聖典
ヨハネの黙示録6
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第6章

1 小羊こひつじがその七つの封印ふういんの一つをいたとき、わたしがていると、四つのものの一つが、かみなりのようなこえで「きたれ」とぶのをいた。

2 そしてていると、よ、しろうまてきた。そして、それにっているものは、ゆみっており、またかんむりあたえられて、勝利しょうりうえにもなお勝利しょうりようとしてかけた。

3 小羊こひつじだい二の封印ふういんいたときだい二のものが「きたれ」とうのを、わたしはいた。

4 すると今度こんどは、あかうまてきた。そして、それにっているものは、人々ひとびとたがいころうようになるために、地上ちじょうから平和へいわうばることをゆるされ、また、おおきなつるぎをあたえられた。

5 また、だい三の封印ふういんいたときだい三のものが「きたれ」とうのを、わたしはいた。そこでていると、よ、くろうまてきた。そして、それにっているものは、はかりをっていた。

6 すると、わたしは四つのものあいだからるとおもわれるこえが、こううのをいた、「小麦こむぎ一ますは一デナリ。大麦おおむぎ三ますも一デナリ。オリブとぶどうしゅとを、そこなうな」。

7 小羊こひつじだい四の封印ふういんいたときだい四のものが「きたれ」とこえを、わたしはいた。

8 そこでていると、よ、青白あおじろうまてきた。そして、それにっているものは「」とい、それに黄泉よみしたがっていた。かれらには、の四ぶんの一を支配しはいする権威けんい、および、つるぎと、ききんと、と、けものらとによってひところ権威けんいとが、あたえられた。

9 小羊こひつじだい五の封印ふういんいたときかみことばのゆえに、また、そのあかしをてたために、ころされた人々ひとびと霊魂れいこんが、祭壇さいだんしたにいるのを、わたしはた。

10 かれらは大声おおごえさけんでった、「せいなる、まことなるしゅよ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、またものたいして、わたしたちの報復ほうふくをなさらないのですか」。

11 すると、かれらのひとりびとりにしろころもあたえられ、それから、「かれらとおなじくころされようとするしもべ仲間なかま兄弟きょうだいたちのかずちるまで、もうしばらくのあいだやすんでいるように」とわたされた。

12 小羊こひつじだい六の封印ふういんいたとき、わたしがていると、だい地震じしんおこって、太陽たいよう毛織けおり荒布あらぬののようにくろくなり、つき全面ぜんめんのようになり、

13 てんほしは、いちじくのまだあお大風おおふうられておとされるように、ちた。

14 てん巻物まきものかれるようにえていき、すべてのやましまとはその場所ばしょからうつされてしまった。

15 おうたち、高官こうかん千卒長せんそつちょうめるもの勇者ゆうしゃ奴隷どれい自由人じゆうじんらはみな、ほらあなやまいわかげに、をかくした。

16 そして、やまいわとにむかってった、「さあ、われわれをおおって、御座みざにいますかたの御顔みかお小羊こひつじいかりとから、かくまってくれ。

17 いかりのおおいなるが、すでにきたのだ。だれが、そのまえつことができようか」。