聖典
ヨハネの黙示録17
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第17章

1 それから、七つのはちつ七にん御使みつかいのひとりがきて、わたしにかたってった、「さあ、きなさい。おおくのみずうえにすわっているおお淫婦いんぷたいするさばきを、せよう。

2 おうたちはこのおんな姦淫かんいんおこない、人々ひとびとはこのおんな姦淫かんいんのぶどうしゅいしれている」。

3 御使みつかいは、わたしを御霊みたまかんじたまま、荒野あらのれてった。わたしは、そこでひとりのおんなあかけものっているのをた。そのけものかみけがすかずかずのでおおわれ、また、それに七つのあたまと十のつのとがあった。

4 このおんなむらさきあかころもをまとい、きん宝石ほうせき真珠しんじゅとでかざり、にくむべきものと自分じぶん姦淫かんいんけがれとでちているきんさかずきち、

5 そのひたいには、一つのがしるされていた。それは奥義おくぎであって、「おおいなるバビロン、淫婦いんぷどもとにくむべきものらとのはは」というのであった。

6 わたしは、このおんな聖徒せいととイエスの証人しょうにんいしれているのをた。このおんなとき、わたしは非常ひじょうおどろきあやしんだ。

7 すると、御使みつかいはわたしにった、「なぜそんなにおどろくのか。このおんな奥義おくぎと、おんなせている七つのあたまと十のつののあるけもの奥義おくぎとを、はなしてあげよう。

8 あなたのけものは、むかしはいたが、いまはおらず、そして、やがてそこれぬところからのぼってきて、ついにはほろびにいたるものである。もののうち、はじめからいのちのしょをしるされていないものたちは、このけものが、むかしはいたがいまはおらず、やがてるのをて、おどろきあやしむであろう。

9 ここに、知恵ちえのあるこころ必要ひつようである。七つのあたまは、このおんなのすわっている七つのやまであり、また、七にんおうのことである。

10 そのうちの五にんはすでにたおれ、ひとりはいまおり、もうひとりは、まだきていない。それがれば、しばらくのあいだだけおることになっている。

11 むかしはいたがいまはいないというけものは、すなわちだい八のものであるが、またそれは、かの七にんなかのひとりであって、ついにはほろびにいたるものである。

12 あなたのた十のつのは、十にんおうのことであって、かれらはまだくにけてはいないが、けものともに、一時ひとときだけおうとしての権威けんいける。

13 かれらはこころをひとつにしている。そして、自分じぶんたちのちから権威けんいとをけものあたえる。

14 かれらは小羊こひつじたたかいをいどんでくるが、小羊こひつじは、しゅしゅおうおうであるから、かれらにうちつ。また、小羊こひつじともにいるされた、えらばれた、忠実ちゅうじつものたちも、勝利しょうりる」。

15 御使みつかいはまた、わたしにった、「あなたのみず、すなわち、淫婦いんぷのすわっているところは、あらゆる民族みんぞく群衆ぐんしゅう国民こくみん国語こくごである。

16 あなたのた十のつのけものとは、この淫婦いんぷにくみ、みじめなものにし、はだかにし、彼女かのじょにくい、つくすであろう。

17 かみは、御言みことば成就じょうじゅするときまで、かれらのこころなかに、御旨みむねおこない、おもいをひとつにし、かれらの支配しはいけんけものあたえるおもいをつようにされたからである。

18 あなたのたかのおんなは、おうたちを支配しはいするおおいなるみやこのことである」。