聖典
ヨハネの黙示録8

第8章

1 小羊こひつじだい七の封印ふういんいたときはん時間じかんばかりてんしずけさがあった。

2 それからわたしは、かみのみまえにっている七にん御使みつかいた。そして、七つのラッパがかれらにあたえられた。

3 また、べつ御使みつかいてきて、きん香炉こうろって祭壇さいだんまえった。たくさんのこうかれあたえられていたが、これは、すべての聖徒せいといのりくわえて、御座みざまえきん祭壇さいだんうえにささげるためのものであった。

4 こうけむりは、御使みつかいから、聖徒せいとたちのいのりともかみのみまえにちのぼった。

5 御使みつかいはその香炉こうろをとり、これに祭壇さいだんたして、げつけた。すると、おおくの雷鳴らいめいと、もろもろのこえと、いなずまと、地震じしんとがおこった。

6 そこで、七つのラッパをっている七にん御使みつかいが、それを用意よういをした。

7 だい一の御使みつかいが、ラッパをらした。すると、のまじったひょうとがあらわれて、地上ちじょうってきた。そして、の三ぶんの一がけ、の三ぶんの一がけ、また、すべての青草あおくさけてしまった。

8 だい二の御使みつかいが、ラッパをらした。すると、えさかっているおおきなやまのようなものが、うみまれた。そして、うみの三ぶんの一はとなり、

9 うみなかつくられたものの三ぶんの一はに、ふねの三ぶんの一がこわされてしまった。

10 だい三の御使みつかいが、ラッパをらした。すると、たいまつのようにえているおおきなほしが、そらからちてきた。そしてそれは、かわの三ぶんの一とその水源すいげんとのうえちた。

11 このほしは「にがよもぎ」とい、みずの三ぶんの一が「にがよもぎ」のようににがくなった。みずにがくなったので、そのためにおおくのひとんだ。

12 だい四の御使みつかいが、ラッパをらした。すると、太陽たいようの三ぶんの一と、つきの三ぶんの一と、ほしの三ぶんの一とがたれて、これらのものの三ぶんの一はくらくなり、ひるの三ぶんの一はあかるくなくなり、よるおなじようになった。

13 また、わたしがていると、一のわしが中空なかぞらび、おおきなこえでこううのをいた、「ああ、わざわいだ、わざわいだ、人々ひとびとは、わざわいだ。なお三にん御使みつかいがラッパをらそうとしている」。