ヨハネの黙示録22
    脚注
    Theme

    第22章

    1 御使みつかいはまた、水晶すいしょうのようにかがやいているいのちのみずかわをわたしにせてくれた。このかわは、かみ小羊こひつじとの御座みざからて、

    2 みやこ大通おおどおりの中央ちゅうおうながれている。かわ両側りょうがわにはいのちのがあって、十二しゅむすび、そのじつ毎月まいつきみのり、そのしょ国民こくみんをいやす。

    3 のろわるべきものは、もはやなにひとつない。かみ小羊こひつじとの御座みざみやこなかにあり、そのしもべたちはかれ礼拝れいはいし、

    4 御顔みかおあおるのである。かれらのひたいには、御名みながしるされている。

    5 よるは、もはやない。あかりも太陽たいようひかりも、いらない。しゅなるかみかれらをてらし、そして、かれらは世々よよかぎりなく支配しはいする。

    6 かれはまた、わたしにった、「これらの言葉ことばしんずべきであり、まことである。預言者よげんしゃたちのたましいのかみなるしゅは、すぐにもおこるべきことをそのしもべたちにしめそうとして、御使みつかいをつかわされたのである。

    7 よ、わたしは、すぐにる。このしょ預言よげん言葉ことばまもものは、さいわいである」。

    8 これらのことを見聞みききしたものは、このヨハネである。わたしが見聞みききしたとき、それらのことをしめしてくれた御使みつかいあしもとにひれしてはいそうとすると、

    9 かれった、「そのようなことをしてはいけない。わたしは、あなたや、あなたの兄弟きょうだいである預言者よげんしゃたちや、このしょ言葉ことばまもものたちと、おなしもべ仲間なかまである。ただかみだけをはいしなさい」。

    10 またわたしにった、「このしょ預言よげん言葉ことばふうじてはならない。ときちかづいているからである。

    11 不義ふぎものはさらに不義ふぎおこない、けがれたものはさらにけがれたことをおこない、なるものはさらにおこない、せいなるものはさらにせいなることをおこなうままにさせよ」。

    12 よ、わたしはすぐにる。むくいをたずさえてきて、それぞれのしわざにおうじてむくいよう。

    13 わたしはアルパであり、オメガである。最初さいしょものであり、最後さいごものである。はじめであり、おわりである。

    14 いのちのにあずかる特権とっけんあたえられ、またもんをとおってみやこにはいるために、自分じぶん着物きものあらものたちは、さいわいである。

    15 いぬども、まじないをするもの姦淫かんいんおこなもの人殺ひとごろし、偶像ぐうぞうおがもの、また、いつわりをこのみかつこれをおこなものはみな、そとされている。

    16 わたしイエスは、使つかいをつかわして、しょ教会きょうかいのために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデのわかえだまた子孫しそんであり、かがやけの明星みょうじょうである」。

    17 御霊みたま花嫁はなよめともった、「きたりませ」。また、ものも「きたりませ」といなさい。かわいているものはここにるがよい。いのちのみずがほしいものは、あたいなしにそれをけるがよい。

    18 このしょ預言よげん言葉ことばくすべての人々ひとびとたいして、わたしは警告けいこくする。もしこれにくわえるものがあれば、かみはそのひとに、このしょかれている災害さいがいくわえられる。

    19 また、もしこの預言よげんしょ言葉ことばをとりのぞものがあれば、かみはそのひとくべきふんを、このしょかれているいのちのせいなるみやこから、とりのぞかれる。

    20 これらのことをあかしするかたがおおせになる、「しかり、わたしはすぐにる」。アァメン、しゅイエスよ、きたりませ。

    21 しゅイエスのめぐみが、一同いちどうものともにあるように。