ヨハネの黙示録14
    脚注
    Theme

    第14章

    1 なお、わたしがていると、よ、小羊こひつじがシオンのやまっていた。また、十四万四千の人々ひとびと小羊こひつじともにおり、そのひたい小羊こひつじとそのちちとがかれていた。

    2 またわたしは、大水おおみずのとどろきのような、はげしい雷鳴らいめいのようなこえが、てんからるのをいた。わたしのいたそのこえは、ことをひくひと立琴たてごとをひくおとのようでもあった。

    3 かれらは、御座みざまえ、四つのもの長老ちょうろうたちとのまえで、あたらしいうたうたった。このうたは、からあがなわれた十四万四千にんのほかは、だれもまなぶことができなかった。

    4 かれらは、おんなにふれたことのないものである。かれらは、純潔じゅんけつものである。そして、小羊こひつじところへは、どこへでもついてく。かれらは、かみ小羊こひつじとにささげられる初穂はつほとして、人間にんげんなかからあがなわれたものである。

    5 かれらのくちにはいつわりがなく、かれらはきずのないものであった。

    6 わたしは、もうひとりの御使みつかい中空なかぞらぶのをた。かれもの、すなわち、あらゆる国民こくみん部族ぶぞく国語こくご民族みんぞくつたえるために、永遠えいえん福音ふくいんをたずさえてきて、

    7 大声おおごえった、「かみをおそれ、かみ栄光えいこうせよ。かみのさばきのときがきたからである。てんうみみずみなもととをつくられたかたを、おがめ」。

    8 また、ほかのだい二の御使みつかいが、つづいてきてった、「たおれた、おおいなるバビロンはたおれた。その不品行ふひんこうたいするはげしいいかりのぶどうしゅを、あらゆる国民こくみんませたもの」。

    9 ほかのだい三の御使みつかいかれらにつづいてきて、大声おおごえった、「おおよそ、けものとそのぞうとをおがみ、ひたい刻印こくいんけるものは、

    10 かみいかりのさかずきぜものなしにられた、かみはげしいいかりのぶどうしゅみ、せいなる御使みつかいたちと小羊こひつじとのまえで、硫黄いおうとでくるしめられる。

    11 そのくるしみのけむり世々よよかぎりなくちのぼり、そして、けものとそのぞうとをおがもの、また、だれでもその刻印こくいんけているものは、ひるよるやすみがられない。

    12 ここに、かみいましめをまもり、イエスをしんじる信仰しんこうちつづける聖徒せいと忍耐にんたいがある」。

    13 またわたしは、てんからのこえがこううのをいた、「きしるせ、『いまからのちしゅにあって死人しにんはさいわいである』」。御霊みたまう、「しかり、かれらはその労苦ろうくかれてやすみ、そのわざはかれらについていく」。

    14 またていると、よ、しろくもがあって、そのくもうえひとのようなものしており、あたまにはきんかんむりをいただき、にはするどいかまをっていた。

    15 すると、もうひとりの御使みつかい聖所せいじょからてきて、くもうえしているものにむかって大声おおごえさけんだ、「かまをれてりなさい。穀物こくもつまったみのり、るべきときがきた」。

    16 くもうえしているものは、そのかまをれた。すると、のものがられた。

    17 また、もうひとりの御使みつかいが、てん聖所せいじょからてきたが、かれもまたするどいかまをっていた。

    18 さらに、もうひとりの御使みつかいで、支配しはいする権威けんいっているものが、祭壇さいだんからてきて、するどいかまを御使みつかいにむかい、大声おおごえった、「そのするどいかまをれて、のぶどうのふさをあつめなさい。ぶどうのがすでにじゅくしているから」。

    19 そこで、御使みつかいはそのかまをれて、のぶどうをあつめ、かみはげしいいかりのおおきなさかぶねにんだ。

    20 そして、そのさかぶねがみやこそとまれた。すると、さかぶねからながて、うまのくつわにとどくほどになり、一千六百ちょうにわたってひろがった。