ヨハネの黙示録3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 サルデスにある教会きょうかい御使みつかいに、こうきおくりなさい。『かみの七つのれいと七つのほしとをつかたが、つぎのようにわれる。わたしはあなたのわざをっている。すなわち、あなたは、きているというのはだけで、じつんでいる。

    2 をさましていて、にかけているのこりのものたちをちからづけなさい。わたしは、あなたのわざが、わたしのかみのみまえに完全かんぜんであるとはていない。

    3 だから、あなたが、どのようにしてけたか、またいたかをおもおこして、それをまもりとおし、かつあらためなさい。もしをさましていないなら、わたしは盗人ぬすびとのようにるであろう。どんなときにあなたのところにるか、あなたにはけっしてわからない。

    4 しかし、サルデスにはそのころもけがさないひとが、数人すうにんいる。かれらはしろころもて、わたしとともあゆみをつづけるであろう。かれらは、それにふさわしいものである。

    5 勝利しょうりものは、このようにしろころもせられるのである。わたしは、そのをいのちのからすようなことを、けっしてしない。また、わたしのちち御使みつかいたちのまえで、そのいあらわそう。

    6 みみのあるものは、御霊みたましょ教会きょうかいうことをくがよい』。

    7 ヒラデルヒヤにある教会きょうかい御使みつかいに、こうきおくりなさい。『せいなるもの、まことなるもの、ダビデのかぎをものひらけばだれにもじられることがなく、じればだれにもひらかれることのないものが、つぎのようにわれる。

    8 わたしは、あなたのわざをっている。よ、わたしは、あなたのまえに、だれもじることのできないもんひらいておいた。なぜなら、あなたにはすこししかちからがなかったにもかかわらず、わたしの言葉ことばまもり、わたしのいなまなかったからである。

    9 よ、サタンの会堂かいどうぞくするもの、すなわち、ユダヤじんしょうしてはいるが、そのじつユダヤじんでなくて、いつわものたちに、こうしよう。よ、かれらがあなたのあしもとにきて平伏へいふくするようにし、そして、わたしがあなたをあいしていることを、かれらにらせよう。

    10 忍耐にんたいについてのわたしの言葉ことばをあなたがまもったから、わたしも、地上ちじょうものたちをためすために、ぜん世界せかいのぞもうとしている試錬しれんときに、あなたをふせまもろう。

    11 わたしは、すぐにる。あなたのかんむりがだれにもうばわれないように、自分じぶんっているものをかたまもっていなさい。

    12 勝利しょうりものを、わたしのかみ聖所せいじょにおけるはしらにしよう。かれけっして二そとることはない。そしてかれうえに、わたしのかみ御名みなと、わたしのかみみやこ、すなわち、てんとわたしのかみのみもとからくだってくるあたらしいエルサレムのと、わたしのあたらしいとを、きつけよう。

    13 みみのあるものは、御霊みたましょ教会きょうかいうことをくがよい』。

    14 ラオデキヤにある教会きょうかい御使みつかいに、こうきおくりなさい。『アァメンたるもの忠実ちゅうじつな、まことの証人しょうにんかみつくられたものの根源こんげんであるかたが、つぎのようにわれる。

    15 わたしはあなたのわざをっている。あなたはつめたくもなく、あつくもない。むしろ、つめたいかあついかであってほしい。

    16 このように、あつくもなく、つめたくもなく、なまぬるいので、あなたをくちからそう。

    17 あなたは、自分じぶんんでいる、ゆたかになった、なんの不自由ふじゆうもないとっているが、じつは、あなた自身じしんがみじめなもの、あわれむべきものまずしいものえないものはだかものであることにがついていない。

    18 そこで、あなたにすすめる。ものとなるために、わたしから精錬せいれんされたきんい、また、あなたのはだかはじをさらさないためけるように、しろころもいなさい。また、えるようになるため、にぬる目薬めぐすりいなさい。

    19 すべてわたしのあいしているものを、わたしはしかったり、らしめたりする。だから、熱心ねっしんになってあらためなさい。

    20 よ、わたしはそとって、たたいている。だれでもわたしのこえいてをあけるなら、わたしはそのなかにはいってかれしょくともにし、かれもまたわたしとしょくともにするであろう。

    21 勝利しょうりものには、わたしとともにわたしのにつかせよう。それはちょうど、わたしが勝利しょうりてわたしのちちともにその御座みざについたのと同様どうようである。

    22 みみのあるものは、御霊みたましょ教会きょうかいうことをくがよい』」。