使徒行伝9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 さてサウロは、なおもしゅ弟子でしたちにたいする脅迫きょうはく殺害さつがいいきをはずませながら、大祭司だいさいしのところにって、

    2 ダマスコのしょ会堂かいどうあての添書てんしょもとめた。それは、このみちものつけ次第しだい男女だんじょべつなくしばりあげて、エルサレムにひっぱってるためであった。

    3 ところが、みちいそいでダマスコのちかくにきたとき、突然とつぜんてんからひかりがさして、かれをめぐりてらした。

    4 かれたおれたが、そのとき「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害はくがいするのか」とびかけるこえいた。

    5 そこでかれは「しゅよ、あなたは、どなたですか」とたずねた。するとこたえがあった、「わたしは、あなたが迫害はくがいしているイエスである。

    6 さあって、まちにはいってきなさい。そうすれば、そこであなたのなすべきことげられるであろう」。

    7 サウロの同行者どうこうしゃたちはものえずにっていて、こえだけはきこえたが、だれもえなかった。

    8 サウロはからがってひらいてみたが、なにえなかった。そこで人々ひとびとは、かれいてダマスコへれてった。

    9 かれは三日間かかんえず、またべることもむこともしなかった。

    10 さて、ダマスコにアナニヤというひとりの弟子でしがいた。このひとしゅまぼろしなかあらわれて、「アナニヤよ」とおびになった。かれは「しゅよ、わたしでございます」とこたえた。

    11 そこでしゅかれわれた、「って、『すぐ』という路地ろじき、ユダのいえでサウロというタルソびとたずねなさい。かれはいまいのっている。

    12 かれはアナニヤというひとがはいってきて、自分じぶんうえにおいてふたたえるようにしてくれるのを、まぼろしたのである」。

    13 アナニヤはこたえた、「しゅよ、あのひとがエルサレムで、どんなにひどいことをあなたの聖徒せいとたちにしたかについては、おおくのひとたちからいています。

    14 そしてかれはここでも、御名みなをとなえるものたちをみな捕縛ほばくするけんを、祭司長さいしちょうたちからてきているのです」。

    15 しかし、しゅおおせになった、「さあ、きなさい。あのひとは、異邦人いほうじんたち、おうたち、またイスラエルのらにも、わたしのつたえるうつわとして、わたしがえらんだものである。

    16 わたしののためにかれがどんなにくるしまなければならないかを、かれらせよう」。

    17 そこでアナニヤは、かけてってそのいえにはいり、をサウロのうえにおいてった、「兄弟きょうだいサウロよ、あなたが途中とちゅうあらわれたしゅイエスは、あなたがふたたえるようになるため、そして聖霊せいれいたされるために、わたしをここにおつかわしになったのです」。

    18 するとたちどころに、サウロのから、うろこのようなものがちて、もとどおりえるようになった。そこでかれってバプテスマをけ、

    19 また食事しょくじをとって元気げんきりもどした。サウロは、ダマスコにいる弟子でしたちととも数日間すうじつかんごしてから、

    20 ただちにしょ会堂かいどうでイエスのことをつたえ、このイエスこそかみであるときはじめた。

    21 これをいたひとたちはみな非常ひじょうおどろいてった、「あれは、エルサレムでこのをとなえるものたちをくるしめたおとこではないか。そのうえここにやってきたのも、かれらをしばりあげて、祭司長さいしちょうたちのところへひっぱってくためではなかったか」。

    22 しかし、サウロはますますちからくわわり、このイエスがキリストであることを論証ろんしょうして、ダマスコにむユダヤじんたちをせた。

    23 相当そうとう日数にっすうがたったころ、ユダヤじんたちはサウロをころ相談そうだんをした。

    24 ところが、その陰謀いんぼうかれるところとなった。かれらはサウロをころそうとして、夜昼よるひるまちもん見守みまもっていたのである。

    25 そこでかれ弟子でしたちが、よるあいだかれをかごにせて、まち城壁じょうへきづたいにつりおろした。

    26 サウロはエルサレムにいて、弟子でしたちの仲間なかまくわわろうとつとめたが、みんなのものかれ弟子でしだとはしんじないで、おそれていた。

    27 ところが、バルナバはかれ世話せわをして使徒しとたちのところへれてき、途中とちゅうしゅかれあらわれてかたりかけたことや、かれがダマスコでイエスの大胆だいたんつたえた次第しだいを、かれらに説明せつめいしてかせた。

    28 それ以来いらいかれ使徒しとたちの仲間なかまくわわり、エルサレムに出入でいりし、しゅによって大胆だいたんかたり、

    29 ギリシヤ使つかうユダヤじんたちとしばしばかたい、またろんった。しかし、かれらはかれころそうとねらっていた。

    30 兄弟きょうだいたちはそれとって、かれをカイザリヤにれてくだり、タルソへおくした。

    31 こうして教会きょうかいは、ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤぜん地方ちほうにわたって平安へいあんたもち、基礎きそがかたまり、しゅをおそれ聖霊せいれいにはげまされてあゆみ、次第しだい信徒しんとかずしてった。

    32 ペテロは方々ほうぼうをめぐりあるいたが、ルダに聖徒せいとたちのところへもくだってった。

    33 そして、そこで、八年間ねんかんとこについているアイネヤというひとった。このひと中風ちゅうぶであった。

    34 ペテロがかれった、「アイネヤよ、イエス・キリストがあなたをいやしてくださるのだ。きなさい。そしてとこりあげなさい」。すると、かれはただちにきあがった。

    35 ルダとサロンにひとたちは、みなそれをて、しゅ帰依きえした。

    36 ヨッパにタビタ(これをやくすと、ドルカス、すなわち、かもしか)というおんな弟子でしがいた。数々かずかずのよいはたらきやほどこしをしていた婦人ふじんであった。

    37 ところが、そのころ病気びょうきになってんだので、人々ひとびとはそのからだをあらって、屋上おくじょう安置あんちした。

    38 ルダはヨッパにちかかったので、弟子でしたちはペテロがルダにきているとき、ふたりのものかれのもとにやって、「どうぞ、はやくこちらにおいでください」とたのんだ。

    39 そこでペテロはって、ふたりのものれられてきた。かれくとすぐ、屋上おくじょう案内あんないされた。すると、やもめたちがみんなかれのそばにってきて、ドルカスが生前せいぜんつくった下着したぎ上着うわぎ数々かずかずを、きながらせるのであった。

    40 ペテロはみんなのものそとし、ひざまずいていのった。それから死体したいほういて、「タビタよ、きなさい」とった。すると彼女かのじょをあけ、ペテロをきなおった。

    41 ペテロは彼女かのじょをかしてたせた。それから、聖徒せいとたちや、やもめたちをれて、彼女かのじょきかえっているのをせた。

    42 このことがヨッパちゅうれわたり、おおくの人々ひとびとしゅしんじた。

    43 ペテロは、かわなめしシモンというひといえまり、しばらくのあいだヨッパに滞在たいざいした。