ヨハネの黙示録5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 わたしはまた、御座みざにいますかたのみぎに、巻物まきものがあるのをた。その内側うちがわにも外側そとがわにもいてあって、七つの封印ふういんふうじてあった。

    2 また、ひとりのつよ御使みつかいが、大声おおごえで、「その巻物まきものひらき、封印ふういんをとくのにふさわしいものは、だれか」とばわっているのをた。

    3 しかし、てんにもにもしたにも、この巻物まきものひらいて、それをることのできるものは、ひとりもいなかった。

    4 巻物まきものひらいてそれをるのにふさわしいもの見当みあたらないので、わたしははげしくいていた。

    5 すると、長老ちょうろうのひとりがわたしにった、「くな。よ、ユダぞくのしし、ダビデのわかえだであるかたが、勝利しょうりたので、その巻物まきものひらき七つの封印ふういんくことができる」。

    6 わたしはまた、御座みざと四つのものとのあいだ長老ちょうろうたちのあいだに、ほふられたとみえる小羊こひつじっているのをた。それに七つのつのと七つのとがあった。これらのは、ぜん世界せかいにつかわされた、かみの七つのれいである。

    7 小羊こひつじすすて、御座みざにいますかたのみぎから、巻物まきものけとった。

    8 巻物まきものけとったとき、四つのものと二十四にん長老ちょうろうとは、おのおの、立琴たてごとと、こうちているきんはちとをって、小羊こひつじまえにひれした。このこう聖徒せいといのりである。

    9 かれらはあたらしいうたうたってった、「あなたこそは、その巻物まきものけとり、封印ふういんくにふさわしいかたであります。あなたはほふられ、そのによって、かみのために、あらゆる部族ぶぞく国語こくご民族みんぞく国民こくみんなかから人々ひとびとをあがない、

    10 わたしたちのかみのために、かれらを御国みくにたみとし、祭司さいしとなさいました。かれらは地上ちじょう支配しはいするにいたるでしょう」。

    11 さらにていると、御座みざもの長老ちょうろうたちとのまわりに、おおくの御使みつかいたちのこえがるのをいた。そのかずは万のいくばい、千のいくばいもあって、

    12 大声おおごえさけんでいた、「ほふられた小羊こひつじこそは、ちからと、とみと、知恵ちえと、いきおいと、ほまれと、栄光えいこうと、さんびとをけるにふさわしい」。

    13 またわたしは、てんしたうみなかにあるすべてのつくられたもの、そして、それらのなかにあるすべてのもののこえいた、「御座みざにいますかたと小羊こひつじとに、さんびと、ほまれと、栄光えいこうと、権力けんりょくとが、世々よよかぎりなくあるように」。

    14 四つのものはアァメンととなえ、長老ちょうろうたちはひれして礼拝れいはいした。