ヨハネの黙示録21
    脚注

    第21章

    1 わたしはまた、あたらしいてんあたらしいとをた。さきてんとはり、うみもなくなってしまった。

    2 また、せいなるみやこあたらしいエルサレムが、おっとのために着飾きかざった花嫁はなよめのように用意よういをととのえて、かみのもとをて、てんからくだってるのをた。

    3 また、御座みざからおおきなこえさけぶのをいた、「よ、かみ幕屋まくやひとともにあり、かみひとともみ、ひとかみたみとなり、かみみずかひとともにいまして、

    4 ひとからなみだまったくぬぐいとってくださる。もはや、もなく、かなしみも、さけびも、いたみもない。さきのものが、すでにったからである」。

    5 すると、御座みざにいますかたがわれた、「よ、わたしはすべてのものをあらたにする」。またわれた、「きしるせ。これらの言葉ことばは、しんずべきであり、まことである」。

    6 そして、わたしにおおせられた、「ことはすでにった。わたしは、アルパでありオメガである。はじめでありおわりである。かわいているものには、いのちのみずいずみからあたいなしにませよう。

    7 勝利しょうりものは、これらのものをぐであろう。わたしはかれかみとなり、かれはわたしのとなる。

    8 しかし、おくびょうなものしんじないものむべきもの人殺ひとごろし、姦淫かんいんおこなもの、まじないをするもの偶像ぐうぞうおがもの、すべていつわりをものには、硫黄いおうえているいけが、かれらのくべきむくいである。これがだい二のである」。

    9 最後さいごの七つの災害さいがいちている七つのはちっていた七にん御使みつかいのひとりがきて、わたしにかたってった、「さあ、きなさい。小羊こひつじつまなる花嫁はなよめせよう」。

    10 この御使みつかいは、わたしを御霊みたまかんじたまま、おおきなたかやまれてき、せいみやこエルサレムが、かみ栄光えいこうのうちに、かみのみもとをてんからくだってるのをせてくれた。

    11 そのみやこかがやきは、高価こうか宝石ほうせきのようであり、透明とうめい碧玉へきぎょくのようであった。

    12 それにはおおきな、たか城壁じょうへきがあって、十二のもんがあり、それらのもんには、十二の御使みつかいがおり、イスラエルのらの十二部族ぶぞくが、それにいてあった。

    13 ひがしに三つのもんきたに三つのもんみなみに三つのもん西にしに三つのもんがあった。

    14 またみやこ城壁じょうへきには十二の土台どだいがあり、それには小羊こひつじの十二使徒しとの十二のいてあった。

    15 わたしにかたっていたものは、みやことそのもん城壁じょうへきとをはかるために、きんはかりざおをっていた。

    16 みやこ方形ほうけいであって、そのながさとはばとはおなじである。かれがそのはかりざおでみやこはかると、一万二千ちょうであった。ながさとはばたかさとは、いずれもおなじである。

    17 また城壁じょうへきはかると、百四十四キュビトであった。これは人間にんげんの、すなわち、御使みつかい尺度しゃくどによるのである。

    18 城壁じょうへき碧玉へきぎょくきずかれ、みやこはすきとおったガラスのような純金じゅんきんつくられていた。

    19 みやこ城壁じょうへき土台どだいは、さまざまな宝石ほうせきかざられていた。だい一の土台どだい碧玉へきぎょくだい二はサファイヤ、だい三はめのう、だい四は緑玉りょくぎょく

    20 だい五はしまめのう、だい六はあかめのう、だい七はかんらんせきだい八は緑柱石りょくちゅうせきだい九は黄玉石おうぎょくせきだい十はひすい、だい十一は青玉せいぎょくだい十二は紫水晶むらさきずいしょうであった。

    21 十二のもんは十二の真珠しんじゅであり、もんはそれぞれ一つの真珠しんじゅつくられ、みやこ大通おおどおりは、すきとおったガラスのような純金じゅんきんであった。

    22 わたしは、このみやこなかには聖所せいじょなかった。全能者ぜんのうしゃにしてしゅなるかみ小羊こひつじとが、その聖所せいじょなのである。

    23 みやこは、つきがそれをてら必要ひつようがない。かみ栄光えいこうみやこあかるくし、小羊こひつじみやこのあかりだからである。

    24 しょ国民こくみんみやこひかりなかあるき、おうたちは、自分じぶんたちの光栄こうえいをそこにたずさえてる。

    25 みやこもんは、終日しゅうじつざされることはない。そこにはよるがないからである。

    26 人々ひとびとは、しょ国民こくみん光栄こうえいとほまれとをそこにたずさえてる。

    27 しかし、けがれたものや、むべきことおよいつわりをおこなものは、そのなかけっしてはいれない。はいれるものは、小羊こひつじのいのちのしょをしるされているものだけである。