ヨハネの黙示録16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 それから、おおきなこえ聖所せいじょからて、七にん御使みつかいにむかい、「さあって、かみはげしいいかりの七つのはちを、かたむけよ」とうのをいた。

    2 そして、だい一のものって、そのはちかたむけた。すると、けもの刻印こくいん人々ひとびとと、そのぞうおが人々ひとびととのからだに、ひどい悪性あくせいのできものができた。

    3 だい二のものが、そのはちうみかたむけた。すると、うみ死人しにんのようになって、そのなかものがみなんでしまった。

    4 だい三のものがそのはちかわみずみなもととにかたむけた。すると、みなになった。

    5 それから、みずをつかさどる御使みつかいがこううのを、いた、「いまいまし、むかしいませるせいなるものよ。このようにおさだめになったあなたは、ただしいかたであります。

    6 聖徒せいと預言者よげんしゃとのながしたものたちに、をおませになりましたが、それは当然とうぜんのことであります」。

    7 わたしはまた祭壇さいだんがこううのをいた、「全能者ぜんのうしゃにしてしゅなるかみよ。しかり、あなたのさばきは真実しんじつで、かつただしいさばきであります」。

    8 だい四のものが、そのはち太陽たいようかたむけた。すると、太陽たいよう人々ひとびとくことをゆるされた。

    9 人々ひとびとは、はげしい炎熱えんねつかれたが、これらの災害さいがい支配しはいするかみ御名みなけがし、あらためてかみ栄光えいこうすることをしなかった。

    10 だい五のものが、そのはちけものかたむけた。すると、けものくにくらくなり、人々ひとびと苦痛くつうのあまりしたをかみ、

    11 その苦痛くつうとできものとのゆえに、てんかみをのろった。そして、自分じぶんおこないをあらためなかった。

    12 だい六のものが、そのはちだいユウフラテがわかたむけた。すると、そのみずは、ほうからおうたちにたいみちそなえるために、かれてしまった。

    13 またると、りゅうくちから、けものくちから、にせ預言者よげんしゃくちから、かえるのような三つのけがれたれいてきた。

    14 これらは、しるしをおこな悪霊あくれいれいであって、ぜん世界せかいおうたちのところにき、かれらを召集しょうしゅうしたが、それは、全能ぜんのうなるかみおおいなるに、たたかいをするためであった。

    15 よ、わたしは盗人ぬすびとのようにる。はだかのままであるかないように、また、はだかはじられないように、をさまし着物きものけているものは、さいわいである。)

    16 三つのれいは、ヘブルでハルマゲドンというところに、おうたちを召集しょうしゅうした。

    17 だい七のものが、そのはち空中くうちゅうかたむけた。すると、おおきなこえ聖所せいじょなかから、御座みざからて、「ことはすでにった」とった。

    18 すると、いなずまと、もろもろのこえと、雷鳴らいめいとがおこり、またはげしい地震じしんがあった。それは人間にんげん地上ちじょうにあらわれて以来いらい、かつてなかったようなもので、それほどにはげしい地震じしんであった。

    19 おおいなるみやこは三つにかれ、しょ国民こくみん町々まちまちたおれた。かみおおいなるバビロンをおもおこし、これにかみはげしいいかりのぶどうしゅさかずきあたえられた。

    20 島々しまじまはみなり、山々やまやまえなくなった。

    21 また一タラントのおもさほどのおおきなひょうが、てんから人々ひとびとうえってきた。人々ひとびとは、このひょう災害さいがいのゆえにかみをのろった。その災害さいがいが、非常ひじょうおおきかったからである。