ヨハネの黙示録7
    脚注
    Theme

    第7章

    1 こののち、わたしは四にん御使みつかいの四すみにっているのをた。かれらは四方しほうかぜをひきめて、にもうみにもすべてのにも、きつけないようにしていた。

    2 また、もうひとりの御使みつかいが、けるかみいんって、ほうからのぼってるのをた。かれうみとをそこなう権威けんいさずかっている四にん御使みつかいにむかって、大声おおごえさけんでった、

    3 「わたしたちのかみしもべらのひたいに、わたしたちがいんをおしてしまうまでは、うみとをそこなってはならない」。

    4 わたしはいんをおされたものかずいたが、イスラエルのらのすべての部族ぶぞくのうち、いんをおされたものは十四万四千にんであった。

    5 ユダの部族ぶぞくのうち、一万二千にんいんをおされ、ルベンの部族ぶぞくのうち、一万二千にん、ガドの部族ぶぞくのうち、一万二千にん

    6 アセルの部族ぶぞくのうち、一万二千にん、ナフタリの部族ぶぞくのうち、一万二千にん、マナセの部族ぶぞくのうち、一万二千にん

    7 シメオンの部族ぶぞくのうち、一万二千にん、レビの部族ぶぞくのうち、一万二千にん、イサカルの部族ぶぞくのうち、一万二千にん

    8 ゼブルンの部族ぶぞくのうち、一万二千にん、ヨセフの部族ぶぞくのうち、一万二千にん、ベニヤミンの部族ぶぞくのうち、一万二千にんいんをおされた。

    9 そののち、わたしがていると、よ、あらゆる国民こくみん部族ぶぞく民族みんぞく国語こくごのうちから、かぞえきれないほどのおおぜいの群衆ぐんしゅうが、しろころもにまとい、しゅろのえだって、御座みざ小羊こひつじとのまえち、

    10 大声おおごえさけんでった、「すくいは、御座みざにいますわれらのかみ小羊こひつじからきたる」。

    11 御使みつかいたちはみな、御座みざ長老ちょうろうたちと四つのものとのまわりにっていたが、御座みざまえにひれし、かみはいしてった、

    12 「アァメン、さんび、栄光えいこう知恵ちえ感謝かんしゃ、ほまれ、ちからいきおいが、世々よよかぎりなく、われらのかみにあるように、アァメン」。

    13 長老ちょうろうたちのひとりが、わたしにむかってった、「このしろころもにまとっている人々ひとびとは、だれか。また、どこからきたのか」。

    14 わたしはかれこたえた、「わたしのしゅよ、それはあなたがごぞんじです」。すると、かれはわたしにった、「かれらはおおきな患難かんなんをとおってきたひとたちであって、そのころも小羊こひつじあらい、それをしろくしたのである。

    15 それだからかれらは、かみ御座みざまえにおり、ひるよるもその聖所せいじょかみつかえているのである。御座みざにいますかたは、かれらのうえ幕屋まくやってともまわれるであろう。

    16 かれらは、もはやえることがなく、かわくこともない。太陽たいよう炎暑えんしょも、かれらをおかすことはない。

    17 御座みざ正面しょうめんにいます小羊こひつじかれらの牧者ぼくしゃとなって、いのちのみずいずみみちびいてくださるであろう。またかみは、かれらのからなみだをことごとくぬぐいとってくださるであろう」。