった。しゅ世々よよかぎりなく支配しはいなさるであろう」。

    16 そして、かみのみまえでについている二十四にん長老ちょうろうは、ひれし、かみはいしてった、

    17 いまいまし、むかしいませる、全能者ぜんのうしゃにしてしゅなるかみよ。おおいなるちからをふるって支配しはいなさったことを、感謝かんしゃします。

    18 しょ国民こくみんいかくるいましたが、あなたもいかりをあらわされました。そして、死人しにんをさばき、あなたのしもべなる預言者よげんしゃ聖徒せいとちいさきものも、おおいなるものも、すべて御名みなをおそれるものたちにむくいをあたえ、また、ほろぼすものどもをほろぼしてくださるときがきました」。

    19 そして、てんにあるかみ聖所せいじょひらけて、聖所せいじょなか契約けいやくはこえた。また、いなずまと、もろもろのこえと、雷鳴らいめいと、地震じしんとがおこり、大粒おおつぶひょうった。