聖典
使徒行伝21
戻る 次へ

第21章

1 さて、わたしたちは人々ひとびとわかれて船出ふなでしてから、コスに直航ちょっこうし、つぎはロドスに、そこからパタラにいた。

2 ここでピニケきのふねつけたので、それにんで出帆しゅっぱんした。

3 やがてクプロがえてきたが、それを左手ひだりてにしてとおりすぎ、シリヤへ航行こうこうをつづけ、ツロに入港にゅうこうした。ここで積荷つみに陸上りくあげされることになっていたからである。

4 わたしたちは、弟子でしたちをさがして、そこに七日間なぬかかんまった。ところがかれらは、御霊みたましめしをけて、エルサレムにはのぼってかないようにと、しきりにパウロに注意ちゅういした。

5 しかし、滞在たいざい期間きかんおわったとき、わたしたちはまた旅立たびだつことにしたので、みんなのものは、つま子供こどもれて、まちはずれまで、わたしたちを見送みおくりにきてくれた。そこで、とも海岸かいがんにひざまずいていのり、

6 たがいわかれをげた。それから、わたしたちはふねみ、かれらはそれぞれ自分じぶんいえかえった。

7 わたしたちは、ツロからの航行こうこうおわってトレマイにき、そこの兄弟きょうだいたちにあいさつをし、かれらのところに一にち滞在たいざいした。

8 翌日よくじつそこをたって、カイザリヤにき、かの七にんのひとりである伝道者でんどうしゃピリポのいえき、そこにまった。

9 このひとに四にんむすめがあったが、いずれも処女しょじょであって、預言よげんをしていた。

10 幾日いくにち滞在たいざいしているあいだに、アガボという預言者よげんしゃがユダヤからくだってきた。

11 そして、わたしたちのところにきて、パウロのおびり、それで自分じぶん手足てあししばってった、「聖霊せいれいがこうおげになっている、『このおびぬしを、ユダヤじんたちがエルサレムでこのようにしばって、異邦人いほうじんわたすであろう』」。

12 わたしたちはこれをいて、土地とちひとたちと一緒いっしょになって、エルサレムにはのぼってかないようにと、パウロにねがつづけた。

13 そのときパウロはこたえた、「あなたがたは、いたり、わたしのこころをくじいたりして、いったい、どうしようとするのか。わたしは、しゅイエスののためなら、エルサレムでしばられるだけでなく、ぬことをも覚悟かくごしているのだ」。

14 こうして、パウロが勧告かんこくきいれてくれないので、わたしたちは「しゅのみこころがおこなわれますように」とっただけで、それ以上いじょうなにわなかった。

15 数日後すうじつご、わたしたちは旅装りょそうととのえてエルサレムへのぼってった。

16 カイザリヤの弟子でしたちも数人すうにん、わたしたちと同行どうこうして、ふるくからの弟子でしであるクプロびとマナソンのいえ案内あんないしてくれた。わたしたちはそのいえまることになっていたのである。

17 わたしたちがエルサレムに到着とうちゃくすると、兄弟きょうだいたちはよろこんでむかえてくれた。

18 翌日よくじつパウロはわたしたちをれて、ヤコブを訪問ほうもんしにった。そこに長老ちょうろうたちがみなあつまっていた。

19 パウロはかれらにあいさつをしたのちかみ自分じぶんはたらきをとおして、異邦人いほうじんあいだになさったことどもを一々いちいち説明せつめいした。

20 一同いちどうはこれをいてかみをほめたたえ、そしてかれった、「兄弟きょうだいよ、ご承知しょうちのように、ユダヤじんなか信者しんじゃになったものが、数万すうまんにものぼっているが、みんな律法りっぽう熱心ねっしんひとたちである。

21 ところが、かれらがつたいているところによれば、あなたは異邦人いほうじんなかにいるユダヤじん一同いちどうたいして、子供こども割礼かつれいほどこすな、またユダヤの慣例かんれいにしたがうなとって、モーセにそむくことをおしえている、ということである。

22 どうしたらよいか。あなたがここにきていることは、かれらもきっとむにちがいない。

23 ついては、いまわたしたちがうとおりのことをしなさい。わたしたちのなかに、誓願せいがんてているものが四にんいる。

24 このひとたちをれてって、かれらとともにきよめをおこない、またかれらのあたまをそる費用ひようけてやりなさい。そうすれば、あなたについて、うわさされていることは、もないことで、あなたは律法りっぽうまもって、ただしい生活せいかつをしていることが、みんなにわかるであろう。

25 異邦人いほうじん信者しんじゃになったひとたちには、すでに手紙てがみで、偶像ぐうぞうそなえたものと、と、ころしたものと、不品行ふひんこうとを、つつしむようにとの決議けつぎが、わたしたちかららせてある」。

26 そこでパウロは、そのつぎに四にんものれて、かれらとともにきよめをけてからみやにはいった。そしてきよめの期間きかんおわって、ひとりびとりのためにそなものをささげるとき報告ほうこくしておいた。

27 七日なぬか期間きかんおわろうとしていたとき、アジヤからきたユダヤじんたちが、みやうちでパウロをかけて、群衆ぐんしゅう全体ぜんたい煽動せんどうしはじめ、パウロにをかけてさけてた、

28 「イスラエルの人々ひとびとよ、加勢かせいにきてくれ。このひとは、いたるところでたみ律法りっぽうとこの場所ばしょにそむくことを、みんなにおしえている。そのうえに、ギリシヤじんみやうちんで、この神聖しんせい場所ばしょけがしたのだ」。

29 かれらは、まえにエペソびとトロピモが、パウロと一緒いっしょまちあるいていたのをかけて、そのひとをパウロがみやうちんだのだとおもったのである。

30 そこで、全体ぜんたいさわし、民衆みんしゅうあつまってきて、パウロをとらえ、みやそときずりした。そして、すぐそのあとにみやもんざされた。

31 かれらがパウロをころそうとしていたときに、エルサレム全体ぜんたい混乱こんらん状態じょうたいおちいっているとの情報じょうほうが、守備しゅびたい千卒長せんそつちょうにとどいた。

32 そこで、かれはさっそく、兵卒へいそつ百卒長ひゃくそつちょうたちをひきいて、そのけつけた。人々ひとびと千卒長せんそつちょう兵卒へいそつたちをて、パウロをちたたくのをやめた。

33 千卒長せんそつちょう近寄ちかよってきてパウロをとらえ、かれ二重にじゅうくさりしばっておくようにめいじたうえ、パウロは何者なにものか、またなにをしたのか、とたずねた。

34 しかし、群衆ぐんしゅうがそれぞれちがったことをさけびつづけるため、さわがしくて、たしかなことがわからないので、かれはパウロを兵営へいえいれてくようにめいじた。

35 パウロが階段かいだんにさしかかったときには、群衆ぐんしゅう暴行ぼうこうけるため、兵卒へいそつたちにかつがれてくという始末しまつであった。

36 おおぜいの民衆みんしゅうが「あれをやっつけてしまえ」とさけびながら、ついてきたからである。

37 パウロが兵営へいえいなかれてかれようとしたとき千卒長せんそつちょうに、「ひとことあなたにおはなしてもよろしいですか」とたずねると、千卒長せんそつちょうった、「おまえはギリシヤはなせるのか。

38 では、もしかおまえは、さきごろ反乱はんらんおこしたのち、四千にん刺客しかくれて荒野あらのげてったあのエジプトじんではないのか」。

39 パウロはこたえた、「わたしはタルソうまれのユダヤじんで、キリキヤのれっきとした都市とし市民しみんです。おねがいですが、民衆みんしゅうはなしをさせてください」。

40 千卒長せんそつちょうゆるしてくれたので、パウロは階段かいだんうえち、民衆みんしゅうにむかってった。すると、一同いちどうがすっかり静粛せいしゅくになったので、パウロはヘブルはなした。