使徒行伝27
    脚注
    Theme

    第27章

    1 さて、わたしたちが、ふねでイタリヤにくことがまったとき、パウロとそのほか数人すうにん囚人しゅうじんとは、近衛このえたい百卒長ひゃくそつちょうユリアスにたくされた。

    2 そしてわたしたちは、アジヤ沿岸えんがん各所かくしょ寄港きこうすることになっているアドラミテオのふねんで、出帆しゅっぱんした。テサロニケのマケドニヤびとアリスタルコも同行どうこうした。

    3 つぎ、シドンに入港にゅうこうしたが、ユリアスは、パウロを親切しんせつあつかい、友人ゆうじんをおとずれてかんたいをけることを、ゆるした。

    4 それからわたしたちは、ここから船出ふなでしたが、逆風ぎゃくふうにあったので、クプロのしまかげを航行こうこうし、

    5 キリキヤとパンフリヤのおきぎて、ルキヤのミラに入港にゅうこうした。

    6 そこに、イタリヤきのアレキサンドリヤのふねがあったので、百卒長ひゃくそつちょうは、わたしたちをそのふねませた。

    7 幾日いくにちものあいだ、ふねすすみがおそくて、わたしたちは、かろうじてクニドの沖合おきあいにきたが、かぜがわたしたちのをはばむので、サルモネのおき、クレテのしまかげを航行こうこうし、

    8 そのきし沿ってすすみ、かろうじて「みなと」とばれるところいた。そのちかくにラサヤのまちがあった。

    9 ながとき経過けいかし、断食だんじきぎてしまい、すでに航海こうかい危険きけん季節きせつになったので、パウロは人々ひとびと警告けいこくしてった、

    10 みなさん、わたしのるところでは、この航海こうかいでは、積荷つみに船体せんたいばかりでなく、われわれの生命せいめいにも、危害きがいおおきな損失そんしつおよぶであろう」。

    11 しかし百卒長ひゃくそつちょうは、パウロのよりも、船長せんちょう船主せんしゅほう信頼しんらいした。

    12 なお、このみなとふゆごすのにてきしないので、大多数だいたすうものは、ここからて、できればなんとかして、南西なんせい北西ほくせいとにめんしているクレテのピニクスこうって、そこでふゆごしたいと主張しゅちょうした。

    13 ときに、南風なんぷうしずかにいてきたので、かれらは、このときとばかりにいかりをげて、クレテのきし沿って航行こうこうした。

    14 するともなく、ユーラクロンとばれる暴風ぼうふうが、しまからきおろしてきた。

    15 そのために、ふねながされてかぜさからうことができないので、わたしたちはながされるままにまかせた。

    16 それから、クラウダという小島こじまかげに、はいりんだので、わたしたちは、やっとのことで小舟こぶね処置しょちすることができ、

    17 それをふねげてから、つな船体せんたいきつけた。また、スルテスのげるのをおそれ、をおろしてながれるままにした。

    18 わたしたちは、暴風ぼうふうにひどくなやまされつづけたので、つぎに、人々ひとびと積荷つみにてはじめ、

    19 には、船具ふなぐまでも、てずからげすてた。

    20 幾日いくにちものあいだ、太陽たいようほしえず、暴風ぼうふうはげしくきすさぶので、わたしたちのたすかる最後さいごのぞみもなくなった。

    21 みんなのものは、ながいあいだ食事しょくじもしないでいたが、そのとき、パウロがかれらのなかってった、「みなさん、あなたがたが、わたしの忠告ちゅうこくきいれて、クレテからなかったら、このような危害きがい損失そんしつこうむらなくてすんだはずであった。

    22 だが、このさい、おすすめする。元気げんきしなさい。ふねうしなわれるだけで、あなたがたのなか生命せいめいうしなうものは、ひとりもいないであろう。

    23 昨夜さくや、わたしがつかえ、またおがんでいるかみからの御使みつかいが、わたしのそばにってった、

    24 『パウロよ、おそれるな。あなたはかならずカイザルのまえたなければならない。たしかにかみは、あなたと同船どうせんものを、ことごとくあなたにたまわっている』。

    25 だから、みなさん、元気げんきしなさい。万事ばんじはわたしにげられたとおりにってくと、わたしは、かみかけてしんじている。

    26 われわれは、どこかのしまちあげられるに相違そういない」。

    27 わたしたちがアドリヤうみただよってから十四よるになったとき真夜中まよなかごろ、水夫すいふらはどこかの陸地りくちちかづいたようにかんじた。

    28 そこで、みずふかさをはかってみたところ、二十ひろであることがわかった。それからすこすすんで、もう一度いちどはかってみたら、十五ひろであった。

    29 わたしたちが、万一まんいち暗礁あんしょうげては大変たいへんだと、人々ひとびとづかって、ともから四つのいかりをげおろし、けるのをちわびていた。

    30 そのとき水夫すいふらがふねからそうとおもって、へさきからいかりをげおろすとせかけ、小舟こぶねうみにおろしていたので、

    31 パウロは、百卒長ひゃくそつちょう兵卒へいそつたちにった、「あのひとたちが、ふねのこっていなければ、あなたがたはたすからない」。

    32 そこで兵卒へいそつたちは、小舟こぶねつなって、そのながれてくままにまかせた。

    33 けかけたころ、パウロは一同いちどうものに、食事しょくじをするようにすすめてった、「あなたがたが食事しょくじもせずに、見張みはりをつづけてから、なにべないで、きょうが十四あたる。

    34 だから、いま食事しょくじることをおすすめする。それが、あなたがたをすくうことになるのだから。たしかにかみひとすじでも、あなたがたのあたまからうしなわれることはないであろう」。

    35 かれはこうって、パンをり、みんなのまえかみ感謝かんしゃし、それをさいてべはじめた。

    36 そこで、みんなのものもとづいて食事しょくじをした。

    37 ふねにいたわたしたちは、わせて二百七十六にんであった。

    38 みんなのものは、じゅうぶんに食事しょくじをしたのち穀物こくもつうみげすててふねかろくした。

    39 けて、どこの土地とちかよくわからなかったが、砂浜すなはまのある入江いりええたので、できれば、それにふねれようということになった。

    40 そこで、いかりをはなしてうみて、同時どうじにかじのつなをゆるめ、かぜまえをあげて、砂浜すなはまにむかってすすんだ。

    41 ところが、潮流ちょうりゅうながところすすんだため、ふね浅瀬あさせりあげてしまって、へさきがめりんでうごかなくなり、とものほう激浪げきろうのためにこわされた。

    42 兵卒へいそつたちは、囚人しゅうじんらがおよいでげるおそれがあるので、ころしてしまおうとはかったが、

    43 百卒長ひゃくそつちょうは、パウロをすくいたいとおもうところから、その意図いとをしりぞけ、およげるものはまずうみんでりくき、

    44 そのものは、いたふね破片はへんってくようにめいじた。こうして、全部ぜんぶもの上陸じょうりくしてすくわれたのであった。