聖典
ヨハネの黙示録12
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第12章

1 また、おおいなるしるしがてんあらわれた。ひとりのおんな太陽たいようて、あししたつきみ、そのあたまに十二のほしかんむりをかぶっていた。

2 このおんな宿やどしており、みのくるしみとなやみとのために、さけんでいた。

3 また、もう一つのしるしがてんあらわれた。よ、おおきな、あかりゅうがいた。それに七つのあたまと十のつのとがあり、そのあたまに七つのかんむりをかぶっていた。

4 そのてんほしの三ぶんの一をせ、それらをおとした。りゅうもうとしているおんなまえち、うまれたなら、そのつくそうとかまえていた。

5 おんなおとこんだが、かれてつのつえをもってすべての国民こくみんおさめるべきものである。このは、かみのみもとに、その御座みざのところに、げられた。

6 おんな荒野あらのげてった。そこには、彼女かのじょが千二百六十にちのあいだやしなわれるように、かみ用意よういされた場所ばしょがあった。

7 さて、てんではたたかいがおこった。ミカエルとその御使みつかいたちとが、りゅうたたかったのである。りゅうもその使つかいたちも応戦おうせんしたが、

8 てなかった。そして、もはやてんにはかれらのおるところがなくなった。

9 この巨大きょだいりゅう、すなわち、悪魔あくまとか、サタンとかばれ、ぜん世界せかいまどわすとしたへびは、おとされ、その使つかいたちも、もろともにおとされた。

10 そのときわたしは、おおきなこえてんでこううのをいた、「いまや、われらのかみすくいちからくにと、かみのキリストの権威けんいとは、あらわれた。われらの兄弟きょうだいらをうったえるもの夜昼よるひるわれらのかみのみまえでかれらをうったえるものは、おとされた。

11 兄弟きょうだいたちは、小羊こひつじかれらのあかしの言葉ことばとによって、かれにうちち、いたるまでもそのいのちをしまなかった。

12 それゆえに、てんとそのなかものたちよ、おおいによろこべ。しかし、うみよ、おまえたちはわざわいである。悪魔あくまが、自分じぶんときみじかいのをり、はげしいいかりをもって、おまえたちのところにくだってきたからである」。

13 りゅうは、自分じぶん地上ちじょうおとされたとると、男子だんしんだおんないかけた。

14 しかし、おんな自分じぶん場所ばしょである荒野あらのんでくために、おおきなわしの二つのつばさあたえられた。そしてそこでへびからのがれて、一ねん、二ねん、また、半年はんとしあいだやしなわれることになっていた。

15 へびはおんなうしろみずかわのように、くちからして、おんなをおしながそうとした。

16 しかし、おんなたすけた。すなわち、はそのくちひらいて、りゅうくちからしたかわみほした。

17 りゅうは、おんなたいしていかりをはっし、おんなのこりのら、すなわち、かみいましめをまもり、イエスのあかしをっているものたちにたいして、たたかいをいどむために、った。

18 そして、うみすなうえった。