聖典
ヨハネの黙示録10
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第10章

1 わたしは、もうひとりのつよ御使みつかいが、くもつつまれて、てんからりてるのをた。そのあたまに、にじをいただき、そのかお太陽たいようのようで、そのあしはしらのようであった。

2 かれは、ひらかれたちいさな巻物まきものっていた。そして、右足みぎあしうみうえに、左足ひだりあしうえみおろして、

3 ししがほえるように大声おおごえさけんだ。かれさけぶと、七つのかみなりがおのおのそのこえはっした。

4 七つのかみなりこえはっしたとき、わたしはそれをきとめようとした。すると、てんからこえがあって、「七つのかみなりかたったことを封印ふういんせよ。それをきとめるな」とうのをいた。

5 それから、うみうえっているのをわたしがたあの御使みつかいは、てんにむけて右手みぎてげ、

6 てんとそのなかにあるもの、とそのなかにあるもの、うみとそのなかにあるものをつくり、世々よよかぎりなくきておられるかたをさしてちかった、「もうときがない。

7 だい七の御使みつかいらすラッパのおとがするときには、かみがそのしもべ預言者よげんしゃたちにおげになったとおり、かみ奥義おくぎ成就じょうじゅされる」。

8 すると、まえてんからきこえてきたこえが、またわたしにかたってった、「さあって、うみとのうえっている御使みつかいひらかれている巻物まきものを、りなさい」。

9 そこで、わたしはその御使みつかいのもとにって、「そのちいさな巻物まきものください」とった。すると、かれった、「って、それをべてしまいなさい。あなたのはらにはにがいが、くちにはみつのようにあまい」。

10 わたしは御使みつかいからそのちいさな巻物まきものってべてしまった。すると、わたしのくちにはみつのようにあまかったが、それをべたら、はらにがくなった。

11 そのとき、「あなたは、もう一度いちどおおくの民族みんぞく国民こくみん国語こくごおうたちについて、預言よげんせねばならない」とこえがした。