ヨハネの黙示録4
    脚注
    Theme

    第4章

    1 そののち、わたしがていると、よ、ひらいたもんてんにあった。そして、さきにラッパのようなこえでわたしにびかけるのをいたはじめのこえが、「ここにのぼってきなさい。そうしたら、これからのちおこるべきことを、せてあげよう」とった。

    2 すると、たちまち、わたしは御霊みたまかんじた。よ、御座みざてんもうけられており、その御座みざにいますかたがあった。

    3 そのにいますかたは、碧玉へきぎょくあかめのうのようにえ、また、御座みざのまわりには、緑玉りょくぎょくのようにえるにじがあらわれていた。

    4 また、御座みざのまわりには二十四のがあって、二十四にん長老ちょうろうしろころもにまとい、あたまきんかんむりをかぶって、それらのについていた。

    5 御座みざからは、いなずまと、もろもろのこえと、雷鳴らいめいとが、はっしていた。また、七つのともしが、御座みざまええていた。これらは、かみの七つのれいである。

    6 御座みざまえは、水晶すいしょうたガラスのうみのようであった。御座みざのそばちかくそのまわりには、四つのものがいたが、そのまえにものちにも、一めんがついていた。

    7 だい一のものはししのようであり、だい二のものうしのようであり、だい三のものひとのようなかおをしており、だい四のものぶわしのようであった。

    8 この四つのものには、それぞれ六つのつばさがあり、そのつばさのまわりも内側うちがわちていた。そして、ひるよるも、なくこうさけびつづけていた、「せいなるかな、せいなるかな、せいなるかな、全能者ぜんのうしゃにしてしゅなるかみむかしいまし、いまいまし、やがてきたるべきもの」。

    9 これらのものが、御座みざにいまし、かつ、世々よよかぎりなくきておられるかたに、栄光えいこうとほまれとをし、また、感謝かんしゃをささげているとき

    10 二十四にん長老ちょうろうは、御座みざにいますかたのみまえにひれし、世々よよかぎりなくきておられるかたをおがみ、かれらのかんむり御座みざのまえに、してった、

    11 「われらのしゅなるかみよ、あなたこそは、栄光えいこうとほまれとちからとをけるにふさわしいかた。あなたは万物ばんぶつつくられました。御旨みむねによって、万物ばんぶつ存在そんざいし、またつくられたのであります」。