ヨハネの黙示録15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 またわたしは、てんおおいなるおどろくべきほかのしるしをた。七にん御使みつかいが、最後さいごの七つの災害さいがいたずさえていた。これらの災害さいがいかみはげしいいかりがその頂点ちょうてんたっするのである。

    2 またわたしは、のまじったガラスのうみのようなものをた。そして、このガラスのうみのそばに、けものとそのぞうとその数字すうじとにうちった人々ひとびとが、かみ立琴たてごとにしてっているのをた。

    3 かれらは、かみしもべモーセのうた小羊こひつじうたとをうたってった、「全能者ぜんのうしゃにしてしゅなるかみよ。あなたのみわざは、おおいなる、またおどろくべきものであります。万民ばんみんおうよ、あなたのみちただしく、かつ真実しんじつであります。

    4 しゅよ、あなたをおそれず、御名みなをほめたたえないものが、ありましょうか。あなただけがせいなるかたであり、あらゆる国民こくみんはきて、あなたをおがむでしょう。あなたのただしいさばきが、あらわれるにいたったからであります」。

    5 そののち、わたしがていると、てんにある、あかしの幕屋まくや聖所せいじょひらかれ、

    6 その聖所せいじょから、七つの災害さいがいたずさえている七にん御使みつかいが、けがれのない、ひかかがや亜麻布あまぬのにまとい、きんおびむねにしめて、てきた。

    7 そして、四つのものの一つが、世々よよかぎりなくきておられるかみはげしいいかりのちた七つのきんはちを、七にん御使みつかいわたした。

    8 すると、聖所せいじょかみ栄光えいこうとそのちからとからちのぼるけむりたされ、七にん御使みつかいの七つの災害さいがいおわってしまうまでは、だれも聖所せいじょにはいることができなかった。