ヨハネの黙示録一
    脚注

    ヨハネの黙示録もくしろく

    第一章

    イエス・キリストの黙示もくし。この黙示もくしは、かみが、すぐにもおこるべきことをそのしもべたちにしめすためキリストにあたえ、そして、キリストが、御使みつかいをつかわして、しもべヨハネにつたえられたものである。

    ヨハネは、かみことばとイエス・キリストのあかしと、すなわち、自分じぶんたすべてのことをあかしした。

    この預言よげん言葉ことば朗読ろうどくするものと、これをいて、そのなかかれていることをまもものたちとは、さいわいである。ときちかづいているからである。

    ヨハネからアジヤにある七つの教会きょうかいへ。いまいまし、むかしいまし、やがてきたるべきかたから、また、その御座みざまえにある七つのれいから、

    また、忠実ちゅうじつ証人しょうにん死人しにんなかから最初さいしょうまれたもの地上ちじょう諸王しょおう支配者しはいしゃであるイエス・キリストから、めぐみと平安へいあんとが、あなたがたにあるように。わたしたちをあいし、そのによってわたしたちをつみから解放かいほうし、

    わたしたちを、そのちちなるかみのために、御国みくにたみとし、祭司さいしとしてくださったかたに、世々よよかぎりなく栄光えいこう権力けんりょくとがあるように、アァメン。

    よ、かれは、くもってこられる。すべてのひと、ことに、かれしとおしたものたちは、かれあおるであろう。また地上ちじょうしょぞくはみな、かれのゆえにむねってなげくであろう。しかり、アァメン。

    いまいまし、むかしいまし、やがてきたるべきもの全能者ぜんのうしゃにしてしゅなるかみおおせになる、「わたしはアルパであり、オメガである」。

    あなたがたの兄弟きょうだいであり、ともにイエスの苦難くなん御国みくに忍耐にんたいとにあずかっている、わたしヨハネは、かみことばとイエスのあかしとのゆえに、パトモスというしまにいた。

    一〇 ところが、わたしは、しゅ御霊みたまかんじた。そして、わたしのうしろのほうで、ラッパのようなおおきなこえがするのをいた。

    一一 そのこえはこうった、「あなたがていることをきものにして、それをエペソ、スミルナ、ペルガモ、テアテラ、サルデス、ヒラデルヒヤ、ラオデキヤにある七つの教会きょうかいおくりなさい」。

    一二 そこでわたしは、わたしにびかけたそのこえようとしてふりむいた。ふりむくと、七つのきん燭台しょくだいについた。

    一三 それらの燭台しょくだいあいだに、あしまでたれた上着うわぎむねきんおびをしめているひとのようなものがいた。

    一四 そのかしらとかみとは、ゆきのようにしろ羊毛ようもう真白まっしろであり、えるほのおのようであった。

    一五 そのあしは、精錬せいれんされてひかかがやくしんちゅうのようであり、こえ大水おおみずのとどろきのようであった。

    一六 その右手みぎてに七つのほしち、くちからは、するどいもろのつるぎがつきており、かおは、つよかがや太陽たいようのようであった。

    一七 わたしはかれたとき、そのあしもとにたおれて死人しにんのようになった。すると、かれ右手みぎてをわたしのうえにおいてった、「おそれるな。わたしははじめであり、おわりであり、

    一八 また、きているものである。わたしはんだことはあるが、よ、世々よよかぎりなくきているものである。そして、黄泉よみとのかぎをっている。

    一九 そこで、あなたのたこと、現在げんざいのこと、今後こんごおころうとすることを、きとめなさい。

    二〇 あなたがわたしの右手みぎてた七つのほしと、七つのきん燭台しょくだいとの奥義おくぎは、こうである。すなわち、七つのほしは七つの教会きょうかい御使みつかいであり、七つの燭台しょくだいは七つの教会きょうかいである。