ヨハネの黙示録13
    脚注
    Theme

    第13章

    1 わたしはまた、一ぴきけものうみからのぼってるのをた。それにはつのが十ぽんあたまが七つあり、それらのつのには十のかんむりがあって、あたまにはかみけががついていた。

    2 わたしのたこのけものはひょうにており、そのあしはくまのあしのようで、そのくちはししのくちのようであった。りゅう自分じぶんちからくらいおおいなる権威けんいとを、このけものあたえた。

    3 そのあたまの一つが、ぬほどのきずけたが、その致命ちめいてききずもなおってしまった。そこで、ぜん人々ひとびとおどろきおそれて、そのけものしたがい、

    4 また、りゅうがその権威けんいけものあたえたので、人々ひとびとりゅうおがみ、さらに、そのけものおがんでった、「だれが、このけもの匹敵ひってきようか。だれが、これとたたかうことができようか」。

    5 このけものには、また、大言たいげんけがしごとをかたくちあたえられ、四十二かげつのあいだ活動かつどうする権威けんいあたえられた。

    6 そこで、かれくちひらいてかみけがし、かみ御名みなと、その幕屋まくや、すなわち、てんものたちとをけがした。

    7 そしてかれは、聖徒せいとたたかいをいどんでこれにつことをゆるされ、さらに、すべての部族ぶぞく民族みんぞく国語こくご国民こくみん支配しはいする権威けんいあたえられた。

    8 もので、ほふられた小羊こひつじのいのちのしょに、そのはじめからしるされていないものはみな、このけものおがむであろう。

    9 みみのあるものは、くがよい。

    10 とりこになるべきものは、とりこになっていく。つるぎでころものは、みずからもつるぎでころされねばならない。ここに、聖徒せいとたちの忍耐にんたい信仰しんこうとがある。

    11 わたしはまた、ほかのけものからのぼってるのをた。それには小羊こひつじのようなつのが二つあって、りゅうのようにものった。

    12 そして、さきけものつすべての権力けんりょくをそのまえはたらかせた。また、人々ひとびとに、致命ちめいてききずがいやされたさきけものおがませた。

    13 また、おおいなるしるしをおこなって、人々ひとびとまえてんかららせることさえした。

    14 さらに、さきけものまえおこなうのをゆるされたしるしで、人々ひとびとまどわし、かつ、つるぎのきずけてもなおきているさきけものぞうつくることを、人々ひとびとめいじた。

    15 それから、そのけものぞういきんで、そのけものぞうものうことさえできるようにし、また、そのけものぞうおがまないものをみなころさせた。

    16 また、ちいさきものにも、おおいなるものにも、めるものにも、まずしきものにも、自由人じゆうじんにも、奴隷どれいにも、すべての人々ひとびとに、そのみぎあるいはひたい刻印こくいんさせ、

    17 この刻印こくいんのないものはみな、ものうこともることもできないようにした。この刻印こくいんは、そのけもの、または、その数字すうじのことである。

    18 ここに、知恵ちえ必要ひつようである。思慮しりょのあるものは、けもの数字すうじくがよい。その数字すうじとは、人間にんげんをさすものである。そして、その数字すうじは六百六十六である。